フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« 2009年8月2日 - 2009年8月8日 | トップページ | 2009年8月16日 - 2009年8月22日 »

2009年8月14日 (金)

「火垂るの墓」で号泣!

あ~!たまらんっ!
いつものことやけどほんま泣かすわ。

親は子供残して死んだらあかんな、絶対。

2009年8月12日 (水)

かっこいいぞ、静岡!!

静岡の家具補強度は66%以上で、東海地震に備えての防災意識が非常に高い地域だそうです。
すごい!すばらしい!!震度6に被災していてもあまり死傷者のニュースが出てこないのはこの辺でしょうか?見習わなければなりませんね。
なんか「大阪のおばちゃんはオレオレ詐欺にひっかかりにく」というニュースを聞いて以来の感心したお話だった気がします。

さて我が家の三兄弟が久々に揃い、あっという間に米びつは空になり、会話が頭上を飛び交って母は時々誰と話しているのかわからなくなり、室内の空気が妙に薄い感じがするくらい173cm体育会系男子の存在感はでかいです。

そんななか末っ子が張り切って今日はワークブックを終了して後は自由研究のみとなりました!
良かったね、明日っからおにいちゃんに思いっきり遊んでもらいな~♪

2009年8月11日 (火)

Prodigal Son

今朝は地震で目を覚ましました。
被害に遭われた方にはお見舞い申し上げます。
おかげさまで我が家は怪我や器物損壊などはありませんでした。
これはおにいちゃんのために娘が手作りしたグミです。

我が家のおにいちゃんは無事元気にやってきました!
昨日の夜関西を高速バスで出発して朝の6時過ぎには神奈川に到着していました。
あとになって東名高速の一部が崩落していたとかで、九死に一生だったのかもしれません。

5人家族に戻って我が家は賑やかです。
いつもは久しぶりに会うと愛犬は吠えかかっておにいちゃんをがっかりさせるのですが、今日はご機嫌でしっぽを振っていました。
娘は普段あまりやらないお菓子作りに挑戦だったのですが「グミ」って手作り出来るのですねえ。
末っ子は「ボス」の登場に少々緊張気味です。それにしても、真っ黒に日焼けして幾分やせてニキビだらけのおにいちゃんとスベスベでまだニキビも髭も兆候を見せていない末っ子のぷくぷくのほっぺを見ていると(ああ、おにいちゃんもちょっと前までは天使ちゃんだったのに…こんなに可愛い末っ子もそのうち…ああ、ああ…)と寂しくなったクリスでした。

今日一日は「祝賀ムード」で三ヶ月ぶりにビールも口にしたクリス。
でも明日からはおにいちゃんの進路決めで親子バトルが始まる予定です。

2009年8月10日 (月)

Portland Timbers

絶好調のようですね!
そんななか、スタメン復帰を果たした西村選手のブログが更新されていました:
http://blog.livedoor.jp/nishimura_takurou/archives/2009-08.html
西村選手のおかげでいままでの海外移籍と違ってチーム内の様子がかいま見れて嬉しいです。
がんばれ、西村選手!がんばれ、ハニー!!

台風は大暴れですね。今夜うちのおにいちゃんが深夜高速バスでこっちに来るんです。
運行はしてほしいけど、荒天による事故は怖いし、複雑な母心です。

2009年8月 9日 (日)

あたしみたいな人間がいる平和

http://www.bellmare.co.jp/?p=6271
http://www.jfl-info.net/index.html

…ってなわけで湘南は勝ってセレッソとは勝ち点差1に。
町田は長崎とスコアレス・ドローで10位キープです。

関東は大雨ですね。地震もありましたね。
周辺地域の皆さんご無事ですか?困ったものですね。
今日は長崎では平和祈念式典でした。映像を見る限りとても暑そうでした。
JFLでもそんな天候の中選手の動きも重かったとのことです。お疲れ様でした。
遠征されたクルバの皆さんはタイミング的に宿泊を押さえるのに苦労なさったかもしれませんね。しかも東京はただいま天候不良。本当にお疲れ様です。

でもサッカーを楽しめるのも花火を楽しめるのも友達と楽しいひとときを過ごせるのも、平和で災害もなく経済がきちんと回っていればこそです。
そう思うと日々の生活を大切に暮らしていかなければと思います。
辛いことがあっても逃げないで向き合っていこうと思います。

ただあんまりしんどいとちょっとだけでいいから荒々しい素の自分に戻りたくなります。
非日常、って奴です。あたしにとってはサッカーです。
ストレス発散も必要ですね。あたしにとっては水泳です。料理も良いですね。
そして家族とか社会とか、そういうものと離れて自分に向き合うのが絵を描くときです。

あたしってなんなんだろう。
なんで生まれてきて、なんのために生きてるんだろう?
いったいこの先の見えない長い旅の先にはなにがあるんだろう。
こんな愚にもつかないことを日々考えています。
いつも「住所不定、国籍不明、年齢不詳」ってよく言われる自分だからでしょうか?

性別もよく間違われます。
すっぴんでスポーツバッグかついでプールに行くと男子ロッカーのキーを渡されたことがあります。それも一度や二度ではありません。
その帰りにタオルを首に巻いてお総菜を買いに行くと「おにいちゃん、仕事の帰り?」とかって唐揚げをおまけしてくれたりします。
会社員の頃バレンタインデーに職場のどの男子よりたくさんチョコをもらったこともあります。「クリスが男だったらお嫁に行きたい」とはよく言われましたが嫁にほしいとは言われませんでした。
転勤してこどもの参観日に初めて行くとたいてい「おじちゃんはだれのお父さん?」と聞かれます。行事でボーッとしてると「ほら、お父さん子どもをちゃんと見て!」と叱られます。
そんなクリスの男前伝説の中でも極めつきはすっぽんぽんでも男に間違われたことです。
キャンプに行って風呂に入ろうと脱衣所で脱いでいると後ろの風呂場からおばちゃんが出てきました。おばちゃんはあたしの裸の後ろ姿に向けて一言叫んだのです:
「ここは混浴じゃないよ!」
そしてぴしゃんとドアを閉めてまた風呂場に戻ってしまいました。
あたしはまわりを見回しました。脱衣所にはあたししかいません。どう考えてもおばちゃんはあたしに向かって叫んだとしか思えません。
しかもおばちゃんは風呂場にいた他の人に「男の人がいるよ!」「管理人さん呼んだ方がいいかね?」と相談し始める始末。
ここで逃げてしまっては騒ぎは大きくなるばかり、クリス、意を決して風呂場に入りました。
中の人たちが一斉にあたしを見ました。
おばちゃんはあたしの「ついてるところ」と「ついてないところ」をまじまじと見ていました。

« 2009年8月2日 - 2009年8月8日 | トップページ | 2009年8月16日 - 2009年8月22日 »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ