フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« 世水、閉幕! | トップページ | 有朋自遠方来、不亦楽呼 »

2009年8月 4日 (火)

「よう来たな、お帰り」

♪ウルトラソウル、ハ~イッ!!!♪…あ、どうも、やっぱり世界水泳のテーマソングはB’zがええなぁと思うクリスです。

昨日の夕方町内放送で幼い男の子二人が自転車で出かけたきり行方不明とあり、みんなで心配していたのですが8時過ぎに無事保護されたとかで一安心でした。
で、思い出したのが夏の日。小学校の3年生くらいだったと思う。
近所の公園で退屈していた学年もバラバラな子どもが5人くらいで「摂津峡行ってみいひんか?」って話になった。ちょっと山の方へ行った渓谷。自然の流水滑り台や飛び込みスポットがあって子どもには人気。でも、あたしらの住んでいる地域からは遠くていつも親にバスで連れて行ってもらっていた。
ヒマで暑くてしょうがないあたしたちは歩き出した。いくら歩いても到着しなかった。
どんどん夕焼けの赤は色濃くなって、年少の子達は疲れてきて「なあ、まだ、つかへんの?」
それでも摂津峡は遠い。とうとうベソをかき出す子もいた。
「帰ろうか…」
なんのピンチも達成感もない徒労に終わった冒険。
ようやく帰ってきたときにはもう真っ暗で、町はずれで何人かの大人たちがあたしらを探していた。
一番小さい子の親が走り寄ってその子を抱きしめた。怒られるかとあたしらは身を固くして成り行きを見守った。
「お帰り。」
それだけだった。あたしらは三々五々帰宅した。
地域とつながりの薄い生活を送っていた母はあたしが行方不明になっていることも知らなかったらしく、ドアを開けてもいきなりいつもの小言が始まるだけだった。

こちらをご覧の皆さんには帰る場所がありますか?
あたしはいつもあちこち移動して一つの所にとどまらない人生を送ってきたからふるさとなんかなくて、幼なじみもいなくて、帰る場所がない。
だけどサッカーが好きになって、その時その時に住んでいる場所でめいっぱいその町の人と関わって楽しく過ごせるようになってきた。

昨日もちょっと書いたテレビ朝日の土曜の番組。
5年前のアジアカップのヨルダン戦についてもやっていた。
Ac2みんな覚えてる?重慶の超アウェーな雰囲気の中PK戦になって、ツネくんが抗議してサイドチェンジして、ヨシカツに神が降りてきて日本が勝った試合。
もちろん大事な場面でハニーもゴールを決めた試合。
あの日はね、長野県の全社代表を決める決勝戦の日で、珍しくアルウィンでナイターだったの。あたしはまだ一緒にサッカー行ってくれていたお兄ちゃんを連れて長野エルザSCの応援に行ってた。応援席にはあたしらを含めて5人だけ。ライトもまばらな中一生懸命声を出した。
チームは接戦を制して優勝。あたしが現場で応援するようになって初めてのタイトルだった。嬉しかったな。ちょうどその日は松本市でお祭りだったみたいで偶然表彰式の最中に花火が上がってめっちゃ盛り上がったわ。
でね、帰りにお腹をすかせたおにいちゃんとそばでも食べようと梓川SAに寄ったの。
そしたらさ、食堂のTVでヨルダン戦生中継中!もちろん最前線に陣取ってトラックの運転手さんっぽいおっちゃんらと観戦開始よ。
で、ちょうど俊輔が外したところで「なに?PKやってんの?」「もめてんの、どうしたの?」と後ろから状況がわかっていないらしいニュー・カマーの声。
(う、う、教えてえええ~!!)
もう我慢できなくなったクリス、振り返って「芝の状態がひどく悪くて…」と説明しようとしたらなんとそこにはついさっきまであたしが声援を送っていた選手の皆さんが勢揃い!
「あああ!!!」
「クリスさん、なにやってんっすか!?」
「みりゃわかるでしょ、代表の応援。」
「さっきまで応援やってたでしょ。声枯れてるし…」
「いいから、いいから、きみらも座りなさい!」
もちろん、それからはみんなでワイワイ楽しく日本代表応援。ハニーが決めてはクリス絶叫。ヨルダンが外しては選手たち拍手。
「ヨシカツ!!ヨシカツ!!」スーパーセーブの度にみんなで立ってコール。
いつしかSA全体が一つになっていました。勝利の瞬間には見ず知らずのおっちゃんらとハイ・タッチ。選手たちもこのときばかりはただのサッカー・ファンとなって大喜び。ここぞとばかりにクリスお気に入りの選手に抱きつきます!ああ、幸せ(^0^)v
なぜかSA中のお客さんや売店の方々に「おめでとうございます」と言われ「ありがとうございます」と応えながらSAを後にしました。

No9それから1年後、まさか自分が兵庫県で今度はボランティアとして全社運営に関わることになるとは夢にも思いませんでした。
その翌年から全社は優勝チームに地域決勝出場権というとんでもない禁断の実をご褒美に提供するバトルロワイヤルへと変貌したのです。
07年の全社前日、相方に辞令が出てまた転勤することになりました。
去年の全社はクリスの古巣(笑)であるエルザ、現在のチーム名AC長野パルセイロが見事優勝を飾りました。
そして今年、千葉で行われる全社にあたしの愛するバンディオンセ加古川は地域決勝出場を賭けることになってしまいました。

あたしはこういう育ち、人生なので「脳内距離感」があまり移動しない人より広いのかもしれません。
アウェー遠征するのはあまり苦になりませんし、応援したいのなら行くのは当然、とフットワークも軽い方かもしれません。金と体力さえ許せばどこへも行きます。
でも最近家庭の事情で引きこもってるんですが、狭い地域で暮らす中でちょっと離れた店に行くだけで「遠いところからわざわざお運びいただいて」と頭を下げられることが何度かありました。
そうか、普通の人の距離感はそういうものか。
選手の皆さん、忘れないでね。アウェーまで遠征しているのはあたしみたいなジプシーばかりじゃありません。たいへんな勇気を振り絞って来ている人も多いんですよ。
あたしも現場に来れない仲間にいままで冷たい態度を取ったこともあったかもしれないと反省しきりな今日この頃です。

Image0001だから加古川から千葉は遠いけど、あたしは待ってますから。
胸一杯の「よくぞ来てくれました」の想いとともに皆さんをお迎えしたい。
あたしがバンディの試合を見に行く度に「おお、よぅ来たな。お帰り!」とみなさんが迎えてくださるように、あたしも皆さんにお会いできるのを楽しみに待っています。
それまでトレーニングがんばりますよ。最近すっかり声出してないですからね。
まずは10月まで、しっかり腹筋・背筋元通りに戻しておかないとっ!!!

今日は江ノ島で花火。

« 世水、閉幕! | トップページ | 有朋自遠方来、不亦楽呼 »

社会人サッカー」カテゴリの記事

コメント

こんちは♪
世界水泳とは程遠い「第60回日本実業団水泳大会」に行ってきましたのでご報告。「40歳以上の部」です(笑)
50mバタフライは2位!50m自由形は3位!
どっちも表彰台で「超~~気持ちいいっす」(笑)
来月は、日本スポーツマスターズって大会で静岡(静岡県立水泳場)に行きまっせ♪
ちなみに、今回の実業団大会も、レーザーレーサーやラバー系の高速水着が全盛期でした。2種目の決勝レースを泳ぎましたが、普通の水着は私だけでした。
水着の恩恵で良い記録を出したり、レースに勝ったりしても、つまんないでしょ~だから、敢えて普通の(しかも一世代前の…)水着で泳ぎました。
どうせ、来年になったらみんな着れなくなっちゃうんだから。
かなり貴重な存在でしたよ~(^^;)

>hissy、お疲れ様でした!

自分は競技としての水泳は中学でちょっとかじっただけで挫折しましたが、たとえ陸上練習が辛くても記録がなかなか伸びなくても、もうすこしがんばればよかったなって今では思っています。

ずっとレースを、しかもトップレベルで続けているhissyを尊敬します。これからもがんばってください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223266/45831686

この記事へのトラックバック一覧です: 「よう来たな、お帰り」:

« 世水、閉幕! | トップページ | 有朋自遠方来、不亦楽呼 »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ