フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« とんど焼きもやってへんしぃ~ | トップページ | 巨星去り行く »

2009年1月16日 (金)

満月の夕べ

今年も1月17日がやってきます。
14年前、あたしはTVの前に座り込み、3歳と1歳の子供を抱きしめてずっと泣いていました。

流浪の人生で、兵庫県民だったのはトータルで5年ほどです。
東灘区、西明石そして加古川。
震災の年には神奈川にいましたが、自分の思い出の町が跡形もなく崩れ去っていく様子を信じられない思いで見ていました。
被災した親類、友人もいました。
あたしはなにも出来ない自分に情けない思いでいっぱいでした。

鈴木隆行選手があたしに「お前が描くのはおれだ」と教えてくれた年に先駆けること6年前、震災があたしに「絵を描け」とせまりました。
あの未曾有の大惨事はあたしに気付かせてくれたのです。
「生きろ!」
日本帰国後スランプに陥ったあたしは10年ものあいだ何を描いていいのかさえわからず、日々の仕事や子育てや暮らしに埋没して、身体は生きていても心は死んでいました。
でも燃えさかる神戸の街を見て思ったのです(明日死ぬかもしれへんのや)。
もし明日死んで、あたしのこどもたちがいつもぼんやりとして不機嫌な顔をした思考停止状態の母親しか覚えていないのはイヤだと思いました。
このまま死んだように生き続けて、自分の人生を自分で生きないまま終わるのはイヤだったんです。
生きよう、そう思いました。明日死んでも後悔しないように。
あの年は他にも地下鉄サリン事件や母親の病気などいろいろあって、自分の人生について考えさせられた一年でした。
一年考えて考えて、あたしが生きることは描くことでしかないのだと結論付けました。
それから6年近く、あたしのあがく日々が始まるのです。

相方の転勤で久しぶりに関西に帰ることになったのが震災10年後の2005年。
それまでに家族が増えたりいろんな仕事や住まいを転々としながらあがき続けるなかで「描く対象としてのサッカー」と出会い、やっと自分の人生を取り戻していました。
一方でそうした「新しい環境との戦い」「慣れない仕事や人間関係との戦い」「自分との闘い」のなかであたしの心はささくれ立っていたのかもしれません。

Image0002誰も助けてはくれない。所詮人間は一人。信じているのは自分だけ。

だけれど久しぶりに兵庫に戻り、震災を経験した人の話などを聞くうち自分の尊大さに気付くのです。
明日死んでも良いように、と、一生懸命生きてこれたのはまわりに恵まれていたからだ。
何もかも失って、それでも明日も生きていかなければならない人だってたくさんいたのだ。
震災から14年。赤ん坊は成長し、こどもは大人になり、働き盛りは年老いた。
明日あたしが死んで、あたしのこどもたちはどうなる?
それでも生きていかなければならない。ひとりで生きてなんかいけない。

知らんもん同士声掛け合って、困っとったら助け合う

被災した方が皆さんおっしゃることです。
あの運命の日から14年、あたしはまた神奈川へ戻ってきました。
月日が過ぎたこともあり、関西に比べて一般の人の関心の薄さを感じます。
被災したわけでもないあたしがめったなことを偉そうには言えませんが、やはり阪神淡路大震災のことは忘れるわけにはいきません。
神戸につながりのある者として、あの日運命が変わった人間の一人として、ずっと心においておきたいと思っています。

新しい年が始まり、新しい日々を生きていかなければなりません。
ひとつのことが終わるとなかなか新しいことを見つけるのが難しいです。
だからこそ、夢を持つことは大事だし夢は大きいほうがいいなと思うのです。
夢は大きく、目標は身近に現実的に。これがクリスのモットーです。だって夢はかなえるものだから。目の前の目標をひとつひとつクリアして、大きな夢の実現に向かって一歩一歩進んでいくのが理想です。
いつまでも夢を見続けるものじゃないと思っています。物語は完結しなければなりません。夢は、終らなければならないのです。
丑年の始まりです。平成ももう21年になりました。あたしの第二の故国とも言うべきアメリカではまもなく外国育ちの有色人種で同年代のオバマ氏が大統領に就任します。
あたしのおっきな夢は、まだまだ終りそうにありませんが、今年も目的意識をしっかり持って目の前の目標をこつこつ実現すべく頑張っていきたいと思っています。

« とんど焼きもやってへんしぃ~ | トップページ | 巨星去り行く »

心と体」カテゴリの記事

コメント

何をどう言葉にすればよいのかわかりませんが、心に訴えるいい文章ですね。
クリスさんのように「あの震災」から感じた何かを伝えようとするのはとてもいいことだと思います。
あかん、何言ってるか全然わかりませんよね、すみません。

kaiさん、あけましておめでとうございます。

気にせんといてください。あたしも何書いてるのかわからへん文章になってます。
こういうことでもなければ日々はさえないことばかりですが、今日をしっかり終らせて明日もしっかり闘いましょう。

こんにちは
兵庫県西宮市出身の私にとって、やはりあの日は特別な日です。
当時私も神奈川在住でしたが、あの日はいつもどおり5時に起きて、座ってボーっとしているとき、かすかな揺れを感じました。
そのあとは、愛する故郷の変わり果てた姿を映し出すテレビの前から動けなくなっていました。
家族や多くの友人たちが被災し、不自由な生活をしているのにも
かかわらず、なにもできず申し訳ない気持ちで一杯になりました。
幸いというか、知り合いには犠牲になったかたはいなかったのですが、みんな紙一重の経験をしていて、私などが入り込めない連帯感のようなものも感じました。
月日が経って街はすっかり再生したようにもみうけられますが、
もう戻ってこないものも数多くあります。
たくましく生きる関西人の血を誇りに思い、自らを振り返る日にしたいです。

ああkaworuさん、そうだったんですか。
おっしゃること、多くの共感を持って拝読させていただきました。

一人の人間は小さいですが、多くの気持ちを一つにすればいろんなことが出来るものだと思います。
人間良かったことも悪かったことも「なかったこと」にされるのが一番辛いと思います。あの日を忘れずに生きて行きましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223266/43755415

この記事へのトラックバック一覧です: 満月の夕べ:

« とんど焼きもやってへんしぃ~ | トップページ | 巨星去り行く »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ