フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« 2009年12月20日 - 2009年12月26日 | トップページ | 2010年1月3日 - 2010年1月9日 »

2010年1月 1日 (金)

とぉ~しぃ~のはぁ~じめぇ~の♪

天皇杯決勝を見て思うこと - ガンバのサッカーが好きすぎて困るぜっ!!!

やっとくん、格好良すぎ~♪新年早々フタくんのゴールが見れて幸せ~☆聡太コンタクト大丈夫かあ~!?
にしても…去年は感動的な1,2,3,バーン!やっただけに、播ちゃんの出番がなかったんは残念やね。もう退団は決まってるからラスト・ゲームになるかと思ってたのに。
ちょうど播ちゃんがコンサドーレにいたときあたしも北海道に住んでて、バンちゃん札幌で大人気もんやって鼻が高かったわ!
思えば2006年に播ちゃんがガンバに帰ってきたときの開幕戦を見に行って、試合終了後選手達が客席に挨拶に来たときちょうど播ちゃんが真ん前だったから「バ~ンちゃ~ん、ガンバにお帰りいいい~」って叫んだら口をキッと真一文字に結んで手を振ってくれたのを覚えてんねんけど、「リーグ優勝したい。リーグ優勝するためにガンバに戻ってきた。」って言っていただけにそれが果たせへんかったんが残念ね。
http://www.gamba-osaka.net/news/news_detail.php?id=1990
松代兄さんもお疲れ様やね。ガンバ一筋やって、最後、ええ形で終われて。
感激屋さんやって聞いてるんできっと帰りのバス号泣してはったんやないかなあ?
と・に・か・く!新年早々むっちゃ楽しかった~、もう4回ともゴールのたんびに大絶叫やったで、クリス!!なんかええことありそうや今年は!!!

そういえば、今回から天皇杯にはこんな新しいお楽しみが:
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/headlines/20100101-00000008-kyodo_sp-spo.html
こりゃあバンディのみんなもがんばらんと!!!

今年は過去の元旦で人生もっとも早起きをして海岸にご来光を見に行きました。
何を思ったか相方が大晦日に突然どうしても家族みんなで行きたい言いだしよりまして…
感心したのはこどもらがみんな文句も言わずに起こされたらさっさと着替えて支度をしたこと。みんなお父ちゃんの願いを叶えてあげたかったのね~。クリスなんか文句タラタラやったのに…すまん、相方(汗)
で、(こんな寒い朝早ぉにだれもおらへんわ!)とかって家を出たらゾロゾロと人の列が海岸に向けて大移動中!恐るべし、ご来光…
案の定海岸はめちゃ寒ッ!!人はいっぱいおったけどなんか炊き出しがあるでもなし、とにかくその場足踏みをしたり愛犬とじゃれたりしながらお天道様を待ちました。
さすがにご来光は美しかったです。アップした写真の通りです。
でもそれ以上に家族の絆の暖かさを実感して嬉しくなりました。

さて、TBSの「SASUKE」見てんだけど、思ったこと…
サッカー選手は腕力がない(トホホ)。

謹賀新年

謹賀新年
あけましておめでとうございます!今年もよろしくね☆飛ばしてくぜ、しっかりついて来いよ、振り返らないからな!!

湘南の海辺よりご来光を臨む

2009年12月29日 (火)

手を繋ごう

今年も一年お疲れ様でした。
大掃除がんばった皆さん、お疲れ様でした。
Scan10048こちらをご覧の男性の皆さん、←癒されていただけました?じゃ、女性の皆さんにもサービス、っと…↓Whataboy
さて、クリスはもう手の皮膚がボロボロです。
絵描きのあたしはお化粧が大好きなので本当は色々ネイルもやってみたいのですがあたしの手は絵を描いたり料理を作ったりこどもを抱きしめたりするためのものなので爪は伸ばしません。



天皇杯はようやっと準決勝までやってきましたね。
Scan10100元旦のカードはガンバとグランパスとなりました。
いやあ、お正月の楽しみが出来ましたよ、ありがとうルーカス!
お楽しみと言えばバンクーバーも楽しみですね。日記にはタイムリーに書けなかったけど、フィギアスケートも凄かった!ある程度みんなが納得な代表となったのじゃないでしょうか?選手の皆さんにはがんばってほしい。

さて2009年ももうおしまいです。皆さんにとってはどんな一年でしたか?
この時期は優勝やら昇格やらが一通り落ち着き、来季の新体制に向けて動きがある時期です。
お別れの季節でもあるわけですね。愛するチームからお気に入りの選手がいなくなってしまったり、大好きな選手がサッカーを辞めてしまったり…
以前大好きなチームからあたしがお別れしなくちゃならなくなったとき、かわいい選手の坊や達に向けてこんなことを言った覚えがあります。

Scan10007_2夢をあきらめるななんて簡単に言う人がいる。
でも本気で夢を追いかけることは本当に辛い。きみらはそれをよくわかってる。
夢ばっかり追いかけてちゃらちゃらしてるって言う人もいる。
そういう連中に限ってきみらを暇つぶしに奪えるだけ奪い取っていく。
きみらを冬にキリギリスと呼ぶ人たちだって夏にはきみらの奮闘を見て勇気をもらったりしていたかもしれないのに。
夢を見つけられない人たちのむなしさを、あたしらは理解できない。
あたしらはもう、大きな夢を見てしまったから。見てしまったらもう、それに向かっていくしかない。
一方で、夢を追いたくても追いかけられない人の悔しさをあたしらは背負っている。
今年もまた辞めていった人がいる。あたしもまたこうして遠くへ去っていく。
それでもきみらが挑戦を辞めない限り、あたしらはきみらとともにいる。
プロじゃなきゃダメなら、強くなきゃダメなら、きみらを応援していない。
きみらが夢に向かって上を目指しているからこそ、あたしはサポートしてきた。
失敗なんか恐れるな。きみらは最初から愛されている。何も心配しなくても、あたしらはいつだってきみらの味方だ。
あきらめるなとか辞めるなとか言わない。
あたしらはどうせあきらめたり出来ない。
たちの悪い女にとっつかまったみたいにあたしらは結局夢を追うことを辞めない。
それが情熱だとあたしは思う。

大好きな選手にお別れするときにはこんな言葉を贈りました。

あたしはきみの蹴ったボールを馬鹿みたいに愛していた。
きみはあたしの命の恩人だからたぶん死ぬまできみのファンだと思うけど、きみは目的を果たしてあたしとは別の戦場へ赴く。
夢は終わらなければならない。
あたし達は今まで同じ景色を見ていたけれど、これからはそれぞれが別の夢を見る。別の約束の地を目指す。
パラダイスなんかない。永遠なんか、ない。
でも、一瞬一瞬を生きてきた。あの一瞬が永遠だった。
いろんな戦場を共に走り抜け、振り返ればそれがパラダイスだったのかもしれない。
きみの栄光はきみのものだ。だれも横取りできない。
でも、今のきみが今のチームの人達だけのものではないんだよ。
前のチームもその前のチームも、チームメイトや対戦相手やサポーター、きみといっしょにここまで来たかった人たちはいっぱいいた。
いろんな理由があって途中できみについて来れなかった人たちがいっぱいいる。きみに敗れ去った敗者が累々ときみの後ろに倒れている。
上を目指すとはそういうことだろ?それを覚えていてもらわな困る。
あたしももうここでさよならだけど、いつもいつもきみを見ている。
振り返ったりするな。戻ってくるな。あたしの背中を踏みつけていけ。
どんどんビッグになってさ、「あの選手は下のリーグにいた頃から知ってる。こうなるって最初からわかってた。」ってあたしが居酒屋で自慢できるネタをどんどん供給してくれ。
これからも辛いことや厳しい闘いがいっぱいあるだろうけど、また踏み台が必要になればあたしを呼べばいい。サポーターってのはそういうとき喜んで背中を差し出すもんだ。
ひとりじゃないからね。
あたしらがどんなにきみを愛していたか忘れるな。

彼らに一生懸命語りかけながら、自分に向かって言っていたのかもしれない。
ボールを蹴る彼らと同じ年頃に夢に胸ふくらませて日本に帰国して、3年もしないうちに自分を見失った。
終いには何を見失ったかもわからなくなって全く描けなくなってしまった。
サッカーがあたしを生き返らせてくれたから、命の恩人である選手達にはあたしみたいになってほしくなくて応援してきたからさ。
あたしも結構厳しいんだ。今年はほとんど絵も描けなかったしね。サッカーなんか全然現場に行けなかったし。
来年はもっと厳しいかもしれない。
自分に向かって叱咤激励。そうでもしないとまた自分を見失ってしまいそうなんだ。

夢は待ってくれる。
わかってる。
でも「もう辞めます。」そう挨拶してくれる選手に言うのはためらわれた。彼らには肉体的制限があるから。
でも思う。絵描きにだって肉体的な問題はある。何時間も続けては描けなくなってきた。集中力は以前よりあるかもしれないのに手が言うこと聞かなくなったり目がかすんだりするんでね。
上を目指してがんばってきた彼らにしてみれば、自分の納得できるカテゴリーやレベルで出来ないのであれば「辞める」と「宣言」しなければ示しがつかないと思うかもしれない。
でも思う。どんなレベルでも内容でもいいから、サッカーで幸せであってくれればと思う。
いつだって帰ってくればいい。あたしらはいつでもゴール裏にいる。
あたしも一定のレベルで絵描きとして活動できないのであれば「看板下げる宣言」しちまった方が潔し、なのかとも思うんだけど、いやなんだよ。
絵を描いてます、って言って良い趣味ですねっていわれるのが死ぬほどやなんだ。
Photoだから選手達に向かって言う言葉を自分にも向けて、来年も歩いていこうと思う。
絵を描いていて幸せを感じられる、そんな風に描いていかないとねって。
自分で自分に手をさしのべてみる。

愛してるよ、ジョカトーレ。

« 2009年12月20日 - 2009年12月26日 | トップページ | 2010年1月3日 - 2010年1月9日 »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ