フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« 2008年3月30日 - 2008年4月5日 | トップページ | 2008年4月13日 - 2008年4月19日 »

2008年4月 7日 (月)

思い浮かべる顔もない

ハニーがゴオオオオオ~ルウウウウウウ♪
http://timbers.theoffside.com//friendlies/preseason-friendlies-portland-timbers-vs-uwosu.html
「姐さん」に教えてもらったので早速貼り付けてしまおう!
Slovakiaまあ、格下相手の練習試合ですが、引越し後初ゴールってことでね、雄叫けばせていただきました。正直加古川にいる間(2005-2008シーズン)はあまり良い話もなかったからね、あたしもハニーも心機一転、ガンガン試合出てがんがんゴール決めてガンガン勝利するのだ!

…にしても楽しそうだなあ、ポートランド。
オレゴンって行ったことないんだけど、のんびりしててめちゃくちゃサッカーに集中できそうだ。ハニーに合ってそうだ。
サポ達にも気に入られてるみたいだし、早く公式戦で活躍してほしい!

雨の中こどもたちは学校へ行った。
末っ子は早速仲良しができたみたいで今夜はご機嫌だ。
家を出るときはあんなに緊張していたのに、一人二人と声をかけてくれる子が出てくるとみるみる顔がほころんでいっていた。
男の子は友達が好き。
小学校も中学校も開始時間が同じで、末っ子のほうは必ず付き添ってくれと言われたので娘は一人で行かせた。
こうしてひとりずつ、あたしの手を離れていく。

でもやっぱりまだまだ自分じゃできないこともあり、あたしがやっつけちまったほうが早いこともあり、今日も午後は足りないものを買い集めるショッピング・ツアー。
晩飯はタコスとしゃれ込み、ワインをあける。
「なんかデザートな気分だな~」
「ごめん。おやつ全然ないよ。」
いまさら何か作る気にもならず、雨の中近所のケーキ屋に行く。
ここは以前通っていた美容院のはす向かいにあったケーキ屋の支店だそうだ。
懐かしい味にうれしくなってもう2回目の来店。
少しの間店員の上品な初老の女性と昔話をする。
このあたりは年配の方々が美しい。
ドアを開けると雨が少し激しくなっている。
傘を開くのに手間取っていると向かいのバーの店先にたたずんでいたマスターと目が合う。
ここはライブハウスにもなっているけど今夜はミュージシャンもお客もいないみたいだ。
軽く頭を下げるとマスターも笑顔で会釈を返してくる。
ちょっと引っかけて行きたいなあ。
でも今夜はまだだめだ、マスター。
こどもがあたしとケーキを待ってんの。
相方は出張だし、おにいちゃんもいないもの。犬だけじゃ心配。
そのうち来るよ、引っ越してきたばかりだもん。しばらくは動かない…と思う。
まだ思い浮かべる顔もないこの町だけど、ほんの少しの懐かしさも香る。
今度はここで、生きていく。

神様は何度でもやり直させてくれる。
本当に好きなことは待ってくれる。
あたしにはなかった青春を懐かしむ趣味はない。
やりたかったことはいつか叶える。
今はできなくても、いつか取り戻す。

LAのライブハウスやスタジオをうろついていたこともある。
ミュージシャンと付き合うのが好きだった。
あたしを上手に奏でてみて。
ここちよい音色をお聞かせしましょう。
最近じゃコンサートも行っていないけど、いまでもあたしはたいして変わらない。
暗いバーの隅っこから明るいグラウンドのゴール裏へ。
行きたい場所が変わっただけ。待ってる仲間が変わっただけ。
あんたのリードで叫ばせて。
あんたの太鼓で躍らせて。
スタジアムはライブハウス。バックコーラスは任せて頂戴。
ジョカトーレがリズムを刻む。レッツ・グルーヴ90 minutes♪

2008年4月 6日 (日)

さて

明日からいよいよこどもたちは新学期。
手続きもろもろは終わり、その後末っ子、続いて娘も具合が悪くなったけど、幸い持ち直して準備の買い物もできた。
結局この家の施工会社がやってきて家の中をいろいろチェックしたりして、まあ安心安全は確保?
銀行の口座開設やら住所変更の届出とかは終わり、あたしも安心したのかぶっ倒れてしまいました。
年だなあ。でも丸一日寝れば治る医者要らず。
このところの外食続で調子悪かった胃腸も丸一日の絶食と翌一日のお粥食で治った。

あいかわらずクリスティアーノが素敵ね。
生サッカー欠乏症。
バンディは今日がキックオフ・パーティー。加古川でのシーズンが始まる。
地域に愛されて、決勝大会に戻ってきて頂戴。
東リーグは昨日が開幕。
YSCCに行った渡部翼くんは2番をもらってるくらいだから試合に出たのかなあ?
東邦チタニウムとやって1-1のドロー。
この対戦相手の練習グラウンドを見に行ってみたけどぐるりと会社敷地の塀に囲まれていて中の様子は見えない。

そう、湘南の地にあたしは住んでいる。
10年前も住んでいた。
ボードを抱えたサーファーが海へ向かって自転車をこぎ、こじゃれた店が立ち並ぶ、ちょいと昔は別荘地。
似合ってない?ごめんね。でも結構気に入ってるの。
だってあたしはLAガールでもあるので。
広島の小さな島で一年暮らしたこともあるので。
海は好きなの。
プールが近所に見つからない。
今年は海で泳ぐあたしを探してね。

10年前だって住んでいた。
相方と末っ子と娘とあたし。
いるのは犬。いないのはおにいちゃん。
なんで一緒に帰ってこれなかったんだろう?
さびしくって仕方がない。
よそのおにいちゃんならいくらでも意地を張る。
I ain't miss you at all.
でもきみは、あたしがはじめて産んだ命だ。
だれに遠慮がいるものかと、なりふり構わず愛した最初の男だ。
狩猟民族だったあたしを、無理やり農耕にいざなったのはきみだよ。
なのにきみから去ってゆくなんて。
一緒に帰ってこれなくて、こんなに悔しいことはない。
きみがいなくて寂しい。

寂しさを別のもので埋め合わしてはいけないんだ。
ようやく自分の荷物を解き始める。
絵を描こう。あたしには絵があるんだから。
ベルマーレ見に行こう。
もう地域はバンディで卒業するんだもん。

I ain't miss you - since you've been gone away.
No, no, I ain't miss you at all.
Boys don't cry - so don't I.

« 2008年3月30日 - 2008年4月5日 | トップページ | 2008年4月13日 - 2008年4月19日 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ