フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« 2008年4月13日 - 2008年4月19日 | トップページ | 2008年4月27日 - 2008年5月3日 »

2008年4月25日 (金)

かつてなく会話のあった一日

今日は家周辺の植え込みの剪定をするとのことで朝から造園業者の人たちがたくさんやってきた。
普段はあまり鳴かない我が家の愛犬だがさすがに大人数で敷地に入ってこられて吼えまくる。
落ち着くまでおっちゃんらと立ち話して馴染ませる。
もともとなぜか「おじさん好き」な我が愛犬。すっかり仲良くなってしまう。

でも家にいるとおっちゃんらがあたしに気を使うので泳ぎに行くことに。
天気が良いので途中馬入に寄る。
今日はゲーム形式の練習で楽しかった。
なのでぎりぎりコートの横まで行って見ました。
そうやって見学しているとふらっとひとりのご夫人が近付いてきて「この人たちはプロの方々なんですか?」と質問された。
「あ、はい、そうですよ。」
「まあ、素敵!えっと、フロンターレとかなんとか?」
「いえ、ベルマーレです。湘南ベルマーレ。」
「あ、そう、そう。へえ~、やっぱり高校生なんかとくらべるとみんないい体してるわねえ。」
(奥さん、眼の付け所がいい!!)
Ck「外人さんもいるのね~。」
「はい、あちらとあちらと…みんなブラジル人ですね。」
「まあ、そうなの?あれ、なにやってるのかしら?」
「コーナー・キックですね。」
「そう、そう、コーナー・キック!上手ねえ。」
「直接入ることもありますよ。」
「見てみたいわ。やっぱり生のほうが迫力があっていいわね。」
「そうでしょう?明日は競技場で試合がありますよ。」
「あ、そこの競技場?そうなの。この人たちみんな出るの?」
「出ますよ。」
「素敵!あの赤いビブスのあの人とかも?」
「出ると思いますよ。お気に召しましたか?」
「かわいいじゃない。女の子たちがいっぱい見に来て騒ぐのもわかるわね。」
(奥さん、ますますお友達!)などともみ手しているとお友達らしい中高年グループ登場。
「○○さん、お待たせ~。行きましょう。」
「まって、あの人がゴール入れたら行くから。」
「サッカー?でもなかなか点入らないんでしょう?」
「だって面白いわよ。ゴールが入るまで、ね?」
(よし××、ゴール決めろ!ファン一名獲得だぞ!!)
しかし決まらない…
「決まらないわよ~。行きましょうよ、もう、お昼の予約入れてるのよ。」
「そう?もうちょっとなんだけどな~。じゃあ、おいとましますわ。」
「あ、そうですか?残念です。」
「ゴールが入らなくて残念だったわ。」
「すみません!」…なぜか謝ってるよ、あたし。
「競技場行ってみようかしら。サポーターさん?試合がんばってね。」
あ、いや、まだベルサポじゃないんだけど…ま、いっか。仲間入りに向けての手土産代わりに観客動員増に少しは貢献しましたでしょうか!?

プールに到着するともうお昼だったのでがら空きだった。
お~、久しぶりの50mプールだぜえ~、気持ちいいぜえ~♪
すっかりご機嫌になったのでまっすぐ帰るのももったいないのでドライブがてらに寄り道。
すると偶然画材ショップをハケーン!!!
今日はなんかついてるぞ☆

帰宅すると末っ子が時を同じくして帰ってくる。
なんと友達が遊びに来るらしい。引っ越してきてからはじめてだ。
よし!接待だ!!かあちゃんがおやつ作ってやる!!!

今日はかあちゃんもゴキゲン。息子もゴキゲン。

2008年4月22日 (火)

祝・成人!

今日は我がバンディの28番のバースデーよ~♪
タツくん、二十歳のお誕生日おめでとう~☆
そうなの~、大人の階段を上っちゃったの~。やあああ~ん、つまんなあ~い!どお見ても三人ぐらい子供がいそうなルックスと現実のギャップが面白かったのにいいい~!!!
ま、いいや。これで祝勝会でもみんなとお酒が飲めるもんね。
さあ、もう大人なんだから甘やかしてやんないわよ!しっかり結果を出してもらうわ。今年こそJFL昇格の原動力として、「地域の星」として、FWの柱になるのよ!!!
それが一番の親孝行だと思います。

クリスもようやくプールを見つけ、荷物から水着も発見したぞーっ♪
ってなわけで、ベルマーレの練見のあと久々に泳ぎに行って来ました。
なんだろう、二ヶ月ぶり?あああああ~、だるううううう~…

2008年4月20日 (日)

競泳全日本選手権閉幕

結果からいうと佐藤久佳くんは今大会いまひとつでしたね。
本日の男子100M自由形決勝は優勝したもののタイムは平凡で、彼の自己ベスト(つまり日本記録)を上回らなければならなかった派遣標準には遠く及びませんでした。
ただ、優勝したことでメドレーリレーの代表には選ばれましたのでオリンピックに出場することは決まりました!若い彼にはこの五輪経験を存分に味わってもらい、次のロンドンに生かしてもらえればと思います!!

盛り上がったのは男子100Mバタフライですね!
アニキ惜しかった~。高安選手も本当に本当に残念でした。
レベルの高い戦いを制した上位2選手にはオリンピックにいけないほかの選手の分もしっかり泳いできてほしいと思います。
個人的には入場を待つアニキに近大の後輩である昨日200M背泳を制し五輪初出場を決めた入江選手とフリー・リレーで同じく五輪出場の奥村選手の二人が激励し、出て行くアニキの背中に入江くんが「タカシさん!!」(奥村くんも判読不明に叫んでました)って声をかけていたのにちょっとウルッときちゃいました。
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/other/headlines/swim/20080420-00000079-jij-spo.html
アニキ、お疲れ様でした。

本当にみんなの「気持ち」がすごく感じられた大会でした。
確かに水泳は競技の最中は水の中でゴーグル着用。選手の表情は読めないかもしれないけれど、ここまでのレベルになると最後の勝敗を決めるのは気持ちなのかなあと思うのです。
自分自身は大会ではろくな結果も残せず、競技者としては全然だめでした。
別にその後競技に関わったわけでもないし、指導者としても町のスイミングスクールでちょっとバイトした程度です。
それでも泳ぐしんどさや悔しさ、そして楽しさ、気持ちよさは知っている部分もあります。水泳は一生の友達だと思っています。泳げるようになって本当に良かったと思っています。
何もみんながトップ・スイマーになる必要はないと思っています。
でも日本の水泳の裾野は広く、そしてトップクラスのレベルは高い。
だから頂点を目指す人たちを描くことでさらに多くの人が水泳の楽しさを知ってもらえるよう、自分もこれから「泳ぐように描いていけたら」と思っています。

それにしてもこの一発勝負の代表選考、きびしいよな~。
日本水連の競泳部長の人も大会終了後におっしゃってたけど「実力者がプレッシャーに負けて本来の力を発揮できないこともある」のが難点だね。
こうしてみるとサッカーってのは「記録」という数字を争う部分が少ない分、代表選びにおいては「採点競技」みたいな側面もあるよね。
そういう点では競泳は明確な選定基準があるのはフェアっちゃあフェアかもね。

ちなみに昨日のレース、ハンドの宮崎選手たちが観戦に訪れていたそうです。
http://blog.livedoor.jp/m_daisuke7/
やっぱ、行っときゃよかった…
ま、久々に子供たちとのんびりローカルなお祭り見にいけてよかったんだけどね。

« 2008年4月13日 - 2008年4月19日 | トップページ | 2008年4月27日 - 2008年5月3日 »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ