フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« 春一番と初泳ぎ(訂正・2/26) | トップページ | まぜこぜと完璧 »

2009年2月17日 (火)

引き潮

満ち潮と引き潮、どっちがセクシーかなぁ。

昔はね、満ち潮って良いなって思ってたの。
モン・サン・ミシェルや厳島神社が海水に沈んでいく様は素敵だと思った。
でも最近は前に行きたいのに何かに引っ張られるように下がってしまう、ああ、切ない!って引き潮見ながら思うんだよ。
花粉症辛いな。生きているのが辛ぅなる。
別にもう観念してるからね、しゃあないとは思うんやけど、しんどぅてかなんわ。
あたしなんかもう人生後半戦。引き算やもん。何でこの期に及んでこないしんどい思いするねんとかってぼやきたくもなるえ。
それでも前を向いて時間と闘ってる。あがいてる。往生際が悪いんや。

なんで親になったんやろう?
まあ、産んだからなったんやけど…あたしみたいなんが親になってええんやろかと悩んだことも多し。(せやったら三人も産むな、言わんといてぇ~)
でもなんとか親やらせてもらてます。こんな無茶苦茶な母親に付き合ってくれてるこどものおかげです。
あと相方。もちろん共同制作者やけど、あたしがいつもこどもに言うてんのは「あんたらの父親におとうちゃんを選んだこと一点とってもあんたら一生おかあちゃんに感謝せなあかんで!」ってこと。ほんま、ええお父さんなんで。
もちろん腹たつこともあるし、しんどいことも多いけど、嬉しい事もたくさんあるかならなぁ。

娘が志望する高校へ進学することになりました。
いろいろご心配いただいた皆さん、励ましてくださってありがとうございました。

« 春一番と初泳ぎ(訂正・2/26) | トップページ | まぜこぜと完璧 »

育児」カテゴリの記事

コメント

お嬢さん合格おめでとうございます。
ひとつ片付きましたね。
お子さん3人いらっしゃるなんて
にぎやかでいいですね。って
そういう私も3児の母なんですが…
私は未熟者ですので、3人産んでやっと
一人前なのかなっと思っています。
それと「ほんまええお父さん」って言えるのはうらやましいです。いい関係を保ち続けるのは、やっぱり大変ですものね。
私が子供に誇れるといったらきょうだいをプレゼントできた事かな?
ひとつのものを複数で分け合う環境は、人生の縮図ですから。


こんばんは、kaworuさん、なんか共通項多いんですね、あたしら?

あたしは男に求める条件は「殴らない、薬やらない、ギャンブルしない」です。バブル期にそんなことを言うと「設定基準低すぎッ!!」って友人には言われましたが…父親としては最低項目でしょう?(o^-^o)
とにかく一段落つきました。新生活が始まればまた別の緊張感が待っているのでしょうが、とりあえずこれで個展に集中できます。
kaworuさんもお時間のありでしたら是非お越しください。heart04

クリスさん お招きありがとうございます。
私も共通項多い!って思ってました。
平塚ですよね。
今、末娘の通っている学校が平塚なんです(笑)
ちょっと遠いんですが、娘はがんばって通っているので遠くて無理とは言えないですよね。
人見知りするたちなんですが、前向きに検討してみます。
ちなみに私が男に求める条件は、もちろんクリスさんのあげていらっしゃる最低条件プラス「退屈しない」ですかね。つまらない男とは一緒に暮らせないですから。

ぐっ…その条件、関西の男にはmustでんな!「ぶっさいく」言われても嬉しそうに笑ってる関西男が一番言われて辛いのは「つまらん奴や」ちゃいます?
それでいくとあたしの一緒に暮らす上での条件は「食べ物とお笑いの嗜好が同じ」でしょうか!?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223266/44093348

この記事へのトラックバック一覧です: 引き潮:

« 春一番と初泳ぎ(訂正・2/26) | トップページ | まぜこぜと完璧 »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ