フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« 2007年12月30日 - 2008年1月5日 | トップページ | 2008年1月13日 - 2008年1月19日 »

2008年1月11日 (金)

とんど焼きと鏡開き

あ、どうも、最近どうせ引っ越すのなら「よみうりランド」にしようかと考え中のクリスです(^-^)。

さて最近スポーツニュースで聞かない日はないハンドボールですが、ようやく国際連盟の主催でアジア予選のやり直しが東京で行われることが決定したみたいですね。まあこの一週間のアジア連盟側の動きを見ると最終的に予選が実際終了するまでは何が起こるか分からない状態の上に中東三カ国はやりなおし予選に参加しないとのことでなにやらモスクワ・オリンピックみたいな状況になってきましたがね。ですが、なにはともあれここまでがんばった日本ハンドボール協会の皆さんには敬意を表すると共に、選手の皆さんには回りの騒音に惑わされず、そして奇しくもこの度の一件で集められた注目を力に変えてぜひとも北京へ行っていただきたいと思います。頑張れ、宮崎くん!頑張れ、マキマキの妹!!

とんど焼きと鏡開き何だか急に冷え込んできました。末っ子の学校のとんど大会に出かけました。
あたしって寒いのの苦手。でもって学校も苦手。

「なんでかあちゃんが行かなあかんねん」
「来て欲しいんだもん」
殺し文句。行くしかない。
バイクにまたがりウィンター・サイクリング。
愛車「パナソニック・ガンバ号」にはもちろんバンディのステッカー。
(ファンクラブ入会時にもらったの。もうちょっとちっちゃいのはネタ帳に、エンブレムのは自動車のバンパーに貼ってるよ!)

校庭でごうごう燃えるとんど焼き。
「うわあ!」
「すげえ!」
「きゃあああ」
騒ぎまくるこどもたち。火は偉大だ。
学校に行ってもさして知り合いもなく、末っ子が友達と遊びに行ってしまうともうすることもない。
「かあちゃん、帰るでえ~」
手持ち無沙汰。
母ならこうあるべきと期待されていることが、母ならやって当然といわれていることが、出来ない。
決まり事がある場所に出ると緊張する。反発する気持ちばかりが頭をもたげる。楽しむことが出来ない。

息子の試合を見に行かない。
自分の子供がボコボコにされているところを見たくない。
自分の子供のミスで団体戦などで他の選手に迷惑がかかると土下座して回りたくなる。
だいたいなんでもかんでも親がかりで、会場手配や送迎に至るまで、なんでもやってしまうから子供がそのまま電車もひとりで乗れないし飛行機のチケットも取れないようなサッカー青年に育ってしまうのだ!みんな公共交通機関を使おうぜ!温暖化防止しようぜ!

なぜなんだろう?
自分の息子でもなければ親戚でもない、よそのおにいちゃんのサッカーならば嬉しそうに差し入れしたり、遠路はるばる駆けつけたり、頼まれもしないのに大声張り上げてヤジや声援を送ったりしているのに。

「明後日の試合、見に行こうか?」
「ええよ、いらんよ」
息子の追っかけとかしているスポーツ少年の母をたくさん知っている。
「でも他所のお母さん、結構たくさん来てはんねやろ?」
「まあな。毎週来てる人もおる」
あたしはなにをしてるんだろう?もっと息子を応援するべきなんだろうか?
「ごめんな」
「なんで?」
「自分勝手やろ、かあちゃん」
「そんなことないで。」
「ほんま?」
「だって毎日絶対起きて弁当手作りしてくれるやん。帰ってきたらマッサージとかしてくれて、けがの手当てしてくれて、身体の使い方とか教えてくれるやん。スポーツも詳しいし、家に専属トレーナーがおるみたいや」
「そうか?」
「うん。頼りになるで。」
殺し文句。

末っ子がとんど大会のお土産でお餅を持ち帰った。
昼過ぎからくつくつ煮た小豆もちょうど良い感じ。やっぱ豆は家で煮たのが一番美味いわ。
「ただいまあ」
「おかえりい。ぜんざい、食べるう?」

2008年1月 7日 (月)

義によって助太刀いたす!

七草がゆ。
「カビみたいな味がする~」
まあ、まあ...これでお腹を休めて、明日からレギュラー・ルーティン。
宿題も出来た、準備も出来た  -  日常へお帰り。

年賀状もまとめなきゃ。松の内ももうおしまい。
今年からお年玉くじの抽選も1月末なんだってねえ。忘れてしまいそう。
「おかあちゃん、今日もまだ来てるよ~」
昨年2月に祖母が亡くなったから、あたし宛にはあまりないはずなんだけど。
お店とかからのに混じって友人からもちらほら。
「欠礼ハガキもらったけど、引っ越す前に会われへん?」
「関東に帰ってくるんですね!10年ぶりにお会いできるのを楽しみにしています!」
「おかげさまでバンディでは楽しい一年でした。ありがとうございました。」
こっちの方こそありがたくって涙が出そうになる。
こんな風来坊にどうしてそんなに優しくしてくれるんだ。

「天皇杯の前に激励していただきありがとうございました。」
元気だった?残念だったね。いつか全国で顔合わせたいよね。
「クリスさんには幾度背中を押されたか分かりません。」
へえ、昇格したんだ!おめでとう!
本当は「昇格しておめでとう」なんて言ってないで、同じチームで一緒に「やったぜ!」って言ってるはずだったのに。
Samurai「これからも頑張ります。」
うん、うん、そうだね。
続けていればまた会えるよ。
きみも移ろっていく。あたしも漂っていく。
もう同じチームでいることはないかもしれないけど、サッカーで繋がっていける。またどこかで会える。
ぼくらは仲間だ。
理由なんかない。きみがサッカーをしていたからあたしは応援した。
だから感謝するならあたしじゃなくサッカーに感謝すればいい。

「義を見てせざるは勇なきなり」
ゴール裏のやんちゃなお兄さん達があたしに教えてくれたんだよ。
旗を掲げて勝ち鬨の声。チャンバラごっこの悪童と同じ。男の子は闘い遊びが好き。たとえ平和主義者でも。
あたしは通りすがりのサポーター。「男の子」が大好き。
大人しく黙って見てなんかいられない。

ああ、昇格したい。
誰かあたしを「全国区」にしてくれ。一度で良いからどうしても、昇格ってやつを味わってみたいんだ。
なんだってするから。

2008年1月 6日 (日)

初釜

生協の年末年始配達品も底を突き、久々に買い物に行って新鮮な食材をゲットだ!

年末年始の「ご馳走」も若者の口には合うのかどうか...家に帰ってきて、こどもたちに「何食べたい?」と聞けば「肉!」
でまあ、新年会は「でん」と相成ったわけですが...
あたしが食べたいのは「野菜」だ!

本日のメニュー:
じゃがいもとさつま揚げの春巻きナンプラー風味、辛口麻婆豆腐、大根の青椒牛肉絲、油揚げのチーズ焼き、で、写真にはないけど白菜のうま煮と胚芽米のご飯もお付けしました!初釜

年の初めのお料理 - 「初釜」、お茶ならこう言うのかな?
少量の挽肉を使用しただけで、野菜と植物タンパク中心のメニューになっております!
ああ、ミネラル不足の全国のハニー達に食べさせてあげたあ~い♪

クリス今年はビール卒業しちゃおうかなあと思います。
去年は某大手ビールメーカーが広告写真にチームカラーを差し替えて「偽装する」という長年日本代表をスポンサーして来たとは信じられない暴挙に出たのでそこの発泡酒を飲むのを辞めてJリーグスポンサーのメーカーに変えたのですが、このたび開幕以来Jリーグを支えてくれていたサン○リーが来季よりスポンサーから撤退するそうです。感謝は永遠に、だけど、義理立てする必要もないのかなあと...

実はね、最近焼酎の方がお気に入りなの。
前は臭みが気になって、あまり好きじゃなかったのね。
で、どっちかってえと家ではもっぱら発泡酒かワイン。飲み会ではビールと日本酒でぐてんぐてんになるまで...ってのが定番だったんだけど、(って、まあ、最近はあんまり量がこなせなくなったけどね。若い頃は底なしだったんだけど。)最近焼酎に目覚めてしまいました。
ビールな気分の時はウーロンハイ、日本酒な気分の時はお湯割りで飲らせてもらってます。
悪酔いしないのが良いよね。
あたしって基本、「おうちドリンカー」でしょ?
飲んだ後皿洗いとかしなきゃなんないのよ。
酔いが残ってると作業が辛いのね。
この点、焼酎は良いです。優等生です。助かります。

あ、でも、あたし飲むときは「酔うために飲んでる」イギリス人なので、(ちなみにドイツ人は「ビールの美味さを味わうために飲んでる」そうです。ソンケー☆)外で飲むときはどうかなあ?
はじめてウーロンハイを知ったとき、
「これ全然酔わないね。」
「飲みやすいでしょ?」
紹介してくれた青年に聞いてみた。
「でもさあ、酔いもしないお酒のためにわざわざお金払うか?」
「いや、クリス、それってなんか...」
はい、はい、飲んだくれですみません。

« 2007年12月30日 - 2008年1月5日 | トップページ | 2008年1月13日 - 2008年1月19日 »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ