フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« Breaking the Wall | トップページ | ライブ »

2009年11月12日 (木)

氷の世界

久々に昨夜テレビで井上陽水を聞きました。
で、出演していたオダギリジョーさんの好きな一曲が「氷の世界」。
(ちなみにクリスの好きな陽水さんの曲、この頃なら「東へ西へ」かな?)
オダギリさん曰く「歌詞がぶっ飛んでる」とのことですが、改めて聞いてみて北海道に住んでいた頃のことを思い出しました。

♪窓の外にはリンゴ売り…吹雪、吹雪、氷の世界♪

旭川に10年ほど前住んでいたのですが、この歌詞、旭川なら全然ぶっ飛んでません。
あたしは寒いのが苦手であまりウィンター・スポーツが得意ではないので相方の転勤で赴任するまで北海道には遊びに行ったことさえありませんでした。北の大地に関する予備知識が全くない状態で保育園児2名と生後半年まだ首も座らない末っ子を連れて彼の地に降り立ったのです。
で、当時住んでいた家にはインターフォンがなく、よく出入りする幼い子ども達のためにドアはいつも施錠していなかったのですがまだ引越間もないある日ドアがノックされたのです。
戸口まで行くと金髪ロン毛のお兄さんがすでにドアを開け玄関に入り込んでいました!
これね、後に理解しましたが北海道では当たり前。
ちなみに冬場の防寒と雪払いのため玄関扉が二重になっていたり玄関口に広いポーチがあったりする住宅が多いのが北海道の特徴。だから雪が降っているのにわざわざ来訪者が外で立ちっぱなしでいる道理はないわけです。
けれどもその時はまだそんな事情もわかっていませんでしたし季節は夏。しかもいきなり見知らぬ人が室内に入り込んでるわけです。慌てました。
「奥さん、青森からリンゴ売りに来てるんだけど買わない?」
青森とリンゴ。関西の人間にしたら愛媛とミカンぐらいあまりにもベタ過ぎてかえって信用できません。
幸いそのお兄さんは見かけほどは押しの強い人ではなく、丁重にお断りするとあっさり帰って行かれました。今にして思えば試しにリンゴ買ってみれば良かったかもとさえ思いました。そしてその後はドアも必ず施錠するようになりました。

丸4年あの街に住んでいました。とても美しい、食べ物の美味しい、人がおおらかで親切な街でした。一方で本土とは色々季候や生活が違う場所なのに、地元の人がそれをあまり認識しておらず、そのギャップが面白い場所でもありました。

ここしばらく冷え込んで雪が降り続いているようなので、今頃旭川は雪に埋もれ始めているのでしょうか。それとも地球温暖化の影響か、最近はあまり気温が下がらず冬に雨が降ることもあるそうなので、まだまだそれほどではないのでしょうか。
Ursulaあたしが引っ越した最初の冬、11月の始めにどかっと大雪が降り、以降翌年の4月まで地面が見えることはありませんでした。
根雪、という言葉を恥ずかしながらその時初めて知ったのです。
こちらをご覧の皆さん、いいですか、北海道を旅するなら冬です。夏なんか行っても北海道に行ったことにはなりません!最高気温も氷点を上回らない極寒の真冬に行ってこそ真の北海道を満喫できるのです。
南極観測隊もかくやと思えるほどの重装備をし、鼻水も凍りそうな中で広大な自然を眺めてみてください。クリス一押しは砕氷船に乗っての流氷見学です。知床サイコー!!旭山の「冬の動物園」も見逃せません。

今大人気の旭山動物園も当時は全然入場者がおらず、どうしたものかとスタッフや動物園ファンの地元の方々が知恵を絞っていらっしゃいました。
あたしは2年間地元ミニコミ誌の編集部でライターのバイトをしていて何度か取材させていただいたりしました。人気者になって本当に良かったです。
http://www.hokkaido-1ban.jp/fit/fit2009/fit2009_11/fit_2009_11.html
その編集部では「移住者からの素朴な視点で街の新たな魅力を掘り起こす」というテーマをいただき、様々なところへ取材に行かせていただき、楽しかったのと同時に大変勉強になりました。やはり仕事でしか得られないことは多いです。
現場に取材すること、関わっている人に直接話を聞くこと、興味を持ったことには積極的にアプローチすることの大切さを教わりました。また旭川にいる頃に自分を見つめ直し、絵に真剣に取り組みなおし、サッカーを描き始めたことはあたしの人生で大きな転換点でした。

もう旭川を出て7年以上がたちます。
当時の副編集長が言っていたのですが「余所から来る人はなんで旭川みたいなへんぴなところに、って泣きながらやってきて、なんで旭川を出ないとならないんだって泣きながら出て行くんだ」っておっしゃってました。たしかにそうです。懐かしいです。
でも、あの-二桁台の寒さはいまだに勘弁、って感じのクリスです。

« Breaking the Wall | トップページ | ライブ »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223266/46741557

この記事へのトラックバック一覧です: 氷の世界:

« Breaking the Wall | トップページ | ライブ »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ