フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« 2008年1月6日 - 2008年1月12日 | トップページ | 2008年1月20日 - 2008年1月26日 »

2008年1月19日 (土)

あんまりあなたが好きなので

アキが大分に移籍ぃ~(ToT)
まあ昨季は出場機会が激減し、本人も自分の身の置き所が見つけられなくなっちゃったのかもしれないけど、ユースからの生え抜きだけにガンバでスターになって欲しかったなあ。
大事にされすぎて本人もハングリーさに欠けていたのかな?
残念だぁ、寂しいよぉ、えええ~ん!!
Aki_3どうか大分の皆さん、アキをよろしくお願いします。
21歳です。これからです。育ててください。可愛がってあげて下さい。
(願わくば、逞しくなって来年にはガンバに戻ってこられますように!)

2004年の新潟戦でいきなりゴールを決めた鮮烈のデビュー時はまだ現役高校生。
(ガンバにも久々に派手な新星が!!)と思い、ぜひ生でプレーを見たいと思ったものです。Scan10091
翌年兵庫に引っ越し、早速長年の夢であった万博観戦を果たし、もちろんアキも試合に出場していました。その年は背番号14を背負ってリーグ優勝のピッチにも立っていました。
試合にいっぱい出ていた「14番」を万博で何度も見られたのはクリスにとって幸せでした。

ひょっとしてあたしが去年バンディにかかりっきりで試合見に行かなかったから、おまけにもうすぐ関東引っ越しちゃうからアキも期限付き移籍を決意したの?やあああ~ん!アキったら早く言ってよ。

好きなチームであまりにも好きな選手を作ってしまうとこういう時辛い。
アキはまだあたしのハニーになりきれてなかったから、これで出場機会が増えて彼がより成長できるのなら、と納得して送り出せます。

あたしの幼なじみに昨年、幼い甥っ子を難病で失った人がいます。
その子がシジクレイ選手のファンで、それを知ったガンバ関係者がシジに告げたことがきっかけで交流が始まったらしいんだけど、彼女も付き添ってるうちにシジのファンになったそう。彼女、どっちかってえとスポーツ選手よりジャニーズって言うタイプだったはずなんだけど、変われば変わるよ。
シジはその後車椅子のその子を万博に招待したり、一度は「エスコート・キッズ」として彼を抱えてピッチに連れ出したこともあったし、症状が悪化したと聞くと試合で活躍して見せてゴールをプレゼントしてくれたこともあったらしい。
その子もシジの勇敢なプレーと優しい心使いに励まされ、最後まで病気と闘ったと聞いています。友人はあたしの画集を墓前に供えてくれたそうです。

少年の死後もシジとの交流は続いているそう。
すっかり彼女もサッカーおばかさん。正月は国立に行けなかった、とあたし以上のくやしがりようだ。まあ、ガンバの応援、というよりはシジの応援なのか?
「シジのお見送り行ったんや~。」
「うん!」
「あのさ、絵、できたよ~。」
「ほんま!?」
「うん、なんとか間に合ったから持って行くしい~。」
「ありがとう!シジもよろこぶわ!」
って、お前はシジの嫁か?...まあ、ええわ。気持はわかる。
Image0001

彼女にとっては小難しいことはぬきだ。
チームを応援する、選手を応援する、サポーターとは?応援することとは?
そんなのどうでもいいんだ。

恋してるんだもんね?彼はヒーロー。
素晴らしいじゃないか。気持ちの命ずるまま突っ走れ!
きみの恋路(^-^)のお手伝いが出来てあたしも嬉しいよ。

2008年1月18日 (金)

解き放て!

今夜はおうちタパス♪
あたしって2002年からスペイン語のお勉強してんの。スペイン語圏の友人が多いので彼らの言語を知って、できればスペイン語で会話できればなあ、なんて思ってね。
さっぱり頭に入ってこないんだけど、とりあえず毎週NHK見てます。
解き放て!で、お料理の紹介なんかもあるんでレシピを覚えては作ってみたりします。本日はたこのガリシア風に舞茸のトルティージャ、鰯のチーズ揚げと枝豆の春巻き、ひよこ豆のサラダとバタールに白ワイン。(映ってないけど、残っていたパエージャもお付けしました。パエージャはコスタリカ出身の友人に教えてもらったレシピで、シーフードではなくチキンと野菜で作ります。)

好きよ、スペイン。連れてけ、エスパーニャ。
お陰様で「スペイン・サッカー」にまつわるコラムの挿絵を担当させていただいております。
好きでやっていることが、何年か後に仕事に役立ったりするなんて、本当に人生何も無駄なことってないんだナアって思います。
3回連載の予定でしたが、「サッカー批評」掲載の小宮良之さん執筆によるこのコラム、3月発売予定のvol.38でも掲載されることになり、引き続き挿絵をということで先日編集部よりオファーを頂きました。
ということで現在制作進行中です。どうか楽しみに待っていて下さい。

そんなこんなで気分はすっかり情熱のエスパニョーラなわけですが...
今年のテーマを決めました。
「解き放て!  -  Let go!」でございます。
2003年に父を亡くしてから、その年のテーマを決めて目的意識を持って日々を過ごそうと努めております。

'04  Be Myself  - あるがまま
   前年がかなり肩に力が入ったものだったのでこのテーマを掲げました。「自分を取り戻そう。自然体になろう。好きなことを突き詰めよう。」という感じです。鈴木隆行選手が好調だったり、アテネ五輪で競泳陣が結果を出したりで、制作も快調でした。

'05 Close to You  - もっと関わっていこう
   前年が保守的だったのでもっと色々なことに関わっていこうとこのテーマを掲げました。ただこの年転居することになり、結果として遠征が増えたり、新天地で人脈が広がったりということになりました。

'06 Open Heart - 殻を破ろう
   前年が全般的にバタバタしていたのでじっくり自分の絵と向き合い、制作に取り組もうと思いました。なかなか答えは出なかったのですが、この年にしっかりしゃがみ込んだことで、翌年の跳躍に繋がったのではないかと思います。

'07 No Border  -  自分を越える
   この年についてはすでに昨年最後のブログに書いたのであえてふりかえりません。でも本当に、ボーダーラインを飛び越えていった一年でした。

で、今年ですよ。すでに引っ越して関東に戻ることは決まっています。
「Let Go  -  解き放て!」
去年一年の飛躍や出会い、一期一会に感謝しながらもっと表現していきたいと思います。
人間生きるのも一回、死ぬのも一回。
文句を言ったり不幸になっている時間はもう、あたしには残されていない。
生きる喜びを、描く楽しさを、サッカーの素晴らしさを、心と躰をふりしぼって伝えたい!

不肖クリス、今年も精進します。応援して下さい。本気です。

2008年1月17日 (木)

初泳ぎ

1月17日というのはめったなことは書けないんだけどやっぱり今日は1日、あの日被害にあった人達のことを考えてしまう。
13年前の阪神淡路大震災の日、燃えさかり崩れ落ちていく神戸の映像を見ながらひたすら泣いていた。そしてあの日から、自分の過ごし方をよくよく考えるようになったのだ。
あの日がなければ、今でもあたしは描くことが出来ずにいたかもしれない。
だから、あの日のことは忘れない。解き放て!毎年この日は非常食の賞味期限を確認して、期限切れのものを夕食に出す。
そして大豆と麹と塩を買ってきて味噌を仕込む。
生きていることに感謝して。

解き放て!でまあ2008年初泳ぎだ。クリスのマイ・プールは別府港ってちっちゃな漁港の近くにあってね、海岸線沿いはずっと神戸○鋼があるもんだから市内で海がちょこっとでも直接眺められるのはここだけなんだよ。

なんかかわいい船も停泊していました。思わず写メ!解き放て!

久々に泳いで疲れちゃった。だめだな~。
で、どうしても泳ぎたくなっちゃったわけは先日行われた五輪水着の発表会よ!http://mainichi.jp/enta/geinou/graph/200706/01_4/index.html
これはミズノね。あたしはずっとspeedoっ子なんだけどブランドが変わっただけで制作は今までも美津濃だったわけだから変わらないかなあ?まだ新ブランドになってからは買っていません。
しかし競泳水着のお披露目にオスカープロモーションとは派手になったもんだ。
ま、個人的にはどのお嬢さんよりも寺川綾ちゃんが美しいとは思うがね。

http://mainichi.jp/enta/sports/graph/2008/0116/index.html
で、こちらはデサント。ミズノに比べると地味な発表会だけど、柴田亜衣ちゃんがすっかり綺麗になっててビックリ!身体が出来てきてるわね~。こりゃあ日本選手権が楽しみだ。
で、あたしのお目当ては自由形日本記録保持者の佐藤久佳くん!やっぱりワンダホーだわ~☆ビューテホーだわ~★
やっぱりナイス・バデーといえばスイマーよね。(サッカーも素敵なんだけどね。日本人の場合はどうしても上半身がね、クリスには物足りないの。あ、ハニーは別よ!例外的にステキよ!!.)
そしてなかでもセクシー一等賞は自由形だわ。
山野井智広くんが見られなくなってから寂しかったけど、佐藤くんが出てきてくれてとっても嬉しいクリスです。
佐藤くんには日本競泳界のエースとして、個人&リレー共に頑張ってもらいたい!「ハニー」はタカユキだから佐藤くんはクリスの「シュガー」ですっ!!(昔応援してたチームにサトウくんってのがいてさ、ニック・ネームが「シュガー」だったの。ベタ...でも借用しちゃうんだ~♪)
頑張れ、競泳日本代表!!!

あ、ハンドボールは女子代表、加理奈ちゃんははずれちゃったみたいね。
まだまだチャンスはあるわよ!くじけずがんばってね!!

2008年1月14日 (月)

若者殺しのこの国で

たいへん、たいへん、クリスティアーノがハット・トリックよお~♪
やあああ~ん☆

Crってなわけであたしもクリスティアーノ三連発よおおお~!

Jump顔良し、身体良し、技術良し!神様のえこひいき~!!これで22歳だなんて、これからホントにどうなっちゃうのおおお!?

Christianoもうどうにでもなっちゃえええ~(^o^)/
24歳まで待てない!!ステキよ、ラヴァー・ボーイ☆愛してるう~♪

って、違うだろ、今日は高校サッカーだろ!?

でもう、藤枝東応援してたから最後まで見れなかったの。
もう、今年はダメだね。負けそうになったら最後まで見られない。
どんな試合も最後まで付き合う、って信条だったはずなのに、高校生が負けるのを見ていられない。可哀想でたまらない。年取ったかなあ?
あと、ひっくり返してくれるかもって感じがしないのね。
最近の若い子はいったん切れるとあれよあれよという間に負けてしまう。
だから(ああ、もう、勘弁してあげて!)って雰囲気になっちまう。
負けてうなだれている子供を見るのは忍びない。

失敗は誰にでもある。
きみらは自分が許せないのだろう。
でも、大人になったら分かる。
きみらはすでに、許されているのだ。
きみらは最初から、愛されているのだ。
だから恐れることなく球を蹴れ。
怖れを知らぬ若者をこそ、我々大人は見たいのだ。

二十歳を迎える君達。
あたしだって昔からおとなだったわけじゃない。
まあ昔ッから、こどもらしかったわけでも、女らしかったわけでも、若者らしかったわけでもないけれど。
でも、この年になって分かることは周りが見えてきたってこと。
二十歳の頃は本当に、自分のことでいっぱいいっぱい。周りなんか見えやしない。
それでも許してもらってきた。
回りに見守られてなんとかここまで来た。
だから少しは頼りにしてくれ。
気がついたらもう、きみらを受けとめるサイドに立っている。
頼りにならないかもしれないけどさ、あたしだって一度は若者だったんだ。
君達を迎えるに値する、素晴らしい世界を用意してあげられなくて申し訳ないんだけどさ、それでも一生懸命やってきたんだ。
大人になりたくないなんて言わないでさ、こっちへおいでよ。
仲間にお入り。
人生は楽しまなきゃね。

こんなはずじゃなかったと、騙されたと思ってるだろうか?
あたしは思っていたよ、きみらのころは。
失われたあたしの二十代。
でも世の中のせいにしたって、時代のせいにしたって、だれも報いてはくれない。
だからあたしは決めたんだ、自分の人生を生きようと。
夢を本気で追いかけたことのない奴に、夢を忘れるなとか言われたくない。
忘れたくても忘れられない、あきらめきれない辛さが分かるか?
夢を求め続けるしんどさを経験したことのない奴に、夢をあきらめるなとかいわれたくない。
先の見えない暗闇を、身に炎を灯しながら進まなければならないんだ。
でも大人になってこうも思う。
夢を追えなかった人の無念を、夢を見つけられなかった人の虚しさを、あたしは所詮理解できない。
心に情熱をもてたことを幸せに思おう。
人に夢を託してもらえるなんて、人を感動させるなんて、そうそう出来ることじゃない。
若者殺しのこの国で、まっすぐ育つことの難しさよ。
あたしは押しつぶされたか?あたしは奪われたか?あたしは折れてしまったか?
いや、そんなものではない。
辞めたくても辞められない。中毒なんてもんじゃない。
悪い女にとっつかまったみたいに、未練たらしく追いすがる。
もう、いやだ。こんな辛い思いまでしてなぜ描くのだ?この役立たず!!
でも...気がついたら描いている。描かずにはいられない。
情熱とはそういうものだ。

大人になろうとしている若者達よ。
何度でも言おう。きみたちはすでに、許されている。
恐れず挑戦しろ。
君達は美しい。

2008年1月13日 (日)

描き初め - We'll be together

今日も元気だお風呂がぬるい!
ぁ、どうも、引っ越し先は絶対追い炊き機能付きのお風呂がある家にしたいと願っているクリスです。

さて、新生活に向けて色々とお買い物。
子どもたちとそろってお出かけできる日々もあとわずか...
感傷的になっちゃう、くすん!

で、お兄ちゃんのお見立てでジーンズ購入。
実は昨年バンディオンセ神戸応援し始めたときは声出しするつもりなかったからレプリカ買わなくて、すでに持っていた赤いお洋服を着回してたのね。でも決勝大会はやっぱ特別な格好して気合いが入ってるところを仲間や選手に見せなきゃ!って思ったの。
予選ラウンドはタイトな感じで行こうってボトムはレザーパンツにして、刈谷は寒くなるって聞いたからトップはダークなアンダーに赤い上着を重ね着する感じにしたわけ。
で、めでたく決勝ラウンド進出で今度は自然体で行こうって思ったのよ。チームカラーは赤と紺だったからボトムはやっぱりジーンズよね!って思って、でもあたしが持ってたのはもうだいぶ古くて紺からはほど遠かったから新しくユ○クロで買ったの。
ところがどうなの、最近のジーンズってローライズが多いじゃない?試着したときは気がつかなかったけど家に帰って履いて、しゃがんだらおケツ上半分が丸見えなわけよ!
まあ、しょうがないから熊谷に履いていったんだけどさ、落ち着かなかった~。
(敗退の原因はこんな所に...!?)

みんな応援の時に着ていた服にジンクスもったりする?
(この服着てるときっていつも勝てねえよなあ~)みたいな...

長野ではミニ履くと勝ってたんで、決勝大会でも着用したら全敗。それ以来サッカー応援でミニ履くの辞めた。(まあ、年も年だが...)
で、今回ただでさえ着心地が良くない上に悲しい思い出まで出来てしまったジーンズは最近母とサイズが同じになってきた娘にあげて、新品購入したわけ。

別に流行を否定するわけじゃないんだけどさ、あのローライズは体型選ぶと思うよ。

描き初めなんていうかやっぱさ、こちらのお二人さんのようにがっつり腹直筋が引き締まっててなおかつプリッとお尻のお肉が盛り上がっちゃってるようなナイス・バデーだったらいくらでも引き下ろしてはいちゃってくださいって思うけど、なんかどう見ても腰回りの筋肉足りなさすぎてただずり下がってるようにしか見えないヒップ・ハングが多いでしょう?酷いのになると短い足が余計に短く見えてるようなさ、おパンツ丸出しって感じの人もいるでしょう?
あたしは美しいものが好き。
公共衛生と町の美化のためにも、ローライズ着用なさる方はもっと腰回り鍛えてください!

ってなわけで今度はジャストフィットなジーンズ。
でも、決勝大会からこの方全然トレーニングしてないから、身体がだぶついている。
久しぶりにブートキャンプ。ついて行けないよ~(ToT)
来週からトレーニング再開して、しっかり頑張ります。
でもさあ、あたしってお尻にお肉が付かないタイプでね、ぺったんこ!大臀筋鍛えるようになってからますます男らしいケツになってきて、風呂場ですっぽんぽんでも男に間違われるし、満員電車で女痴漢には触られるしでヤバいっす。
どんなにがんばってもプリッとかわいいヒップハングが似合うお尻にはなれそうにありません(;-;)

本日は初泳ぎや初筋トレに先駆け、描き初めでございます。
今年もガンガン描くぜ!!

« 2008年1月6日 - 2008年1月12日 | トップページ | 2008年1月20日 - 2008年1月26日 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ