フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« 2008年2月3日 - 2008年2月9日 | トップページ | 2008年2月17日 - 2008年2月23日 »

2008年2月15日 (金)

刈谷に帰りたかった

熊谷にはパパがお仕事で来れなかったJファミリーに先日の加古陸で2ヶ月ぶりに会うことが出来た。
熊谷で負けた直後、めいっぱい明るい声を作って一番に報告の電話をしたんだけど、いつもは厳しいノリのパパがとっても優しく慰めてくれて、泣きそうになったから慌てて電話切っちゃった。お引っ越しのことを言いそびれた。なので家に帰ってからお手紙を出して伝えたのだった。

「まだ、おったんかい!?」
再会時の開口一番、これである。ママは又優しくねぎらってくれ、28番の甥っ子姪っ子達は元気に飛びついてきてくれた。良いファミリーだなあ~。
「もう会われへんかと思っとった。刈谷で撮ったのがあるんや。クリスさんにも渡そうと思ってな。」
パパが写真をくださるという。写真なんか撮ったっけ?刈谷はずっとテンション高かったから、そういえばバカなポーズとって構図におさまってたかもしれない。
「本当にいつもありがとうございました。親切にしていただいたこと、忘れません。」
「なにを水くさいこと言うとんねん。当たり前のことやろ?こっちこそ倅を応援してもろうて感謝しとるんや。」
「そうですよ~。クリスさんのおかげで試合見るのが楽しかったんやからねえ。孫達も可愛がってもろうて、喜んでましたからね。本当にありがとうございました。」
泣いたらあかん、泣いたらあかんで、クリス(T^T)!!

楽しかったなあ、刈谷。
♪FCぃ~、か・り・や!FC~ぃ~、か・り・や♪
連勝しての二日目、同じ会場で夜FC刈谷がアルテ高崎と対戦するというので観戦した。
試合後連れが「出待ち」している間、あたしはゲート前で応援歌を鼻歌で復唱しながらホットココアを飲んでいたんだ。
「あの...神戸の方ですよね?」
「はい?」
あたしはバンディのマフラーを巻いていた。
「やっぱり!試合見に来てくださったんですね。」
刈谷のマフラーをしている青年がニッコリ。
「お邪魔してます。地域決勝、来られてましたね?」
「ぼくらも地域決勝は気になる大会ですから。それにこのホーム戦に来場してもらえれば、って思って声かけしにいこうって思ったんで。」
「ご苦労様です。」
「まあ内容はあまり良くなかったですけどね。すみませんでした。」
「そんな、とんでもない...応援歌、すっかり気に入っちゃいましたよ。♪さ~あ、一緒に歌おう♪」
「ありがとうございます!バンディさんも少数精鋭でいいサポートなさってましたね。」
「まあ人数少ないってことでね...」
「いや、本当に!リズム感とか服装とか、なんかユニークでカッコイイって僕たち言ってたんですよ。こりゃあ神戸が勝つな!って。」
「ありがとうございます。でも、まだ明日がありますから。」
「バンディさんなら大丈夫ですよ。それより来週ですよね。決勝勝ち抜いて、来年はJFLチームとして刈谷に戻ってきてください。」
「ありがとうございます!刈谷さんも来季は優勝めざして頑張ってください!」
期待に添えませんでした。すみません。今度こそ、今度こそ......う、う、う。

JFLが3/16開幕だそうで、スケジュールが出ている:
http://www.jfl-info.net/
うわあ、開幕2戦ともびわこ滋賀でやるんだ~。もしバンディが昇格してたらあたし、引っ越しする前にJFL戦、2回とも見れてたかもしれんやんか!
ああ...言いますまい、言いますまい。
もう新しい目標を立てて、前に進むしかないんだ。
どのチームもどの選手もどのサポも、そうやって毎年死んで毎年生き返る。

なのにいまだにはっきりしない人もいて...日曜早朝に試合があるかもしれないって?
五輪組と対戦って、単なる話題作りに終わらせないでよ。人寄せパンダ的扱いはもうたくさんだ。どうしていつも、そういう方向にはまり込んじゃうんだろう?
あたしが引っ越すまでには、どこかに落ち着いてよね。
今年こそ、元気にプレーしている姿を、見せてよね。

♪さ~あ、一緒に歌おう♪

2008年2月14日 (木)

My Funny Valentine

謝るにしろケンカするにしろ、出向いていって直接話すのが一番の解決法だと思っている。
話せば分かる、と思っている根っからのお人好し。
人の悪口は本人の目の前で言う。陰口は嫌いだ。
だから出向かない限り、自分が不利になっても行かなかった自分が悪いとも思う。
行動こそが正義。赤井英和も言ってたよ「力のない正義は無意味だ」ってさ。

昔イラン人の友達がいた。
アメリカに行って最初に声をかけてくれた子。
イラン革命で資産家の父親につれられアメリカに亡命していた。
でも悲しいかな両国関係は最悪。モハメドはいつもアメリカ人にいじめられていた。
あたしは何も出来なかった。英語が喋れなくて、止めることも出来なかった。
友情の無力さに打ちのめされた。弱い自分が大嫌いだった。
強くなりたいと思った。理論武装して友達を守りたいと思った。
でもお互い英語が流ちょうに喋れるようになって再会したときモハメドは言ってくれた。
「クリスはボクの知っている中で最高にクレイジーな東洋人だ。いつも面白いことを言って、いつも突拍子もないことをやって、ボクを楽しい気分にしてくれた。友達になってくれて嬉しかった。」
強くなくても闘える武器を手に入れていたことを知った。「お笑い」だ。

男でも女でも、仲良くなりたいと思ったらまず相手を笑かそうとするようになった。
関西人の悲しい性かもしれない。
なぜかひとつところにとどまれない運命なので、何処へ行っても「日本代表」であり「関西代表」。だから相手に対してあたしが背負ってる場所の悪い印象を持ってもらいたくないという妙な使命感があるのかもしれない。逆に遠くの町や国から来てがんばっている人は無条件に応援したくなる。自分がいつもそうだし、自分もいろんな人に親切にしてもらってきたから、その人達にもこの町やこの国に来て良かったなと思ってもらいたいと感じる。

だからどんどん声をかける。はりきって笑かす。手強い相手ほど燃える。(ぜってえ笑かしたる!)ってね☆
中国人もタイ人もミャンマー人もみんな良く笑ってくれる。だから好き。
中国は嫌いになれない。あんなに美味しいものがある国だよ!?
(ああ、あれだけ素敵に中華鍋振れるんだからきっとあたしのことも上手に料理してくれるわ)なんて思っちゃう。
あ、ここでクリス行きつけのタイ料理のお店を紹介しましょう。もう、引っ越していけなくなっちゃうから今までのお礼も込めて宣伝だ:
「Basil-バジル-」
加古川市加古川町備後61-1メゾンソレイユIII103
TEL: 079-456-1805 (水曜定休)
バイパス加古川ランプを降りて南下約1.5km明姫幹線手前左側・店頭のバタンコが目印
クリスのお薦めは生春巻きだよ!あとやっぱりカレーは捨てがたいね。
タイ・グルメの本場、東北部からシェフを招いて本格料理を提供しています!アシスタントの子もみんな若くって、店内はタイのロックやポップスが流れております。他にやってる人は見ないけど、クリスはいつも辛さを調節してもらったり(合い言葉は「手加減抜きで!」)お土産をテイクアウトさせてもらったりしているよ☆

Kiss日本の男を笑かすのは難しい
まあ関西人だと(オレの方がもっとオモロイ)と対抗心が燃えるのかもしれんが、お笑いに落ち着けるからまだ良い。
東男はすぐ本気にするから困る。シャレやって、シャレ...

SHARE ローマ字に置き換えると「分かち合う」か。
笑顔が分かち合えるのがお笑いか。良いこと言うじゃん、自分。

大好きな人の笑顔を見るために、どこへでも駆けつける。
大切に人を守るために、お笑いの重装備。どこからでもかかってきやがれ!
チョコレートだってなんだって良い - あたしがあげたものをあなたが口に含んでニッコリする。
なんてセクシー♪

2008年2月13日 (水)

さよなら天使ちゃん

さよなら天使ちゃん
大雪警報が出てお兄ちゃんの学校はお休み。
実はこの春、あたしの人生でとても大きな別れが訪れようとしている。
お兄ちゃんはもうあたしたちと一緒に来ない。
ずっとみんなでいろんな町を巡ってきたけど、もう自分の居場所を見つけたから、彼は一人でここに残る。
あたしも15でアメリカに向かい18で家を出た。
お兄ちゃんは16歳。
もうあたしの天使はどこにもいない。

午前中は一緒に入寮に向けてのショッピング。お昼を食べたら爆睡。まだまだ可愛い寝顔なんだけどなぁ。

「なんや起きたんか?」
「学校行ってくる。」
「休みやろ?」
「ちゃう。中学。」
「なんで?」
「お世話になった先生や後輩に挨拶してくる。」
そうだな。兵庫県に残るとは言えこの町を出ることは変わらない。
「あんたも律義やな。」
「挨拶は大事やって母ちゃんがいつも言うてるんやんか。」
そうやった。ありがとう。

メッセージは受け取った、か…。これからの2年はきみにとって濃密なものになる。どうか充実させてくれ。

永訣、ではない。泣くもんか!
でも…サッカー青年たちの高校寮生活の武勇伝を聞くに付け、もう笑ってはおられず、なクリスでございまする。
母は心配だぞぉ~っっっっっ!!!

2008年2月12日 (火)

これが「ぞうさん」だ!

宮崎大輔くんの2/11付けブログにて、つ、ついに彼の腹筋による「ぞうさん」画像がアップされております!必見!!
http://blog.livedoor.jp/m_daisuke7/
もう、大輔くんったらほぉ~んとにおばかさん☆

これが「ぞうさん」だ!でもってこちらは寝ていたお兄ちゃんの足首に巻かれた今年のニュー・ミサンガでございます。バンディのチームカラーである赤の糸に紺と白のビーズを通してみました♪お兄ちゃんの学校のチームカラーも赤なのであげようかと思ったのよ。ちいさいころはいつも母の応援しているチームのミサンガを母とおそろいで付けることを喜んでいた天使ちゃん。でも「おれらは赤と黄だから。紺だとあかんよ。」とあえなく却下。フン、フーン!もうおかあちゃんよりお友達の方がいいのね!母のチームより自分のチームなのね!!いいもん、勝手にしろ!!!...ってなわけで、今はあたしの右足首に巻かれております。
新生バンディを応援する気持ちを新たにしたクリス!今季はこれを身につけ、JFL昇格を目指します!!

2008年2月10日 (日)

兵庫県教育リーグvs大分県選抜

大分県選抜 対 バンディオンセ神戸 (キックオフ12:00)
会場・加古川陸上競技場、天候・晴れのち曇り一時雨、ピッチ・天然芝(スリッピー)
兵庫県教育リーグvs大分県選抜4-2で新生バンディは白星をあげました。

会場到着時はピッチは昨日降り積もった雪に覆われ、両軍選手一同雪かきをしていました。体力自慢の人数が多い分、作業は短時間で完了するも芝生が乾くのを待つとかで試合開始時間が30分延期されたんだ。
前半と後半でメンバーを総入れ替えしてコンビネーションを見ることにしたバンディ。2/1新体制が発足し、まだ全メンバーが合流しないなか正味一週間しか練習(フィジカル中心)できておらず、まあ内容は最初からあまり期待できないからね。
それより選手たちと会うのは熊谷以来だ。ごっそり入った新入りたちの顔と名前も覚えなきゃならん。さっそくアップしている山賊達を見に行く。

まずは去年からの「残留組」に声をかける。
「あ、21髪型変わっとる!」
「こんにちは~」
「だれかわかれへんかったわ。」
「お、19今日は出るんか?今年は頑張れよ!」
「ありがとうございます。」
「あ、8、結婚おめでとう~」
「どうも!」
「結婚ボケしてへんやろうな?今年こそ決勝大会たのむで~」
「はい!」

次は新人くん達。顔と名前が一致しないどころか、さっぱり分からない。
「社長~、新人くん達紹介して~。」
「キックオフ遅くなってんやろ?寒いなかなんもせんと待ってるの辛い~。」
「あかんな。背番号分からんとどうもならんな。」
「点呼でもするか?」
「ほな気になってる選手あげてみてくれます?」
「えっとな、天皇杯で目立っとったIくん。」
「はい。Iくん!どこ?」
「ぁ、はい!」
突然呼ばれて反射的に立ち上がるストレッチ中のIくん。ウェービー・ヘアがらぶりぃな22歳。
「ああ、ストレッチ続けててくださあ~い。で、Iくん、背番号20番、168cm、63kg、関学出身で間違いありませんか?」
「はい!」
「だそうです。覚えました?」
「覚えた。覚えた。」
「ありがとうIくん。最後にきみのお気に入りの筋肉の部位、教えてくれる?」
「え?あ、えっと、ふ、ふくらはぎかな?」
「上の方?下の方?」
「下です!」
「ヒラメ筋。覚えてね。」
あっけにとられるIくんを置き去りにして次行く。
「他に気になる子は?」
「韓国から来た子?Lいうらしいけど。」
「韓国?日本語分かるのやろか?Lくーん!Lくんいますか?」
びくっとしてこちらを見上げる青年あり。まわりにつっつかれて「はい!」とお返事。
「きみ?Lくん?」
小首をかしげてこちらを見る。なにか言ったみたいだけどわかんない。
「日本語、わかんないのね?アンニョンハセヨ~」
「アニョハセヨ」
「通じた、通じた。26番みたい。これ以上は無理やね。」
言葉分からなくても神戸に来てくれた背番号26、173cm、66kgの屈強な体つきのナイス・ガイは22歳。
「他は?」
「Nは?クリスN見に来た、言うてたやろ?」
「ああ、そうやった!Nくう~ん!どこ!?」
「は、はい!」
「バンディへようこそ!170cm、68kg、背番号16番やね?」
「は、はい!」
「今年はクリスNくん中心で行くし!」
「あ、ありがとうございます?」
「ご自慢の筋肉の部位教えて!」
「ぼくはここです!」
「三角筋。覚えてね。」
そんなこんなのパドック観覧終了。

ちなみに上記3名新人くん達は前半先発組。Iくんはサイドを果敢に攻め、Lくんはメンタルとフィジカルの強さを見せ、Nくんは前半唯一の得点を決めてくれました!良い子達ね。

後半は前半組よりボールがおさまり、上記19番くんが2得点の猛アピール☆新人くんではあきらめずに頑張る姿勢が今までバンディにはいなかったタイプのFW、Sくんと、寡黙に危険をつみ取りに行くDF、Yくんが印象に残ったかな。まあ、いずれにせよ調子はまだまだ。これからどんどん素敵な山賊達に育ってくれることでしょう。

ちなみに後半にはマイハニー・シゲルが登場!やはりこの男がいるとゲームが締まります。
「あ!ちょっと、あそこに座ってるの、シゲルじゃないの?」
「あ、ほんまや。今日は来えへんと思ってたのにな。」
「やあああ~ん、シゲル~!ヘイ、ベイビーこっち来いよお~。話、しようぜ~。」
「絶対、来ないと思う。」

そんなこんなで寒い、寒い、観戦終了。
でもやっぱりサッカー楽しい。生観戦、サイコー。久しぶりにサポ仲間の皆さんにも会えて嬉しかったな♪直接引っ越しの挨拶しそびれていた人にも会えたし、良かった、良かった。(まあ、すでにご挨拶した方々からは「まだ、おったんかい!?」的リアクションを多数頂きましたがね...フン!)

不思議だね。メンバーはガラッと変わっちゃったのに、やっぱりバンディ大好き!
そりゃあ寂しさもあるんだけど、悲しくはない。お引っ越しするのも寂しいんだけど、辛くはない。
まだまだチャンスがある限り、バンディ見に行く!これからも一生懸命応援するのだ。

« 2008年2月3日 - 2008年2月9日 | トップページ | 2008年2月17日 - 2008年2月23日 »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ