フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« 昨日の追記 | トップページ | ルーベンスの息子たち »

2009年9月 5日 (土)

ま、負けることもあります。

http://www.portlandtimbers.com/newsroom/matchrecaps/index.html?article_id=1390
シーズン不敗記録が達成できなかったのは残念ですが、ここまで負けなかったって事が凄いです!プレーオフ目指してがんばれ、ハニー!!

さて、もうこのブログにばっかりかまけていて、こちらだけをご覧の方々はご存じないかもしれませんが実はクリス自分のホームページも持っておりました。
ですが最近はさっぱり更新していませんでしたし、ブログで十分代用がきくと判断しましたのでこの度そちらのサイトを閉じることにしました。

思い起こせば2002年の誕生日にマニュアルを見ながら一日で作成してアップした我が公式サイト。それから7年近くで13860余件のアクセスをいただきました。ありがとうございました。
メディアの露出も少なければ発表の機会も少ないあたしには自由に自分の作品を広く公表できる貴重な媒体だったと思います。
たしかまだHPなどは企業や専門知識を持った人しか作れないと思っていた1999年頃、ある新聞に掲載されていたデザイナーの方の自作ホームページについての記事を読んで(そうか、自分でHPを作って公開すれば自由に自分の作品を発表できるのか)と知りました。それ以来、いつかサイトを自作してやろうと考えていました。
2002年にサッカーの絵で賞をいただき、「クリス・ティー」としてスポーツを描いていこうと覚悟が決まったあたしは一念発起して稚拙ながらもHPをなんとか作り上げ、その年の11月8日に公開しました。
当時は「クリスの筋肉のお部屋」と題してかなり趣味的な色合いが強かった気がします。フロントページの他にプロフィールと日記、そしてサッカーの作品ページとその他のスポーツの作品ページ、あと毎月自分が気になったアスリートを紹介する「今月のハニー」に掲示板とチャット・ルームまで搭載していました。今から思えば初心者がめいっぱい詰め込んでいた感じです。
日記でうだうだと書いていたイスバスについてのコメントがきっかけで競技関係者と知り合いになれたり、掲示板に藤井新悟選手が書き込みをしてくれたりして盛り上がったのを思い出します。
「今月のハニー」を元に新聞連載の仕事に企画が発展したこともあれば、作品ページにアップしていた絵が仕事に繋がったこともあります。
2005年にはタイトルを「Hot Legs」と変えてより作品ポートフォリオとしての色合いを強め、より仕事を得るためのツールとしての役割を期待しましたがmixiを始めてからは(2007年末に退会)あまり日記や掲示板を使うことがなくなりました。そして2007年9月にこちらのココログを始めたあたりからさっぱり更新もしなくなりました。こちらのアルバム機能などを使って作品ファイルの内容を充実させたことが決定打でしたね。

事務所もエージェンシーも持たないあたしには、サイトは大切は営業ツールでしたし、名刺にオリジナル・ドメインのURLを載せるのはちょっと自慢でもありました。
いままでありがとう、ホームページよ!
そして当時からクリスに付き合い、いまでもこの「お茶弾き語り」をご覧いただいている読者の皆さん、今後とも絵描きクリス・ティーをブログ共々ご愛顧のほどよろしくお願いいたします。

« 昨日の追記 | トップページ | ルーベンスの息子たち »

挨拶・告知」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223266/46127948

この記事へのトラックバック一覧です: ま、負けることもあります。:

» 宇都出雅巳先生オリジナルの勉強法 [試験対策/速読術,記憶術,速聴効果を利用して合格する方法[超高速視聴覚プログラム「合格の方程式」EYES]
様々な試験に合格する為の、「速読」と「記憶術」をミックスした宇都出先生オリジナルの勉強法、「高速大量回転法」。ほとんど、パソコン画面を見ているだけで脳が活性化され、視力まで回復してしまう篠田先生の監修したゲームソフト、EYES&BRAIN。この2つだけでも強力なノウハウなのですが、更に強力なプログラムに出来ないだろうか、と私たちは考えました。・試験に合格できる勉強法・見るだけで脳を活性化し、... [続きを読む]

« 昨日の追記 | トップページ | ルーベンスの息子たち »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ