フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« 2008年6月22日 - 2008年6月28日 | トップページ | 2008年7月6日 - 2008年7月12日 »

2008年7月 5日 (土)

湘南ひらつか七夕まつり

関西リーグ第12節、バンディは久々の完封勝利です!
http://www.banditonce-kakogawa.jp/news01/41.html
この勢いで残り2試合は完封のリーグ完全勝利をめざしましょう☆
なんといっても次節は今季最初で最後の加古陸ですよ!Let's PARTY, you guys♪

J2第24節湘南ベルマーレはホームで水戸に0-1で敗れてしまいました。
ショボーン…一夜限りの七夕ユニが泣いてらぁ…でも!クリスは今夜初めて平塚の夏の風物詩、「湘南ひらつか七夕まつり」に家族で行ってきましたよ。すんごくお飾りがきれいで、出店もすごく多くて、あと人出も半端なく多かった!

見て、見て~。がんばれベルマーレのお飾りもちゃんとありましたよ~。
ベルマーレのブースもあって福袋買いたかったんだけど、まだ平塚のことがよくわからなくてブースを見つけられませんでした。残念!

2008年7月 4日 (金)

ロシアの番長

あら、あら…
Tzar_2久しぶりにマラトがセンター・コートに帰ってきたと思ったのに、もう準決勝でフェデラーに負けちゃったのね。
せっかくW☆WW☆W加入したから見ようかと思っていたのに、つまんなあ~い!!!

ってなわけで今からEUROの再現、準決勝もう一本のスペインのナダル対ドイツのシェットラーだそうだけど、どうでもよくなっちゃったな。
「番長」と呼ばれていた3年前から長い不振を経て、その後のマラトが「大人」になったのか「番長」のままなのか…個人的には番長のままの皇帝を拝見したかったものです。

2008年7月 3日 (木)

馬入の私

ベルマーレの練習場の近くに「弘栄堂」さんという老舗菓子司があります。
Photoそちらの郷土菓子がこちら、「馬入の渡し」です。
あっさりした甘みの蒸しカステラのようなお菓子で、小豆餡とマンゴー餡の二種類がありますよ~。
練習見学のお土産にいかがですか?

今日は曇りで風も強い。
でも、週末の久しぶりの快勝でチームは元気いっぱいだ。
Groundやっぱり勝つのが一番だね。雰囲気明るいです。
最初はなにやらキックベースボールのサッカー・バージョンのようなゲームを使ったトレーニングでした。
途中から入ったのですがどうやらアジエル選手がルールを好きなように解釈してどんどんゲームを進めているらしく、「ルールむちゃくちゃだよ!」って叫んでる選手もいました。それでもみんな楽しそうでした。
ゲームは結局アジエルじゃない方のチームの勝ち。ずるしちゃダメね。

今日はなんと中田英寿さんが練習参加していました。
ヘアスタイルが変わっていたので最初は(似た人がいるなあ)などとのんきに思っていました。
やはり中田さんにとってはベルマーレは日本におけるホーム・チームなのでしょうかね。(先日も財政的にバックアップをすると表明なさっていましたし。)
こうして自然体で練習場に顔を見せてらっしゃるのを見ると嬉しくなります。
きっとベルマーレのサポのみなさんが日本を離れる前の中田選手に暖かく接したからなんでしょうね。

しかし、ただでさえEURO終わっちゃって寂しかったのにヒデの生プレー見ちゃうとなんか色んなこと思い出してきちゃってちょっとセンチメンタルなクリス。
今日はやたらとみんな残ってシュート練習とかがんばってるし、お先に失礼してきちゃいました。

2008年7月 1日 (火)

ラザロの心臓

もう早起きしなくていいっていきなり言われちゃってもなァ…
あ、どうも、EUROが終わっちゃってとっても寂しいクリスです。

スペイン優勝して、バンディ優勝して、とっても嬉しいはずなんだけど、なんか寂しいよなあ~。
夏はこれからだってのに、まつりが終わっちまった。
天皇杯まで何しよう?トレーニング頑張って身体絞るかな。
ああ、EUROの間中流れていたNikeのCM、良かったよね「ネクストレベルへ行け」?
ガイ・リッチーの撮影らしいね?わくわくする展開だよ。
「あの中に入りたい」って思う。ボール蹴ってる人ならもっとかな?
あたしはあの中に入っていきたい。ぶつかっていきたい。
人とぶち当たる、それがあたしにとってのサッカーかもしれない。

Standハニーの凄いところはね、あたしを「鈴木隆行のファン」だけじゃなくて「サッカーのファン」にしたところよ。
「ドーハの悲劇」あたりから、TVでサッカーやってたら見ていたけれど、Jリーグも良く見ていたけれど、他のスポーツとなんら違いはない関心度。
カズだって城章二だって小野伸二だって大好きだったけど、あたしは彼ら個人のファンだったの。
でも「この人を描きたい」と思った瞬間、あたしはサッカーと恋に落ちた。
あたしはハニーを取り巻く全てを見たかった。全てを知りたかった。全てを描きたかった。彼の全てを、手に入れたかった。

これは後付けのこじ付けかもしれない。でも、今思う、どうして彼だったのか。
あたしは彼の「闘う姿」に惚れたのだ。そこにはまぎれもなく「戦闘」に身をおく戦士がいた。
上手くもなければ華麗でもない彼のプレーに惚れたのは、彼が抗っていたからだ。
その頃のあたしはもがいていた。
その5年前に自分が今まで死んでいたことに気が付き、「生き直そう」と思った。
でも、どうしてよいのかわからなかった。
絵を取り戻せば、生き返れるとはわかっていたけれど、描きたいものが見つからなかった。
あの日「この人を描きたい」と思った瞬間から、あたしの闘いも始まった。

まずは鈍りきった腕を元に戻す闘いだ。
毎日毎日、タカユキを描いた。肩がパンパンになって右腕に痛みが走っても描いた。
楽しくてしょうがなかった。全然辛くなかった。
やっとタカユキが描けるようになって、次はサッカーを体感する闘いが始まった。
スケッチブックを抱えてサッカー場に通った。ゴール裏にも行って声を出した。
やっぱり楽しくてしょうがなかった。全然恥ずかしくなんかなかった。
ちょっと前までは真っ白な紙を前にして自分の才能のなさに絶望する日々だった。
とてもじゃないけど人様に見せられるようなものが描けなかった。
それがどうだ、描きたくてたまらない。描いたら今度は見せたくてたまらない。
どんどん人との出会いが、狭かった世界が広がっていった。
ゴール裏は最初は人助けのつもりだった。ところがやってみると面白かったんだ。
全然恥ずかしくないよ。やってるほうが照れてちゃ、見てる方はもっと辛いからね。
青空の下、緑のピッチに向かって大声を出す。人間解放。あたしは、自由だ。

それで満足なはずだった。
ようやく描きたいものを見つけ、仲間を見つけ、表現方法も見つけた。
でもサッカーは人とのぶつかり合い。「ネクストレベルへ行け」

お前の人生、そんなもんでいいのかよ?
本人はそんなこと言わないけど、あたしに常にそう問いかけるような選手と出会った。
Back_2彼も最初の一蹴りから、(ああ、この人は他の人とは違う)と思わせてくれる選手だったけど、彼があたしの中で特別になったのはやはり試合中の「闘う姿勢」だったのだと思う。
彼は真剣だった。真剣にサッカーに向き合ってた。
若者殺しのこの国で、それはとても稀有なこと。
あたしは自分の絵に対して真剣に向き合うことに疲れ、周りに流され、夢を見失い、彼の年齢の頃にはとっくに自分で自分を殺していた。
おまえの情熱は、その程度のものか?

彼は全てに抗っているように見えた。あたしは彼の中に、昔殺してしまった自分を見出した。
失った時間は取り戻せないけど、あたしは彼と共に闘うことで自分を取り戻そうと思ったんだ。
「一緒に天下獲ろうぜ」

それから多分、あたしの真の闘いが始まったと思う。
口先だけではなく、説得力のある絵を描くには行動しかない。
本当に夢をかなえたいのなら、行動するしかないのだ。
いつかなりたいなあと願っているだけでは何も変わらない。
勇気を出して実行するのだ。どうせ一度の人生だ。
あきらめようと思っても、あきらめ切れなかった夢だ。
ならば実現するために、動かなければいけない。人にぶち当たっていかなければならない。
サッカーが教えてくれたことを、人生に生かさなければ、何のための経験だ?
情熱とはそういうものだ。

分かれるばかりの人生で、この人とならどこまでも行けるだろうかと思う瞬間がある。
この人と、出会うために今まで生きてきたかと感じる瞬間がある。
でも結局離れ離れになって、あれは錯覚だったのだろうかと胸が切り刻まれる。
だけれども、一度でも魂の交感があったのだと思えば前を向いて生きられる。
一度でも、愛された記憶があれば幼子がその後の人生を生きていけるように。

CristianoLet me love you, baby.  I'm crazy for you.
お祭りが終わって夏がやってくる。
独立記念日のパレード、夏休みのキャンプ、海辺へドライブ、パーティーの夜。
年がら年中喧嘩に明け暮れたいわけじゃない。
けれど世の中は思い通りにならないことばかり。
好きなことに没頭する。思いっきりぶつかり合う。真剣に勝負する。照れ笑いでごまかすな。躊躇するな。仲良しクラブじゃないんだ。完膚なきまでに叩きのめしてやる!
なにがいけない?お前が望んだことだろう?並んでどこまでもいっしょに闘うんだろう?
お前じゃなきゃダメなんだ。一緒に行こう、あの場所へ。
お前をひとりにしない。あたしをひとりにするな。
サッカーは、あたしに命を返してくれた。サッカーを描くことが、あたしの生きる意味だ。

ゴール裏では解放できる自己を、いまだに絵の中で完全に解放できずにいます。
完全に解放できたら、ひょっとしたら昇天しちゃうのかもしれないけれど、それでもいいか。
きっとなんどでも生き返るから。情熱の炎さえ絶やさなければ。
自分に負けないように、高い戦闘意識を持って描いていこうと思っています。

2008年6月30日 (月)

無敵艦隊、ゲルマン魂を撃破!

昨日結局みょーにコーフンして寝られなかったからライブで見ましたよ、EURO決勝!!
いやあ、いいチームだったねえ、スペイン。
ポルトガルが敗退してしまったのは本当に残念なんだけど、その後応援していたスペインが優勝してくれて良かったよ。
思い切ってW☆WW☆W加入してよかったあ~♪
で、注目のイケルくんですが、ランニングは着用してたと思う!ずっとユニの下からびろびろ白いものが見えてたもん。脱いでくれなかったからわかんないけど、きっとあれはランニング・シャツよ!「おれはアンダーアーマーとかスーツだとか、窮屈な下着は嫌いなんだ!そんなものがなくてもおれはママがいつも真っ白に洗ってくれるランニングがあればベスト・コンディションなんだぜ、セニョール」ってなもんです。
優勝の瞬間も仲間と一緒に涙流して喜んでて、超らぶりぃでした!優勝カップを掲げる姿も男前!イケルぜ、カシージャス!!

よお~し、今日は近所のスペイン料理屋で豪華ランチだ!!…って思ったけど定休日。ショボ~ン…
あ、こないだ初めて行ったポリネシアン料理屋にまた行ってみようかな?
あのさ、親父くさいんだけどさ、店員さんがカワイイのよ、ここ。
二十歳くらいの女の子なんだけど、その子がまあ、ハワイアンなんだかポリネシアンなんだかのドレスを着ていてね、お客さんをお見送りに店頭に出てきたのに出くわしてそのあまりの可愛さにポーッとなっておれ、ついお店に入っちゃったのよ。
で、お一人様だからカウンターで食べてたら店内お客があたし一人になっちゃって、いつもならあたしの方から話しかけんだけど、そのときはあの子の方から話しかけてきたもんだからすっかりこっちは自分のペース失っちゃってドギマギしちゃって、いつものクリス節炸裂せず!
でもってお勘定のときに彼女がデザート割引券を渡してくれながらにっこり笑って「また来てくださいね☆」なんて言うもんだから、つい(なんで?おれのこと好きなの?)なんて思っちゃって、「商売上手だね、お嬢さん」ってコメントも親父だよっ!!
でへへえ~♪あの子サッカーの話、好きかなあ?

2008年6月29日 (日)

優勝したどおおお~!!!

やりました、バンディ、関西リーグ四連覇です!
http://www.banditonce-kakogawa.jp/news01/38.html
通過点とはいえ、やはり嬉しいですね。
よお~し、この勢いを翼くんに注入するぞ!!

ってなわけで、クリスはバンディ優勝の喜びを胸にYSCCの応援に行ってきました。
乗り換えの駅は三宮ではなく横浜。市営地下鉄の行き先はユニバー競技場ではなく三ツ沢。
でも、あたしが歌うのは勝利の歌だ!がんばれ、翼!!

関東リーグ第12節、Y.S.C.C.vs町田ゼルビア
会場・三ツ沢陸上競技場、キックオフ・18:30、天候・雨、ピッチ・天然芝(スリッピー)
結果・1-4(町田の勝ち、この結果により今季関東リーグ町田のリーグ優勝決定)

終わってしまえば自力の差でしょうか。
町田は選手層の厚さも、スポンサーの数でも、サポの多さでも、すでに地域にいるべきチームではないでしょう。また地域決勝で戦えることを楽しみにしています。

けれども、あたしは今日も途中からYSCCのゴール裏に立ちました。
スタメン出場した翼くんに懸命に声を送りました。前半は特にキレキレで、本当に嬉しかったです。
今日の試合については助っ人サポのあたしがあれこれ寸評すべきものではないと思いますのでひかえさせてもらいます。
ただ、せっかく仲良くなって仲間に入れてくださったYSCCサポの皆さんが自分たちのホームで、目の前で敵に優勝を決められてがっかりしている様子を見るのは辛かったです。
応援ってなんでしょう。あたしはなんの役にもたてませんでした。
今季三ツ沢での最後の試合だったので、YSCCの選手たちは全員でお客さんが会場を後にするのを競技場出口でお見送りしていました。
あたしはサポの皆さんが横断幕を片付けるのを手伝いました。
雨の中選手が戻ってきたのであたしは翼くんを探しました。
「翼くん!」
「あ、お疲れ様でした。」
「お疲れさま…あのね…今日バンディ、優勝したんだ。」
「本当ですか?全勝ですか?」
「今の時点でね。あと3試合残ってるけど。」
「そうですか…おめでとうございます。」
「まだ翼くんにもチャンスあるよ!最後まで頑張れ!」
「あ、はい!」
「応援してるから…いっしょに決勝大会行こうぜ!」
「はい!ありがとうございます。」
これは翼くんからバンディ・サポ全員への挨拶だと思いましたので書かせてもらいました。
写真もいくらか撮りましたが、天気が悪く、あたしも少々感情が不安定だったかろくなのがないので割愛させていただきます。

やっぱり昨日や今日やってきた助っ人サポじゃあ、なにもできない。
しょんぼりしているYSCCサポさんたちになんの慰めの言葉もない。
「あの…まだ可能性はあるんで…決勝大会一緒に行きましょう。待ってますから!」
そう言って陸上競技場を後にしました。

雨の中、地下鉄の駅まで歩く。
負けたときは、歩いて帰る。
熊谷の最終日以来、一度も勝った試合で声出ししてないや。

帰りの電車でベルマーレがアウェーで久々に勝利を収めたことを知る。
ヴァンフォーレ相手に0-4の快勝♪しかもリンコン2得てえ~ん!!
あたしの愛が甲府にまで届いたのね!Maravilhoso!

今日はYSCCの皆さんには申し訳ないけど、ちょっとくらい祝杯挙げても、いいかなあ?

« 2008年6月22日 - 2008年6月28日 | トップページ | 2008年7月6日 - 2008年7月12日 »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ