フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« 2009年1月11日 - 2009年1月17日 | トップページ | 2009年1月25日 - 2009年1月31日 »

2009年1月23日 (金)

神奈川県社会人サッカー選手権

http://www.kanagawa-fa.gr.jp/syakaijin/2008/2008s_t/2009s_t_ver3.2_20090118.pdf

日曜に三回戦が行われますが、これに勝つとS.C.相模原は2部昇格です。
行けそうにないクリスですが、ぜひ決めて欲しいものです。
水野和樹さん、がんばれぇ~!!!

2009年1月21日 (水)

Change the World

どうでもいい代表の試合を末っ子を抱っこ枕にしながら見る。
「おかあちゃぁ~ん、試合終ったよ~。」
思わずうたた寝をしていた。ニュースではオバマ新米国大統領就任式を報じている。

めくるめく言葉による抱擁 - 久しぶりに人の演説を聞いて泣いてしまったな。
ヒラリー応援していたのに、おいらも単純だ。
内容的には勝利宣言のほうが感動的だったんだけど。なんか、泣けた。
彼がもし奴隷の子孫で生まれも育ちも生粋のアメリカ人ならこうも共感しなかったろうけど。
オバマ君はきっとものすごく一生懸命生きてきたんだろうな、と思った。
あたしも同じ時代に外国人として外国に育った。
彼はどのように人格を形成していったか。そして「私達には出来る」と思い至ったか。
dutyという言葉が心にとまった。
ニュースでは「義務」と訳されていたが個人的には「務め」と捉えた。
人から押し付けられる義務ではなく、自ら役目を探し引き受け全うする。
そういうことをしていこう、と、訴えているのだと理解した。

Ursula_2あたしはずっと人から押し付けられた役割やレッテルから逃げてきた。
女であることも転校生であり続けることも周りにいつも思い出を共有してくれる人がいないことも、あたしが選んだことではないのに。
アメリカに行けば日本代表として日の丸を背負わされ、日本に帰れば「変な帰国子女」呼ばわり。
ことあるごとに「誰でも通った道」にぶちあたり、自分は通ったことがないことを思い知らされる。
年を聞かれて答えない女が多い。あたしは別に気にしないが、年齢に何の意味があるのかと思う。45歳の既婚女だからってみんなあたしにばっちり境遇が似てるのか?
なぜだ?なぜだ?
みんなでくぐった桜並木、6年間通ったこの学校を今卒業します - 悪かったな、4校目だ。
そしていままた、こどもにも同じ人生を歩ませている因果。
かあちゃんは、何もお前らに伝えられない。お前らと同じように、かあちゃんもここでは新入りで、地域のことも分からないし知り合いもいないし、何の役にも立ちはしない。
Change - そんなにありがたい言葉か?
いつも変化の中に身をおくものにとって、変わっていくことこそが日常。
Nothing last forever - 諸行無常、だ。
世界を変える。自分を変える。
そんなの天下獲った人間だけが言えることだ。
あたしなんか若者殺しのこの国で、とっくの昔に殺された。
夢を抱いて意気揚々と凱旋帰国したはずが、自分を見失い…
てめぇの天下も獲れない奴が、世界を語るなんて出来るか。

オバマ君は何故「We」と言うのか。言えるのか。
それは彼が自らの役目を捜し求め、それを実直に遂行してきたからなのだろう。
そうした行動により、彼は自分の居場所を確保したのだろう。
素直さや正直さが必ずしも良い方向に作用するとは思われないアメリカの政治にあって、彼がこれからどのように自分が繰り出した言葉を実践していくのか、じっくり見守りたいと思う。
大変なプレッシャーだと思う。みんなが彼に期待している。裏切るようなことになれば - 今の状況とは180度違うことになる。
ただ思う、彼は自分の言葉で喋っていた。経験から話していた。
感動はそのリアリティと臨場感にある。
言葉を発し、行動で示す。政治家でなくても難しいことだ。自信がなくてはいけない。
では自信がなければ発言することも行動することもないのか?
ではいったいいつになったら自信がつくのだ?いつになったら人生、実践に移せるのだ?
個人的には自信は経験からしか生まれず、経験は積んでいくしか仕方のないものだと思っている。
だからそう、ひきこもって黙っていては一生自信などつくわけもないのだ。
自分に自信が持ててからやろうなどと考えていたら一生チャンスは回ってこないかもしれない。天下獲ってから、なんて…だれがてめぇの天下を獲ってくれる?
だれもかわりにやってなんかくれない。やって欲しくもないだろう。
自分の弱さに悔し涙を流しながら、自分で獲りに行くしかないのだ。

あたしは多分、自分が許せなかった。
簡単に殺されてしまった弱い自分が許せなかった。
何もなしえていない自分が、人の親になるなどとんでもないと思っていた。
ただ最近思うのだ。こどもは別に、大人の自慢話を聞きたいわけじゃない。
何も成しえていなくても、いい年して今でもあがいていても、それでも一生懸命生きている親の姿を見せることにも何か意味があるのじゃないかと。
たいした親でもないけれど、リビングでごろごろしながら大統領就任式についてうだうだ解説してやれるなんてちょっとゴージャスじゃないか?

足るを知る、という言葉を教わった。
別に前から知ってたけど、以前は「身の程知らずな夢ばっかり見てないで現実を知れ」といわれているようで好きな言葉ではなかった。
でもこの大不況の中、それでもサッカー頑張ってる選手のお父さんあたりから聞くと重い。
あたしはなぜこんなにサッカーやってる人を応援するんだろうって思う。
試合見て絵を描いているだけで十分楽しいじゃないか。なのに、なぜ?
それはやはり彼らに(あたしみたいになってほしくない)という気持ちが強いからだろう。
あたしを絵描きとして生き返らせてくれたきみたち - あたしのように簡単に殺されてほしくない。自分を無駄使いしてほしくない。後悔してほしくない。
だから自分の子供に対してと同じように、見返りなど求めずに応援してきた。
彼らの夢をつぶす全ての敵をあたしの声でぶっ飛ばしてやる!
好きで勝手にやってること。サッカーやってる人はみんな自分勝手だから、気にしなくて良い。あたしの屍を越えてゆけ。
ああ、でも、それはある意味裏切られることを恐れていたからかもしれないね。
足るを知らない大きな子供だったのはあたし - 深く関わることを怖れていた。
選手やチームを応援していてそりゃ辛いこともあるよ、大事な試合に負けたりするとさ、もう、舌噛み切って死んじゃいたいって思うよ。
情けない試合やファンへの対応なんか見るとね、もうこんな連中応援してやるもんか!って言いたくもなるよ。
でもね、一番辛いのは「もう応援しなくて良いよ」って言われることなんだ。選手が辞めたりチームがなくなったり、あるいは面前で扉を閉じられてしまうことなんだ。
Nothing last forever - 足るを知らなきゃ。でも、どこまで?
Don' let me down - あたしを裏切るな。でも、どこまで?
Everybody wants to rule the world - でも、どこまで?

http://www.banditonce-kakogawa.jp/news01/112.html

自分が許せないあたしに世界は冷たかった。
でも最近、ちょっとだけ(こんだけがんばってきたじゃないか)と思えることが続いている。
危うく敵と一緒に大事な人たちを撃ち抜いてしまう前に、あたしは自分を少しだけ許してみようかと思いはじめている。

« 2009年1月11日 - 2009年1月17日 | トップページ | 2009年1月25日 - 2009年1月31日 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ