フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« 2009年1月4日 - 2009年1月10日 | トップページ | 2009年1月18日 - 2009年1月24日 »

2009年1月17日 (土)

巨星去り行く

アメリカ人画家、アンドリュー・ワイエスが亡くなった。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090117-00000010-jij-int
米国で絵を勉強した者として、非常にショックだ。
60年代以降のポップ・アートがあまりにも目立ちすぎていて地味な印象があるのかもしれないが、あたしはアメリカン・アートのリアリズムが好きである。
ワイエスやロックウェルは渡米前から知っていた。アートなのかイラストなのかと一部評論家の意見は分かれていたのだがそんなことはどうでも良い。彼らの分かりやすい具象画は寂寥感とリリシズムを湛えていて好きだった。
(ちなみに在米中にはベン・シャーンやオキーフ、ホックニーなどにも傾倒したけど一番好きだったのはエドワード・ホッパーだったな。)

昨日91歳で亡くなったワイエスの出世作は「Christina's World」と言われている。
「アメリカの原風景」「古き良きアメリカへの郷愁」「アメリカの質実と孤独」と評されるこの作品はメロドラマチックは構図が当初あまり好きではなかったのだが、ワイエスが描いているのは小児麻痺で足が不自由な55歳のクリスティーナ・オルソンという女性が草原のはずれにある家族の墓地に参るために地面を這って行っている姿なのである。
ワイエスが彼女と出会ったのは22歳の夏。それ以降彼はメーン州でつましく暮らすこの24歳年上の女性を30年に渡って描き続ける。
それほどまでの「描く対象」と出会えたワイエスは幸せだと思う。
それほどまでに美しいと思ったのであろう、彼女のことを。
75歳で亡くなったクリスティーナよりも長生きしたワイエスはその後描きたいものを見つけただろうか。失われていくアメリカの誠実を愛したであろう彼は、このところのアメリカに何を思いながら描いていたのだろうか。

どんなに望んで探し回っても見つからなかったのに、出会いは突然。
Never take it for granted
描きたいものが見つからない苦しさも、描きたいものを失う辛さも知っている。
だから会いたい人には会いに行く。描きたい人は描いておく。抱きしめたい人は抱けるうちに抱いておくのさ。
ただ願わくば、描かれている方はそんなこちらの情熱などには無頓着でありますように。
この出会いが当たり前だなどと思わないで。でもきみは、あたしに愛されることを当たり前だと思っておいて。
きみは、美しい。

というわけで血の気の多いおれは趣味の献血。
どうも血液不足は深刻らしい。
「緊急時献血ドナー」に登録した。
「長年ご協力いただいて血液成分、ドナー実施状況ともに大変良好です。ぜひご登録願いたいと思います。」
オーホッホッホッホ~☆当然ですわ!あたくし、外見はともかく内面には自信がございますの!先日骨密度も20歳代と出ましたし、骨格も完璧!血液良好との検査結果もあったりまえなのですわ!ええ、ええ、内面美人と仰って!
(え?ちゃう?内面って、そーゆーことやないって?)
O型の良い子のみんな!困ったときはいつでもおれを呼んでくれ!きみのもとへ必ず駆けつけるぜ!
いつまで献血できるかわからんもんな…
QueenのCDをゲット。フレディって45歳で亡くなったのな?ほう、ほう、フレディより長生きできたみたいやん。
長生きしてぇな?設定が41歳というバカボンのパパ越えを果たしたし、次はいよいよ信長越えか…
それまでに天下獲れるかなぁ

2009年1月16日 (金)

満月の夕べ

今年も1月17日がやってきます。
14年前、あたしはTVの前に座り込み、3歳と1歳の子供を抱きしめてずっと泣いていました。

流浪の人生で、兵庫県民だったのはトータルで5年ほどです。
東灘区、西明石そして加古川。
震災の年には神奈川にいましたが、自分の思い出の町が跡形もなく崩れ去っていく様子を信じられない思いで見ていました。
被災した親類、友人もいました。
あたしはなにも出来ない自分に情けない思いでいっぱいでした。

鈴木隆行選手があたしに「お前が描くのはおれだ」と教えてくれた年に先駆けること6年前、震災があたしに「絵を描け」とせまりました。
あの未曾有の大惨事はあたしに気付かせてくれたのです。
「生きろ!」
日本帰国後スランプに陥ったあたしは10年ものあいだ何を描いていいのかさえわからず、日々の仕事や子育てや暮らしに埋没して、身体は生きていても心は死んでいました。
でも燃えさかる神戸の街を見て思ったのです(明日死ぬかもしれへんのや)。
もし明日死んで、あたしのこどもたちがいつもぼんやりとして不機嫌な顔をした思考停止状態の母親しか覚えていないのはイヤだと思いました。
このまま死んだように生き続けて、自分の人生を自分で生きないまま終わるのはイヤだったんです。
生きよう、そう思いました。明日死んでも後悔しないように。
あの年は他にも地下鉄サリン事件や母親の病気などいろいろあって、自分の人生について考えさせられた一年でした。
一年考えて考えて、あたしが生きることは描くことでしかないのだと結論付けました。
それから6年近く、あたしのあがく日々が始まるのです。

相方の転勤で久しぶりに関西に帰ることになったのが震災10年後の2005年。
それまでに家族が増えたりいろんな仕事や住まいを転々としながらあがき続けるなかで「描く対象としてのサッカー」と出会い、やっと自分の人生を取り戻していました。
一方でそうした「新しい環境との戦い」「慣れない仕事や人間関係との戦い」「自分との闘い」のなかであたしの心はささくれ立っていたのかもしれません。

Image0002誰も助けてはくれない。所詮人間は一人。信じているのは自分だけ。

だけれど久しぶりに兵庫に戻り、震災を経験した人の話などを聞くうち自分の尊大さに気付くのです。
明日死んでも良いように、と、一生懸命生きてこれたのはまわりに恵まれていたからだ。
何もかも失って、それでも明日も生きていかなければならない人だってたくさんいたのだ。
震災から14年。赤ん坊は成長し、こどもは大人になり、働き盛りは年老いた。
明日あたしが死んで、あたしのこどもたちはどうなる?
それでも生きていかなければならない。ひとりで生きてなんかいけない。

知らんもん同士声掛け合って、困っとったら助け合う

被災した方が皆さんおっしゃることです。
あの運命の日から14年、あたしはまた神奈川へ戻ってきました。
月日が過ぎたこともあり、関西に比べて一般の人の関心の薄さを感じます。
被災したわけでもないあたしがめったなことを偉そうには言えませんが、やはり阪神淡路大震災のことは忘れるわけにはいきません。
神戸につながりのある者として、あの日運命が変わった人間の一人として、ずっと心においておきたいと思っています。

新しい年が始まり、新しい日々を生きていかなければなりません。
ひとつのことが終わるとなかなか新しいことを見つけるのが難しいです。
だからこそ、夢を持つことは大事だし夢は大きいほうがいいなと思うのです。
夢は大きく、目標は身近に現実的に。これがクリスのモットーです。だって夢はかなえるものだから。目の前の目標をひとつひとつクリアして、大きな夢の実現に向かって一歩一歩進んでいくのが理想です。
いつまでも夢を見続けるものじゃないと思っています。物語は完結しなければなりません。夢は、終らなければならないのです。
丑年の始まりです。平成ももう21年になりました。あたしの第二の故国とも言うべきアメリカではまもなく外国育ちの有色人種で同年代のオバマ氏が大統領に就任します。
あたしのおっきな夢は、まだまだ終りそうにありませんが、今年も目的意識をしっかり持って目の前の目標をこつこつ実現すべく頑張っていきたいと思っています。

2009年1月14日 (水)

とんど焼きもやってへんしぃ~

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/eusoccer/headlines/20090113-00000001-kyodo_sp-spo.html
ちょっと出遅れましたが、クリスチャーノ、ダブル受賞おめでとう!!
Image0047ご覧になりまして、授賞式の映像!?
スピーチで泣きそうになってるところが…くううう~、たまらんっ!!
もう、相変わらず泣き虫さんね!!
23歳で頂点を極めてしまいましたが、今後も安全運転で頑張ってもらいたいものです。
それにしてもフェラーリ大破で本人無傷って…やっぱり神に愛されてるのね。Image0059
大事な身体が「傷物」にならなくてよかったですわ、ええ。
CWCってなんかあっという間に終わっちゃって、あっという間にマンチェスターに帰っちゃったわね、マンU.。
まあ、ミチのおかげで久々にクリスチャーノのナイスな上半身拝めたし、EUROで果たせなかった「優勝」も見れたし、素晴らしい一年だったわねえ。

そっか、ポルトガル代表としての栄光がまだまだ彼には足りないわね。そっちの路線でのびしろがあるわね。

さて話変わって、今日はベルサポ御用達のスポーツ・バー、平塚の「モト・ロッソ」さんに行ってきました。
http://b-h-m.com/motorosso/top.html
オフ・シーズンの今はこういうところに行くとモチベーション上がります!
Motorosso_2店内にはベルマーレの旧ユニフォームや選手のサインなどが飾られ、サッカーの雰囲気を十分楽しめます。
まだ参加したことないけどアウェーのTV観戦とか、ぜひ来たいものです。
早くサッカー始まんないかなぁ~…

2009年1月12日 (月)

大人の階段

いやあ、よかったですね。高校サッカー決勝。
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/hs/87th/data/result/result06_index.html
内容も素晴らしい試合だったと思います。このところ子供の試合は勝ち越されたチームが急にモチベーションを下げ、あれよあれよという間に負けてしまい、最後までかわいそうで見れないような試合が多かった気がするのですが、今日の両チームはたとえ勝ち越されても気落ちすることなく、こちらも逆転を信じて応援したくなるような最後まで目が離せない試合でした。
結果は広島皆実が鹿児島城西を降しましたが、両者の健闘を称えたいです。お疲れ様でした。サッカーを続けるみんなも別の道へ進むみんなも、今日の経験は絶対実になると思います。

いつも高校サッカーの決勝は成人の日とかさなる。
毎度毎度思う、大人になるってどういうことだろうって。
成人の日だからって、二十歳になったからって、ある日突然大人にはならない。
でも、子供って一瞬で成長することある。大人になってからだって、一瞬で何かが理解できることがある。
要は人間、いくつになっても成長は出来る。だとすれば逆にいくつになっても大人になれない人もいるってわけだ。
大人の階段を上る瞬間、どれだけ実感を持ってその経験を租借できるか。
大人になる痛みから目をそらさずに、自分のモノとして向き合う。
そうやって少しずつ階段を上ったり、時には降りてみたりしながら、年をとっていく。
人生いつでもやり直せると思うけど、大切な「瞬間」は二度とやってこないこともあるから、あたしも大事な「瞬間」見過ごしたりしないようにこれからも心と目を開いて生きて行こうと思ってます。

あ、昨日のイベントの試合結果、スコアが間違ってました。すみませんでした。
町田の公式が更新されないこともあって閲覧数が多かったんですが、訂正しましたからチェックしてくださいね。
試合の方は一方的でまあ、まだ新体制の正式発表もないし、町田出身ゲスト選手も混じっていたりしましたからゼルビアにしてもYSCCにしてもほとんど「初蹴り」な感じの時間も短縮された試合で両チームの今季を予想できるような内容ではありませんでした。
Mtけれども11月末の決勝大会のあと初めて町田ゼルビアが地元のファンの皆さんの前で昇格を勝ち取った選手たちがプレーを披露するということで多くのお客さんが詰め掛けていました。
いいなあ、うらやましいなあ…
で、ゲストの中にW杯日韓大会での真っ赤なモヒカンヘアも記憶に鮮やかな戸田和幸選手がいまして、すんごくカッコよかったの!!(あたしも当時何枚か描きましたよレッド・モヒカンな戸田さん!)
まあクリス的ポイントとしては鈴木隆行選手のチームメイトだったわけですし、同じ時期に海外挑戦をしていた選手でもあり、結構盛り上がっちゃいましたね。
あたしがあんまし「戸田さん、かっこいい☆超~かっこいい♪」って連呼するもんだから友達が「これ、戸田さんにもらったから」ってスネ当てくれたの。
でも、サインがない!
「これホントーに戸田さんのやのん?サインないやん!あんたのとちゃうの?」
「違う、違う、本人からもらったの!」
「とかなんとかって忘れ物ちゃ~うん?」
戸田さん、もしスネ当てお探しでしたらクリスが持ってます。うちまで取りに来てください。

2009年1月11日 (日)

町田サッカー・フェスティバル

町田最後のサッカー・フェスティバル
今日は町田でJFLに昇格したばかりの町田ゼルビアのイベントがあると聞いて出かけて来ました。YSCCとの試合は3-0で町田の圧勝でした。まぁゲスト参加で戸田和幸とか阿部祐太郎とかいたわけですが…
訂正: スコアは無失点勝利でしたね。単なる入力ミスです。すみません。

YSCCは石川選手の元気な姿は確認できましたが翼くんは出場せず…サポさん情報によるとどうやら移籍が濃厚のようです。
サッカーはオフ・シーズンですが、楽しい1日でした。

« 2009年1月4日 - 2009年1月10日 | トップページ | 2009年1月18日 - 2009年1月24日 »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ