フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« 黄色のキセキ | トップページ | 氷の世界 »

2009年11月10日 (火)

Breaking the Wall

ベルリンの壁が崩壊して20年ということでドイツでは式典がおこなわれたようですね。
ある意味「勘違い」から始まった壁の崩壊。20年かあ、あっという間だった気がします。でも、あの頃子どもだった人たちもすでに立派な若者になり、いろいろと東西の格差に悩まされている現実があるわけです。
Mb大好きなミヒャエル・バラック様は東ドイツ出身。
いろいろなものを背負ってプレーなさっていると聞きます。

それでも20年前、目に見える形で「壁」が崩れ去っていくのを見るのは壮観でした。平和とか悲願達成とか人々の思いが形となって面前に広がっていたのです。
まだ若かったあたしは(道は自分たちで切り開けるんだ。歴史は変えられるんだ。)と気持ちが高揚したことを覚えています。

レフ・ワレサにミハイル・ゴルバチョフ。式典には時代のヒーローに祭り上げられた人の姿も見えました。少なくともあたしにはヒーローでした。
でも、あたし達の世界は良くなったのでしょうか?
「戦争の世紀」といわれた20世紀は終わり、21世紀の今も世界各地で戦争と紛争が続き、そうでない地域でも「環境破壊」が着々と進んでいます。
若かったあたしもいい中年になってしまいました。
子ども達が幸せを実感できる社会を作り上げられているでしょうか?

あたしはといえばあの頃実際には夢を見失い、その後は仕事や子育てでいっぱいいっぱい。
サッカーに出会って自分を取り戻すことでやっとなんとか今は前向きに生きています。
Photo全ては鈴木隆行選手のおかげなんですが、もういまさらここではグダグダ書きません。
ただ、最近は生でプレーが見れないし、自分自身もまた日々の暮らしに押しつぶされそうであまり絵が描けていないので、またハニーに力を分けてもらいたいと切実に願っているような次第です。

この人を描きたい。この人を応援したい。この想いを伝えたい。

そんなわき上がってくるような思いが最近少々ありません。寂しく、辛いです。
壁を打ち破り、困難をかき分け、人は何を求めたのか。
自由です。
家族と共に過ごす、好きな人に会いに行く、思い通りに表現する。
才能がないのならあきらめもつきます。努力が足りないのなら精進します。自分が求めた不自由なら、折り合いも付けられるでしょう。
でも、外から無理矢理に自由を奪われたら、あるいはそんなこと出来るわけがないと決めつけられたら、人は必死になって抗うでしょう。

自由だ。自由だ。
あらゆるレッテルや距離や「大人の事情」
そんなものから自由になりたくて絵を描いてきたのじゃないか?
そんなあらゆるものから自分を解放したくてゴール裏で跳ねたのじゃないか?
なのにあとからあとから、あたしから自由を奪うものが追いかけてくる。

Pt30あたしはハニーの角張った大腿「死闘」筋が大好きなの。
いつもいつも、こんな美しいものがこの世にあるか、と、うっとりしながら描いています。描いている間は何もかも忘れられる。
そんなただ、ただ、美しいものが描きたいという純粋な思いでサッカーを描いてきました。それだけで良かったはずなのに、なんだかずいぶんと欲張りになってきている自分がいます。いけませんね、kaworuさん。

あたしは鈴木選手の抗う姿勢が好きなのだと思います。そんな彼のプレーに自分を重ねているのでしょう。
そしてサッカー経験がないので、少しでも彼の見ている景色を見たいと感じ、現場に足を運ぶのだと思います。
あたしは好きな人になりたいと感じる人間です。だから、スズキタカユキになりたい、と思っている自分がいるのでしょう。
でもなれるわけがないから彼を描くのです。イメージ通りに描けると「手に入った」と感じます。まあ、一瞬、なんですけどね。しばらくすると「ああ、だめだ、へたくそ!こんなじゃない。」って思って、ますます描くわけです。

今は「大人の事情」が多すぎます。
自分の手には負えない世界で物事が動く無力感があります。
サッカーは奇跡を待つスポーツ。奇跡を信じる気持ちが萎えるとついて行けなくなります。

銀色の狼、その美しい左足であたしの情けない弱気を蹴り飛ばしてくれ!

« 黄色のキセキ | トップページ | 氷の世界 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
「大腿死闘筋」ですか…
変換間違いかと思っておりました。失礼しました。
クリスさんは、表現者だけあって
とても感受性が強く、真面目な方なんですね。
いろんなことに興味をもって、
いろいろなことを深く考えていらっしゃる。
ちょっと偉そうに言わせていただけば、
そのすべてが決して無駄ではないはずです。
まだまだ人生折り返したばかりじゃないですか。
今悩んだり苦しんだりしたことを糧に、
まだまだ時間はあります。
以前にも一度書き込んだような気がしますが、
表現する術を持っていらっしゃることを
うらやましく思います。
ただ奇跡は待つものではなく手に入れるものかと
運は努力して掴み取るものです。


>kaworuさん

暖かいコメントありがとうございます。
そうですね、あたしはまだまだ努力が足りません。もっと精進しないといけません。

ハハハ クリスさん
やっぱり真面目な方ですね。
私なんて、もう普通に生活しているだけで
十分修行になっていると思っているのですが…

>kaworuさん

はぁ、その真面目なところが良いんだか、悪いんだか…
見かけが真面目そうに見えない分、益々誤解を招いているようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223266/46725711

この記事へのトラックバック一覧です: Breaking the Wall:

« 黄色のキセキ | トップページ | 氷の世界 »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ