フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« 2009年6月7日 - 2009年6月13日 | トップページ | 2009年6月21日 - 2009年6月27日 »

2009年6月20日 (土)

ヤッター!!!

HEROESのマシ・オカっぽくお願いします…あ、どうも、引き続き「田原の父情報」収集中のクリスです。

http://www.kansaisl.jp/
本日関西リーグ第10節が行われバンディは三木防災にてFC京都BAMBと対戦し、1-4で勝利を収めました。カンジー、愛してるぅぅぅ~♪
しかも、ラランジャがアインに負けて三位に後退、変わってアインがバンディと勝ち点差3で二位につけましたがようやく我らが山賊が頭一つぬきんでる形になりました!
わあ~い、わあ~い☆このまま運も味方に付けてつっぱしれ!
7/12のカコリク・ラスト・ゲームが優勝決定戦になればいいな~♪

あ、ちなみに、延期になっていた第8節はなんと10/4開催なんですね!?
なんとまぁ…リーグ最終戦、その次が天皇杯3回戦、その次が千葉で全社、となってくると選手の疲労や怪我は心配だけど…決勝大会一ヶ月前の良い準備にはなりますね!
それまでに試合に出ている人も出ていない人も一丸となって大勝負に備えてほしいです。

さてJFLも3試合行われて長崎が刈谷に1-0で勝ち、一気に暫定11位に上がってきました。
貴重な決勝点をあげたのは我らがモトキ~♪
明日の試合結果によっては順位は変動するでしょうけど勝ち点19で得失点差はー2。
http://www.jfl-info.net/index.html
これ、大事ね。長崎がここにいるのは順当だと思いますよ!
このまま堅守をキープしていけば最後に大きなご褒美が待ってる気がします。
長崎のEさん、道は長いけどがんばってくださぁ~い☆

2009年6月18日 (木)

馬入で長生きはするもんだと実感する

昨夜のなんだかなぁ~な代表戦のお口直しに(それにしてもメルボルンのあのスタジアムはもの凄い規模だね?お客さんも10万入ってたって?)久しぶりに馬入へベルマーレの練習見学に行ってきました。

Tahara去年は午前と午後に練習が1回ずつ行われることが多かったベルマーレですが、今季は長丁場のハード・スケジュールを鑑み、選手の疲労回復に重きを置いてか練習が一日1回ということが多いです。
思い立ったらフラッと出かけるのが好きなクリスはどうしても今季は練見の回数が減っています。

今日は遅く行ったらすでにハーフ・コートでミニ・ゲームやってました。攻守の切り替えを早く、といったトレーニングのようでした。
相変わらず活気のある湘南の練習風景。監督、コーチ、ベテラン選手から大声の指示が飛びます。
気になるのは若手から大きな声が聞こえないこと。そんなもんかなあ?
そこでクリスの提案です。まずは先輩から指示を出されたら返事をするところから始めるのはどうでしょう?
「○○、上がれ!」「はい!」ってなもんです。どお?
腹から声を出すと筋肉がリラックスして集中力もアップします。
なんと言っても明確にコミュニケーションがとれるし、若手にはもっと元気に声出してほしいです。

最後はフル・コートでフィールド・プレーヤー7人ずつのゲーム形式。こっちは攻撃に転ずる時の選手が走る距離が勢い長くなるわけですが反町監督は全力疾走を要求(^▽^)終わったときは選手たち膝に手を置いてゼイハア言ってました☆
でもやっぱりサッカーは走ってなんぼ。
広いコートをプロの選手が全力疾走する姿は壮観でした。

さて、クリス本日の馬入ポイントは寺川能人選手と田原豊選手です。
http://www.amizade.jp/rekidainosensitati_Jleager_terakawa.php
シャイな寺川選手はファン対応でもあまり表情が変わらずちょっと近寄りがたい感じなのですが、今日もJuntosTを握りしめてショルダー・チャージだ!
「寺川さん、お疲れ様です!サインお願いします!」
「はい。」
ポーカー・フェイスでTシャツを受け取る寺川選手。シャツのシワがなかなか伸びません。
「下に何か敷いたほうがいいかしら」
「いや、ここの上を引っ張って持っててください」
「はい!」
やあ~ん、テラさんに指示出しされちゃったあ~♪
早速本日の学習を生かしてクリス元気にお返事してシャツ引っ張りました!
「寺川さんって神野FCご出身ですよね?」
ここから核心です。意外なチーム名に寺川選手の表情が動きます。
「あたし去年加古川から引っ越してきたばかりなんです~」
「え?ほんまですか?」
「はい、神野FCのSさんと国体の運営でご一緒させていただいたことがあって…」
それからは一気にローカルな話題に突入です!寺川選手の表情も見る間に軟らかくなっていきました。
神野FCのSさんはじめチームの皆さん、今日も寺川選手は大声出して全力疾走してましたよ!皆さんによろしくとのことです!!
「じゃあ、今年はJ1昇格目指してがんばってください。加古川のみんなも応援してますぅ~」
「ありがとうございます!」
最後はとびきりの笑顔で去っていった寺川選手でした。

Terakawaひさしぶりに関西弁喋ってすっかりリラックス・モードのクリスが振り返った先にはなんと本日二人目のターゲット田原選手が!
しかも寺川選手の笑顔を受けてめいっぱいニヤニヤ顔のままで田原選手と目が合っちまった!
急なことにクリス心の準備が…無言のままでJuntosTを差し出しました。
田原選手も無言でうなずくとシャツとマジックを受け取ります。この間あたしたち見つめ合ったまま!
やあああ~ん、田原選手とアイ・コンタクトってやつですかぁ~?
クリスすっかりテンション上がっちゃって自分でも思ってもみなかったこと口走ってしまいました!
「た、田原選手ってお父様、相撲やってらしたんですよねっ!?」
「へっ?」
いきなりジャンル違いの質問にびっくりしたのか田原選手妙なリアクションです。でも質問した本人が一番びっくりしました。
実はこないだTV中継見てたときに実況のアナウンサーが「田原選手はお父さんが元力士、お母さんが元バレーボール選手という運動一家に育ち…」って紹介していてそれ以来田原選手見る度に(父は元力士)って浮かんじゃって、田原選手がナイス・プレーするたんびに(よっしゃあ!)とかって変わりに(どすこい!)って口ずさんじゃうの。
だもんで妄想は果てしなく広がっていたの。お父さんもし大相撲だったらあたしが一番見てた頃現役よね?鹿児島出身だから井筒部屋と関係があったらどうしよう~♪どこかでお会いしてたかもぉ~☆やあああ~ん!!!!!
元相撲ギャルの悲しい性なのよ…でも、でも、まさか本人の前で口走っちまうとは!
「あの、相撲が好きなもので、それで、お父様はどこかの部屋に入門なさってたんですか?それとも社会人か学生相撲で?」
「いやあ、あまり詳しく知らないんですよね…」
おれは田原の父のおっかけか?なんで田原選手にサッカー場でこんなこと聞いてるんだ!ああ、ばかだ、おれ!
「変なこと聞いて済みませんでした!」
「あ、いえ、あまり役に立たなくて…」
いいんです!田原選手は悪くないです!あたしがばかなんです!
「あの、あの、応援してますからがんばってください!」
「ありがとうございます。」
父の追っかけにもナイスな笑顔を見せてくれた田原選手でした。

変な汗かいたわ…
でもね、思ったんだ。いろんな所に住んでいろんなことやってきたからこうして初対面のプロ選手とサッカー以外の話ができちゃったりするんだなぁ、長生きはするもんだなぁって。

代表戦…

ま、あんなもんですよ。
それよりもクリスがTVを見ながら気になっていたのはこちら!
http://www.sc-sagamihara.com/wp/
奇しくも神奈川県国体代表戦でございました。
ナイターじゃなきゃなあ、行ったのになあ~
さて、6月に入って今後のスケジュールが出そろいましたね。
まず、クラブチーム選手権は6/27から県大会です。もちろんSCSは二連覇を目指すでしょうけれどスケジュ-ルがハードだな、こりゃ。リーグ戦もあるしね。
27日に勝てば来月25に準決勝、そして翌週に決勝です。
ところがこれに天皇杯予選が絡んでくる。
SCSは厳しいグループに入りましたね。7/18に桐蔭横浜大学と一回戦、でもってこれに勝つと翌週YSCCと、これに勝ったとしても8/23にはU-18代表と東海大学の勝者が待っています。これに勝ってやっと8/30県決勝。
しっかあ~し!一日も早いJFL昇格を目指しているであろうSCS今年最大の目標は全社優勝して一足飛びに決勝大会に進出することだと思いますね。
となると大事なのは7/5から始まる全社関東予選。
こちらは一回戦が関東2部代表のエリースFC東京。これに勝つと翌週のBグループ代表決定戦はYSCCと小山田FCの勝者との対戦となります!
こうしてみると今季SCSのキーポイントはYSCC戦ということになりますね。
うう~ん!つばさくんにはがんばってほしいけど、まさきくんにもがんばってほしい!!

消化されていなかったJFL第12節も昨日行われました。
http://www.jfl-info.net/index.html
これによりSAGAWAが首位に躍り出ました。
監督交代してもなかなか結果が出ない長崎は辛いところですね。
ただここは以前にも述べましたが得失点差がそうひどくないので一つ勝ち点を伸ばすだけで順位を大幅に上げられますから前を向いてほしいと思います。
がんばれ、モトキ!!

2009年6月16日 (火)

[脳活フィットネス]

先日クリスの「長野の水泳のハニー」から本が届きました。三浦弘・寺沢宏次著「脳活フィトネス~中高年のための若返り運動」川辺書林です!
心と体の健康は脳の活性から、ということで脳を刺激し身体をほぐす簡単な運動法を豊富な見本画像とともにわかりやすく紹介した一冊です。

Miura著者の健康運動指導士である三浦さんは男子バタフライの長野県代表として長年地元水泳界を引っ張ってきた方で、クリスが長野にいた頃取材でお会いしました。というか、半分押しかけ取材です。だってぇ~、クリス長野に引っ越したときからチャンスがあったらお会いしたいってずっと思ってた方なので!

三浦さんとは「筋肉通仲間」でもあります。
緊張して入った取材でしたが、途中で三浦さんがスポーツ栄養学についてコアな実践をなさっていることやお話の途中で出てくる「下腿三頭筋」だの「腕橈骨筋」だのにクリスがピクピク反応していることに気づかれてしまい、お互いを「同類」と認めた次第。Wakafuji
ただ真面目な話(^^;)三浦さんがおっしゃっている現代人が心身ともに幸福を感じることにおいて運動とコミュニケーションのトレーニングは不可欠、とのご意見にはまったく賛成なのです。
ナイス・バデーだのマッスルだのと騒いでいるとマニアックでエッチな人間だと思われがちですが、現代人は自分たちが肉体を持つ生き物だということを忘れがちです。
あたしたちは肉体をもっと知り、ケアし、取り戻さなければいけません!
クリスのテーマ「Love your Body - Love your Self」はそういう意味です。

また技術と基礎を習得しそれをイメージ通りに表現することにおいてスポーツもコミュニケーションも絵も、同じだと考えています。
それでいったら絵を描くという行為も疾病予防に役立つということですね?
よぉ~し、元気で長生きしてそれを証明しなくちゃ!
三浦さん、どうもありがとう♪夏の大会がんばってね!
ジャパン・マスターズ、行けたらレースの応援しに行きます☆

 

2009年6月15日 (月)

プール開き

日本一のマザコン男にすべくクリスが手塩にかけて育てている末っ子の小学校で今日はプール開きだ。
あたしのように年がら年中プールに通っているものとしてはプールが開いたり閉じたりしちゃうと困るんだけど、昔は屋内プールなんてそうそうなかったもんねぇ~。

あたしは小学校2年の夏休みに泳げるようになったんだよ。
今はどうか知らないけど70年代の大阪府郊外の小学校では学年ごとに泳力の目標が明確化されていて決められた距離と技術が習得できていないと毎日居残り練習させられてたし夏休みも補習があった。あたしの行ってた学校では「カナヅチ教室」と命名されててこれが嫌でね、早くお役後免になりたくて真面目に通いました。
今でもカラーでよく覚えてるんだけどさ、初めて一人で泳げたときは嬉しかったね。
片手でプールの端を持ってバタ足をしながらぱっと手を放してはまたつかみ、ってのを繰り返してたんだけど、ある時意を決して横の壁を蹴って手を放したの。
目を開けると天気が良かったので水面からお日様の光がキラキラ差し込んでいてセルリアン・ブルーのペンキで塗られたプールの底が輝いていた。
いつもはめっちゃくちゃ肩に力が入っていたのに、その時はフワァってからだが浮いていてとっても気持ちが良かったよ。
たぶん一瞬だったと思うんだけど、その「初期遭遇」があまりにも気持ちよかったからあたしはカナヅチから一気に水泳大好きッ子に変身したんじゃないかな。
それ以降はあれよあれよと泳げるようになり、補習どころか夏休みのプール開放も嬉々として通うようになりました。
最近の学校はそこまで指導しないんだろうな。なにしろ水泳の授業そのものが少ないもん。夏休み前には終わっちゃって9月からは運動会の練習でしょ?
そういやあの頃はゴーグルだってしてなかったもんな。プールから上がると目が真っ赤!夏が終わる頃には日焼けして人種が違うみたいになってたよな。
最近は水泳って競技的には屋内スポーツのイメージだからね。

そういえば小学校のプール開放も地域によってそれぞれですね。
今の学校はプールの監視は外部に委託で毎年この時期になると警備会社などがアルバイトの求人を出しています。
加古川は父兄が当番でプール監視を行い、長野では役員がその任に当たっていました。
旭川では確か近所のおじいさんが毎日監視に来てくださっていたと思うのですがあれはシルバー人材センターから派遣されていらしたのかしら?よくわかりません。

さてすっかりスイマーに生まれ変わったクリスは小学六年生で学校対抗水泳大会のリレーの選手に選ばれるまでに成長しました!
何しろ運動会でヒーローになることなど皆無だったあたくし、張り切って出場しました。
飛び込みと追い込みが苦手のクリスは(役立たず?)確か第3泳者だったと思います。
前の子のリードを必死で守って2位でアンカーに渡しました。
このアンカーの子が早くてね、あっという間に隣を抜き去り見事一位でゴール・タッチ!
優勝ですよ、優勝!
Natalie嬉しかったなあ。なにかで一等賞って後にも先にもあれっきりだったような気がする。アンカーに感謝ですね。
それですっかり勘違いしたクリスは中学で水泳部に入部し、現実に打ちのめされるわけです。
ま、一般人の中では早くても、速い人の中に入ると速くないという典型的な凡人スイマーでございました。
あとはまあ、さ、先にも書いたけどあの頃は「屋外スポーツ」で「季節もの」だったからシーズンの始まりは水泳部全員でプール掃除して楽しく「一番風呂」。熱い梅雨時でも他のみんなより一足早い水泳訓練で役得ゥ~♪ってご機嫌だったんだけど、プールが終わると後は延々陸上訓練なんだけど当然校庭とか体育館に水泳部のスペースがあるわけもなく連日マラソン。
「陸上部に入ったんとちゃうで!」って辞めてしまいました。

それ以来競技としての水泳は辞めてしまいましたが、今でも定期的に泳ぐことを欠かさない「草スイマー」として水泳を生涯の友としているわけです。
Candoそういえばおいらどこへ旅行するにも必ず水着持参なので太平洋、日本海、東シナ海、オホーツクはもとより大西洋、インド洋も制覇しておりマッスル!!
オープン・ウオーター、サイコー!!
サッカー場の近くにプールを見つければそこも制覇しております。
だってさ、選手は試合の後シャワー浴びてすっきりしてんのに、こちとらサポは汗だく雨まみれでぶっさいくなままは不公平というものでしょう?

さて、それではいっちょ泳ぎに行ってくるか…といきたいところですが、今日は小学校の災害時引き取り訓練!どこの親より早く愛する我が息子を迎えに行くことに命賭けます!
目指せ、一等賞!!行ってきまァ~す♪

あ、話はかわるけど海の向こう、先発出場のようですね!
http://www.portlandtimbers.com/home/
ん?ん?でも、中盤起用なのかしら?
ええい、なんでもよいわ、プレーが見たいよお~!!!

2009年6月14日 (日)

夏が近づいてきています

いやぁ~、しかし、なんですなぁ~、昨日の5歳の女の子、1時間後には保護されたそうで、良かったですねぇ~。
ギョーザメンチ、最強!!!

で、J2第21節、岐阜2-2湘南で首位はキープです。
http://www.bellmare.co.jp/?p=3904
う~ん、岐阜には勝てませんねえ~。

JFLは第15節、町田ゼルビアはアウェイでホンダロック戦です。
http://www.jfl-info.net/index.html
2-0で8試合ぶりの敗戦で17位に逆戻りですね。負ければこういう結果になるわけです。得失点差から言えば今のところはまあ、このあたりが妥当な順位なのでしょうか。

« 2009年6月7日 - 2009年6月13日 | トップページ | 2009年6月21日 - 2009年6月27日 »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ