フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« 氷の世界 | トップページ | 前向いてこう! »

2009年11月13日 (金)

ライブ

今日は久しぶりにマイ・プールに泳ぎに行った。
実に4ヶ月ぶり!会いたかったよおおお~!!
基本クリスは正午頃入るのですが、その時間帯だとたとえ教室があってもちょうど午前と午後のクラスの狭間で空いているからたっぷり泳げるのです。
(たまに消防署が水難訓練やってたりするけどそれはもう、願ったり叶ったりだしね…)

とにかく混雑しているところで泳ぐのが好きじゃないので夏はあまり泳ぎません。
だから天気が悪かったり雪が降ったりしていると大喜びでプールに出かけます。
帰りがまた気持ちいいんだな~♪
春は爽やかな風に吹かれて花粉症の季節が終わったことを実感しながら銭湯帰り気分。
秋や冬は泳いだ後の温かいシャワーやジャグジー(残念ながら今のマイ・プールにはありませんが)が気持ちよく、帰りの車でちょこっとエアコンかけてぬくぬくしながら家路につくのも楽しいもんです。

でまあ、楽しいついでに今日は前から素敵なお庭が気になっていた平塚美術館(平塚市西八幡1-3-3 : 0463-35-2111)へ行ってきました。
「情熱と機能の美」ですよ、奥さん!!
まさにクリスの絵のテーマと合致した企画展といえましょう。
ちなみにクリス、大学時代人体デッサンに次いでレンダリングの授業が大好きでした。
ってなわけで素晴らしい車体スケッチの数々を堪能してきました。
館内の小さいギャラリーでは市内小学校の図画工作展も開催中でこちらも拝見しましたが、なんとこっちの方が来場者が多かったですね。
企画展は観覧料が¥800、ギャラリーは無料。
JFLに昇格して有料化したとたん入場者激減っていうパターンですか?
でもね、そうとばかりも思えませんでした。

子どもたちの作品を見に来ているのはほとんどが保護者なり近所の人なり「作家達」と関係のある人たちのようで、その子の作品の前でああだこうだと作品やその子のついての話を何十分もしているのです。子ども達の作品もそうやって自分をネタに大人達が盛り上がっているのを喜んでいるかのように、自分たちの思いをはじけさせんばかりに賑やかにこちらに向かって飛びついてくるかのような勢いを感じさせました。
会場には熱気があふれていました。
来場者はその作品と、それ以上にその作家と彼や彼女にまつわる物語に会いに来ていたのです。

一方の「大人展示」。静まりかえり、内容が内容だけにほとんどがひとりで来場したかの中高年の男性。黙って館内を巡っています - 等間隔空けて。
土日には子ども向けに色々とイベントも用意されているようなので一概には言えませんが、この「熱気のなさ」はどうしたもんでしょう。
館内の案内板やリーフレットを読めば「プロジェクトX」が何話も撮れそうな新車開発のエピソードのてんこ盛りなのに…なんか残念だと思いました。

絵は絵だけで勝負。説明するようじゃおしまい。芸術は静かに鑑賞。
そういう向きもあるでしょう。あたし自身、描き終わってしまえば絵は自分のものではないと思いますからあれこれ注釈を付けるものではないと思います。けれどプロデュースするほうはそれでいいんでしょうか?
あたしは以前は美術館やギャラリーのたぐいが好きではありませんでした。
自分自身額に入れられ人々の手に触れられないような牢獄に隔離されるために絵を描いているんじゃない、と突っ張っていました。
今でも生活から切り離されたようなものを描きたいとは思っていません。
ただアメリカに行ってあたしは美術館が大好きになりました。
そこには常に人があふれ、活気がありました。
何か大作が海外から来れば入場制限の上長蛇の列、でも普段は閑古鳥、な日本の美術館と違いました。
どこの美術館も学芸員の人は常にフレンドリーで気軽に質問に答えてくれ、予約すれば館内ツアーもしてくれます。
好きな作品の前に座り込んで模写したり何時間も友達と語り合ってもかまいません。
施設のテーマや時代に沿った形でデザインされた庭を眺めながら館内のレストランで食事をすれば、肖像画が展示されていた女王様が好きだったお菓子や作家が愛した飲み物などが出されます。
「ルネッサンスフェア」などと銘打って当時の衣装でコスプレしたスタッフが館内を歩いたり、当時の楽器を使った演奏会が中庭で行われたりします。
ミュージアムショップでは芸術にまつわるオリジナルグッズが販売され、ボランティア・ガイドの方が無料でワンポイント作品ガイドをしてくれたりもします。

いろいろお金もかかるのかもしれませんが、日本でもそういうことが出来ないのでしょうか?
たとえば今日の企画展も、ロビーで昭和の音楽を流したりちょっとした町並みを再現して来館者を迎えれば気持ちも盛り上がると思います。
現に60年代のスカイラインの前で延々と当時の思い出を語っていらっしゃった年配の来館者のおじさまもいらっしゃいました。
そもそも美術にふれるのに800円は高いか安いか?あたしは高いと思います。
プール入場に400円ですよ?45分泳げば十分運動になります。90分泳げばヘトヘトで肩こりスッキリ睡眠グッスリです。
サッカー観戦に800円としましょう。前半45分つまらなくても後半45分で怒濤の反撃をしてくれれば泣くほどの感動と共に帰宅できます。(ちょっとギャンブルですが…)
でもあたし自身絵を描く人間なのに、今日は45分で美術館を後にしました。とてもじゃないけど90分はもちません。

こんなので絵はだいじょうぶかなあ、って不安になります。
小さい頃はあんなに楽しかったのに、大人になるにつれて描くことも見ることもしなくなる人が多いのもうなずける気がします。
岡本太郎さんがおっしゃったように「芸術は爆発」のはずなのに、全然はじけてない。
もっと、もっと、描いていかなければ表現の場がなくなってしまう気がします。
絵を見に行くのは作品だけでなく作者に会いに行くのと似ていると思います。
素敵だなあと思った歌手のコンサートに行く、選手のプレーを見に行く、それはその人を生で見たいからです。
絵の場合は何百年、何千年たっても、作家本人が亡くなっても、本物に会える。
アメリカの美術館で数々の名画の本物と対面したとき、あたしはライブの感動を覚えました。
そして思ったのです(あたしはあっちの人間だ。こっちでこうやって作品を眺めてちゃいけない。あっちへ行って、巨匠達とタイマンだ!)
若気の至りです。巨匠の皆さんすみません。でも、あの頃あたしはどんなロック・スターのライブよりもスーパー・アスリートの試合よりも、巨匠達とジョイントすることに夢中でした。

日常に生活にとけ込み見る人とともにある絵をこそ描きたいと思っています。
そして自分を表現することが上手くできないこどもや、表現したいことがあるのにやり方が見つからない少女達、少年達に「絵は楽しいぞ!」と言ってやりたいのです。
絵のファンを、絵の中に物語を見つけてそれを語らずにいられない人を、もっと増やさなきゃいけないですね。
がんばろ

« 氷の世界 | トップページ | 前向いてこう! »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223266/46751304

この記事へのトラックバック一覧です: ライブ:

« 氷の世界 | トップページ | 前向いてこう! »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ