フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« 満月の夕べ | トップページ | Change the World »

2009年1月17日 (土)

巨星去り行く

アメリカ人画家、アンドリュー・ワイエスが亡くなった。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090117-00000010-jij-int
米国で絵を勉強した者として、非常にショックだ。
60年代以降のポップ・アートがあまりにも目立ちすぎていて地味な印象があるのかもしれないが、あたしはアメリカン・アートのリアリズムが好きである。
ワイエスやロックウェルは渡米前から知っていた。アートなのかイラストなのかと一部評論家の意見は分かれていたのだがそんなことはどうでも良い。彼らの分かりやすい具象画は寂寥感とリリシズムを湛えていて好きだった。
(ちなみに在米中にはベン・シャーンやオキーフ、ホックニーなどにも傾倒したけど一番好きだったのはエドワード・ホッパーだったな。)

昨日91歳で亡くなったワイエスの出世作は「Christina's World」と言われている。
「アメリカの原風景」「古き良きアメリカへの郷愁」「アメリカの質実と孤独」と評されるこの作品はメロドラマチックは構図が当初あまり好きではなかったのだが、ワイエスが描いているのは小児麻痺で足が不自由な55歳のクリスティーナ・オルソンという女性が草原のはずれにある家族の墓地に参るために地面を這って行っている姿なのである。
ワイエスが彼女と出会ったのは22歳の夏。それ以降彼はメーン州でつましく暮らすこの24歳年上の女性を30年に渡って描き続ける。
それほどまでの「描く対象」と出会えたワイエスは幸せだと思う。
それほどまでに美しいと思ったのであろう、彼女のことを。
75歳で亡くなったクリスティーナよりも長生きしたワイエスはその後描きたいものを見つけただろうか。失われていくアメリカの誠実を愛したであろう彼は、このところのアメリカに何を思いながら描いていたのだろうか。

どんなに望んで探し回っても見つからなかったのに、出会いは突然。
Never take it for granted
描きたいものが見つからない苦しさも、描きたいものを失う辛さも知っている。
だから会いたい人には会いに行く。描きたい人は描いておく。抱きしめたい人は抱けるうちに抱いておくのさ。
ただ願わくば、描かれている方はそんなこちらの情熱などには無頓着でありますように。
この出会いが当たり前だなどと思わないで。でもきみは、あたしに愛されることを当たり前だと思っておいて。
きみは、美しい。

というわけで血の気の多いおれは趣味の献血。
どうも血液不足は深刻らしい。
「緊急時献血ドナー」に登録した。
「長年ご協力いただいて血液成分、ドナー実施状況ともに大変良好です。ぜひご登録願いたいと思います。」
オーホッホッホッホ~☆当然ですわ!あたくし、外見はともかく内面には自信がございますの!先日骨密度も20歳代と出ましたし、骨格も完璧!血液良好との検査結果もあったりまえなのですわ!ええ、ええ、内面美人と仰って!
(え?ちゃう?内面って、そーゆーことやないって?)
O型の良い子のみんな!困ったときはいつでもおれを呼んでくれ!きみのもとへ必ず駆けつけるぜ!
いつまで献血できるかわからんもんな…
QueenのCDをゲット。フレディって45歳で亡くなったのな?ほう、ほう、フレディより長生きできたみたいやん。
長生きしてぇな?設定が41歳というバカボンのパパ越えを果たしたし、次はいよいよ信長越えか…
それまでに天下獲れるかなぁ

« 満月の夕べ | トップページ | Change the World »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223266/43767165

この記事へのトラックバック一覧です: 巨星去り行く:

« 満月の夕べ | トップページ | Change the World »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ