フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« I want you back | トップページ | Total Eclipse »

2009年7月21日 (火)

And I think it's gonna be a long long time.......

明日末っ子の学校で皆既日食の観察会があるの~☆
「飲み物とおやつを持参」とあり末っ子がクッキーがほしいというので焼いたわ。
わかるかなあ?一応日食をイメージしてみたのですが…
ココア生地じゃなく、チョコを溶かし込んでもっと真っ黒にすれば良かった(泣)

ちょうど昨日はアポロ11号が月面着陸して40年の記念日だったのね。みんな覚えてる?
あたし覚えてるなあ。幼稚園年長の夏休み。
家族で中継に見入っていた。うちのTVは白黒だったんだけど、中継画像は本当はカラーだったの?
それからというもの月を仰ぎ見ては(あそこへ行くこともできるんやなぁ)って思ってました。
翌年の万博ではもちろんアメリカ館の「月の石」見に行ったよ!
みんなは「散々待たされたのにしょうもなあ~」って怒ってたけど、あたしは結構感動したな。
あたしってね、昔っからお土産は高級なアクセサリーやブランド品よりもその土地の石っころとか宿屋のアメニティ・グッズとかがうれしい人なの。
「大人になったらなんになる?」「宇宙飛行士もええかもね。」
当時は兵庫県の西明石に住んでたの。日本標準時間の町。天文科学館にはよく行ってプラネタリウムを見たものです。
アポロ計画にはたくさん夢をもらったけど、そんなあたしと同い年の若田さんが今では宇宙に長期滞在してるんだもんね。
時の流れってすごいな。ある意味残酷だね。

世界水泳選手権が始まっていますがシンクロに井村コーチが帰ってきましたね!
日本チームはメダルを逃しましたがまだ若いチームなのでこれからがんばっていってほしいです。
で、昨日はTBSで「ライバル伝説……光と影」を見てからNHK「スポーツ大陸」。
TBSの方は因縁のライバル同士にスポットを当て、本人に当時の気持ちを振り返ってもらい最後に対面してもらって本音を語り合ってもらうというもの。
圧巻は小谷実可子と奥野史子だったね。バルセロナ五輪での代表争いは壮絶で当時ただTV観戦してても(この二人は仲悪いねんな)って思ったけどね。
最後はある意味「和解」が演出されてるんだけど、まあ、傍観者にはわからないですね。
それでも良い企画だったのじゃないかと思いました。わだかまりが本当に解けたのかどうかわかりませんが、お互いの心が軽くなったんじゃないかと思えました。
あたしは当時「奥野派」だったんですが、彼女が番組で当時を振り返り「…でも、みんな実可子さんが泳ぐを見たいんだな、みんなが本当に見たいのは私じゃないんだなって思いました。」という言葉には胸が詰まりました。
おそらくそれは事実だったろうと思います。
それでも奥野さんにはわかってほしい。あたしは奥野さんが見たかったし、バルセロナの奥野さんはすばらしかったし、あのときのあなたの栄光はあなたでしかつかめない本物の栄光でした、と。
(それにしてもペアの高山さん、たいへんでしたね。知りませんでしたよ。^-^;)

NHKは大神雄子選手でした。相変わらず”男らしくて”素敵な女性です。こういう女の子大好きなの、クリス。
ちょっと前に田臥勇太選手もこの番組で取り上げていて、ともにNBAを目指していることもあり、同じくコンディション不良でチャンスをものにできなかったこともあり、驚くほど状況が似ていることに軽いビックリでしたね。スポーツには意外と男女差はないのかもしれません。
もちろん、スポーツそのものがメジャー扱いか、マイナー扱いがで違いは大きいですが、少なくともバスケットボールにおいては日本人がアメリカに挑戦するにおいて条件はあまり変わらないのでしょうかね。
WNBAは男子に比べて歴史が浅い分、かき集められるだけ才能は集めたいのかもしれません。男子は圧倒的な歴史と人気と財政を誇っていると思いますが、女子はどうなんでしょう?
あたしがいたころはアメリカの女子のバスケ・プロ・リーグはなく、日本の実業団リーグが日本人プレーヤーの夢の受け皿となってきたと認識しています。アメリカではサッカーは女のスポーツという認識が大勢のようですがそれでも財政的にうまくいかずに澤選手などは日本に帰ってきて今年またアメリカに戻りました。
何が言いたいかというとあたしはどうしてもマイナーなものに目が行ってしまうたちです。
人気がないからとか女子だからとか外国人だからとチャンスが制限されてしまうことにならないよう見守っていきたいと考えるのです。
そしてマスコミにはメジャーで人気のあるものばかりをちやほやして取り上げるのではなく、公平な報道を希望します。

そのあとは夜中の2時までBSでマイケル・ジャクソンの追悼番組見てたから今日はマジ一日ボーッとして過ごしちゃった。
もう本当にね、子どもの頃や20代前半の彼を見てると自然と笑顔になる。身体が踊り出す。
でも、時が流れるうちにだんだんと彼の様子が変わり、見ているあたしも悲しくなってくる。
あんなに幸せをくれたのに、まるで素敵なモンスター。
それでもマイケルは美しい。やっぱり彼の栄光は永遠だ。
”Bye-bye, Miss American Pie♪”
自然とドン・マクリーンの唄が口をついて出る。
A long long time ago, I can still remember how that music used to make me smile.
And I knew that if I had my chance, I could make those people dance.
And maybe they'd be happy for a while.
そうだよ。とっても幸せだったんだ。
あたしはちっとも成長してないから、今だって何も変わってない。
ジョカトーレたちがピッチに刻むリズムに身をゆだね、歓喜の歌でダンスする。
But I knew that I was out of luck - the day, the music died.
We started singing......
Bye-bye "Mr." American Pie
Drove my Chevy to the levee, but the levee was dry
And good ol' boys were dirinkin' whiskey and rye
Singing this'll be the day that I die...
This'll be the day that I die.
もうなんもかんもおしまいや。ポップの帝王はもういない。
さよならミスター・アメリカンパイ。
車をぶっ飛ばしたってどうしようもない。仲間と自棄酒あおってる。
死ぬには絶好の日かもしれない。
さよならあたしのダンスの天使。
もうなんもかんもおしまいや。

« I want you back | トップページ | Total Eclipse »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

クリスさん、おはよー。アメリカンパイ大好きでしたよ。涙出ちゃいますね、関西言葉混じりで説明してもらうと。最後のフレーズを励みに、なんとか生きるか。

>青パパイヤさん

お久しぶりです。そっちはどうですか?

あたしもなんとか生きてます。なんともなってないんですけどね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223266/45700680

この記事へのトラックバック一覧です: And I think it's gonna be a long long time.......:

» アイスプラント [アイスプラント]
アイスプラントの簡単レシピや家庭でのアイスプラントの栽培方法をリアルタイムに公開します。 [続きを読む]

« I want you back | トップページ | Total Eclipse »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ