フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« 馬入で勝手にサカモトまつり前夜祭♪ | トップページ | そりゃないぜ、セニョール! »

2009年5月17日 (日)

どうかお大事に

昨日バンディが負けた。
http://www.kansaisl.jp/
リーグ6節終わってラランジャがバカ勝ちを続けてて勝点15で得失点差17。
二位には勝点12でバンディ、三洋、アインが並んだ。得失点差でかろうじてバンディが2位を死守している。
なんとしてもラランジャを止めなければなりません。
第11節の直接対決が山となるでしょう。それまで取りこぼすことをせず、何とか他チームの奮起も祈らねばなりません。
実は今節関西遠征を考えていたのですが例の新型インフルエンザ騒動が起こってしまったでしょう?
おにいちゃんの学校へ用事があったのですがどうやら感染者は高校生が多いみたいで、おにいちゃんは体育会系の大会参加も多い上に寮生活なので今色々と調整が多くあたしは結局行かないことになったのです。
どうもいろいろと騒がれていますが関西の皆さんお変わりありませんか?
心配はつきないと思いますがどうか冷静に、感染してしまっても養生なさってほしいと思います。
それにしても…
政府ときたら感染者数の発表や入院状況の報告ばっかりで、感染拡大を遅らせたり一極集中を避ける対策についての話はありませんね。
頼りになりません。常々日本の政治家にはもっと具体的な数字や目標を掲げてもっと国の未来や夢を語ってほしいと願っているのですがこういう危機的状況の時こそ国民が無用な不安を抱いたりしないように起きてしまったことに対して弁明したり反省したりだけではなくてこれから起こるかもしれないことに対してこうするつもりだ、こう準備していると説明してほしいと思います。
日本の政治家には本当にもっとしっかり仕事をしてほしいと願うこの頃です。

さてお話変わってJFLの方は町田が後半ロスタイムに劇的な得点を上げて三菱に勝ち、12位に浮上した模様です。これで4試合負けなしですね。調子は上向きみたいですね。
http://www.jfl-info.net/index.html
リーグおよそ三分の一を終えて勝点14。このままいけば45くらい?
JFLが18チームで闘うようになってからのここ3年、J昇格条件の4位チームは67、59、60でリーグを終えています。つまりゼルビアのノルマは勝ち点60ってとこでしょうか?調子が上向いてきたところでこれからはさらにギアを上げていかなければ最後に泣くことになります。
(ちなみに5位はそれぞれ66、58、57と僅差の結果です。)
このまま調子を落とすことなく地道に勝ち点を重ねて秋には優勝争いに食い込めるようにしていってもらいたいところです。
そのためには最低でも勝ち点1を取る、ぜったいに負けないサッカーが必要です。
(なにしろ残り23節のうち16節は勝たないとノルマ60は無理ですからね。)
攻撃陣に怪我の多いのは不運としか言いようがありませんがこれは選手にがんばってもらうしかないですね。
個人的には守備だと思います。武蔵野以降1点差の試合が続いています。
それはある意味1点差に抑えているともいえ、複数失点で連敗していた頃より良いのかもしれませんが武蔵野を見た自分としてはやはり「その1点を許してはいけないのだ」と感じました。
この1点をなんとしても獲りに行く、この1点をなんとしても守り抜く、そこの強さが足りないのだと感じました。それはプレスの弱さや遅さに見て取れました。
町田はコンパクトにパスをまわして前に行くチームだと思っています。ですが地域の頃からの失点癖みたいなものを引きずっている気もします。残念ながら失点しても勝ちきれるほど甘くないのが上のカテゴリーだと思います。
今節からアウェーが途方もなく遠距離なのがしばらく続きますね。クルバの皆さんは大変だと思います。みなさんの応援はきっと選手の力になります。
色々生意気言ってすみません。でもがんばって、集中して守ってください。

ベルマーレは久々に引き分けました。
http://www.bellmare.co.jp/?p=2707
風の強い中現地で応援された皆さん、お疲れ様でした。「黄緑といつまでも」歌えなくて残念でしたね。
でも、今季ホーム無敗ってすごくない!?
あたしが行ったときは引き分けだったの。今日行かなくて正解だった?

« 馬入で勝手にサカモトまつり前夜祭♪ | トップページ | そりゃないぜ、セニョール! »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223266/45046736

この記事へのトラックバック一覧です: どうかお大事に:

« 馬入で勝手にサカモトまつり前夜祭♪ | トップページ | そりゃないぜ、セニョール! »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ