フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« 馬入で傷心を癒してみる | トップページ | おじさまは天皇杯と天皇賞がお好き »

2009年6月26日 (金)

Tell'em that is human nature

マイケルが死んじゃった…
マイケルはあたしより5つ上。5歳から歌っていて13歳で全米No.1ヒットを飛ばした彼はもちろんあたしが物心ついたときからスターだった。

大好きな"Rock with you"が入ってる「Off the wall」が出たのが1979年。
あたしが渡米した年だった。まだ二十歳だったんだね?格好良かったなあ。
代表作だと思う「Thriller」は1982年の発売。
あたしが高校卒業してLAの大学に入った年。ダンスのクラスに通ってたんだけど、レッスンではもちろんみんなで大喜びしながらゾンビ群舞踊りましたよ!「ムーン・ウオーク」に「反重力傾斜」!天才とかそんなのを越えて「ダンスの天使」でしたね。(小野伸二くんが「サッカー天使」のようにね!)
たしかマイケルとマドンナとプリンスって同い年なんだよね。
あの人たちには影響受けました。ええ、そりゃそうでしょうよ。
この人達は世の中を変えていくもの凄く新しくて力強いパワーを持っていた。この人達とあたしは同じ時代を生きてるんだ。歴史を変えるんだ。そう思ってた。

あたしは暴力を憎むものです。
特に子どもや女性に対する性的虐待は許せない蛮行だと思っています。
マイケルは児童を虐待したと告訴されたことがあります。無罪でした。
正直真相はわかりません。彼が罪を犯したとすれはそれは許されることではないと思いますが、いまは判決を信じるしかありません。
信じた上で、スキャンダルによって彼の栄光が汚されることはないと言いたいと思います。
彼の栄光は永遠です。

記者会見にはお兄さんのジャーメインが出てきて弟の死を発表していましたね。痛ましいことです。ジャネットも泣いてるのかなあ。
つい先日いよいよワールド・ツアーを始めると発表したときの彼はとてもジャーメインの兄弟には見えない顔立ちでした。というか正直、人間の顔ではなくなっていっていたような気がします。
ジャクソン・ファイブのリード・ボーカルではなく、ソロ・アーティストとして絶大な人気を博するようになってから彼の繰り返される整形手術が始まったようです。
あたしが帰国後の1987年発売された"BAD"の白人のように白い肌と女性のようになよやかなルックスのジャケット写真を見たとき(マイケルはダイアナになりたいのか?)と思いました。
偉大なるモータウン・アーティスト、マイケルと同じように天下一品の声と才能を持つダイアナ・ロス。彼がこの年上の美しい女性を愛していたのは有名な話です。
あんまり好きすぎて、でも手に入らなくて、とうとう本人になろうとしたのかと思いました。
なんだか悲しい気持ちになりました。
その後来日した彼が様々な「ピーターパン的奇行」でパフォーマンス以外のところで話題をさらうのもなにやら鼻白むものがありました。
彼への熱狂があたしのなかで醒めていきました。

1991年発売の「Dangerous」で完全に見かけはサイボーグのようになってしまいました。
音楽の内容も二十歳の頃の甘く軽やかだったポップスから張り詰めたようなエンターテイメント・ロックに変わっていきました。
この頃の彼も決して嫌いではありませんでしたが、とにかく見れば見るほど何か悲しい気持ちにさせられました。
(彼は彼の音楽とダンスでこんなにみんなを幸せにしてくれるのに、どうして彼は幸せそうには見えないのだろう?)って。

ワールド・ツアー、楽しみにしていたのに残念です。
天国で本物の天使達と今度こそ楽しく歌ったり踊ったりしていることを祈ります。
Your glory is forever, Michael.  Thank you and we loved you!

« 馬入で傷心を癒してみる | トップページ | おじさまは天皇杯と天皇賞がお好き »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223266/45457099

この記事へのトラックバック一覧です: Tell'em that is human nature:

» 俊輔移籍に刺激受けた!小野が活躍誓って出国 [徒然ニュース]
ブンデスリーガ3季目のシーズンに向けて、ボーフムの元日本代表MF小野伸二(29)が26日、成田発の航空機でドイツへ旅立った。「3年目だしチームの中心として活躍したい。1年を通して活躍して、そのとき(W杯が)ついてくれば…」とW杯南ア大会への思いも口にした..... [続きを読む]

« 馬入で傷心を癒してみる | トップページ | おじさまは天皇杯と天皇賞がお好き »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ