フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« 2008年3月23日 - 2008年3月29日 | トップページ | 2008年4月6日 - 2008年4月12日 »

2008年4月 1日 (火)

マーライオン

電気屋さんが照明の取り付けに来てくれたのでこの際ということで、家中の照明の確認してもらい、結局一階に取り付けられている照明は全部付け直してもらった。ああ、危ない、危ない。

子供らの転校手続きにも行った。
規制や約束事も今まで住んでいた兵庫や長野に比べると緩やかだ。
買いなおさなければならない物品が少なく、親としては経済的だが一方で自由さに慣れていないこどもたちがどうなるか、考えが及ばない。

ようやく何事もなく夜が明け、久しぶりにポストに朝刊が入り、雨も上がって晴天!
やっとたまりたまった洗濯物も全部片付くぞおおおおお~っ!!
なのに、なのに…起きて来た末っ子がいきなりゲロまつり!
あわてて小児科を探して駆け込んだ…ウィルス性胃腸炎。

クリスまだまだ一息つけません。

2008年3月30日 (日)

年度末でいろいろとお忙しいのでしょうけれど

お引越ししている間にクリスティアーノは今季25得点でマンUも首位固め!
日本は惨敗で気が付けばガンバは11位!おまけにハンド女子代表は五輪を逃したそうで、やっとつながったTVでスポーツニュースを見ながら「あら、まあ。あら、まあ。」連発のクリスでございます。

経過報告としてはトイレは流れてますよ~。
かかった経費についても(クリス一家の精神的苦痛に対する賠償金を除けば)支払ってもらえそうです。
ところが!コメント欄に書きましたが今朝リビングの照明がいきなり落下いたしまして、今度は家の全照明の取り付け安全性について確認することになりなかなか落ち着けません。
早く「日常」を取り戻したいんですけどね~。

さてさて、それでもなんとか箱はすべて開けて資材も引き取ってもらい、市役所に転入届を出したのでようやくごみの分別の仕方もわかり、少しずつ家の中は片付きつつあります。
明日は学校の転入手続き。早く終わったら街の探検に行こう。お買い物もして久しぶりに大好きな料理ができたらいいな。

昨日、トイレが使えない間、子供たちとグラウンド開放していた末っ子転入予定の小学校で過ごしていた。
その日はたまたま地域の少年団のサッカー大会だった。
無心にボールを蹴る少年たち。熱心に声をかける指導者役の父親たち。会場整備やお昼の炊き出しに精を出す母親たち。
そんな風景を自分の子供とブランコを揺らしながら見ていた。
ふと気付くと隣のブランコを小さな女の子がこいでいた。
「お嬢ちゃん、サッカーに来たの?」
「うん。お兄ちゃんがいるの。」
「そうなの。どの人?」
「11番。」
「へえ、かっこいいじゃん。」
「かっこよくないよ!○○子といっつもけんかしてるの!」
「○○子ちゃんっていうの?」
「うん!あのねクリスティアーノ・ロナウドと同じお誕生日なの。」
「へえ、素敵ね。おばちゃんはね××っての。クリスティアーノ好きなの?」
「ううん。メッシのほうが好きなの。」
「くわしいね。サッカー好きなの?」
「ううん。サッカーどうでもいい。○○子退屈だから来たくないのにいっつもお父さんもお母さんもおにいちゃんの試合や練習付いていくから連れてこられちゃうの。」
「そりゃあ、やっかいね。それなのにおにいちゃんと喧嘩ばっかじゃどうしようもないね。」
「つまんないの。おにいちゃんなんか全然やさしくないの。こないだなんか寝てたら顔蹴られて○○子鼻血出ちゃったの。」
「そりゃあストライカーだからキック強烈だよね~」
「でもゼッタイ謝まんないんだよ!」
「そうなんだよ。サッカーやってるやつはみんな勝手なんだよ。あんたも小さいのにたいへんだねえ。」
「あ!でもね、お兄ちゃんが毎週行ってるチームの練習場は好きなの。隣に大きな公園があってね、○○子遊具でいっぱい遊べるし、トップ・チームのお兄さんたちが○○子に手を振ってくれるんだよ~。みんな優しいの。」
「そっか~」
「あ、試合始まる~。」
「じゃあおばちゃんらはもう帰るね。」
「試合見ないの~?」
「おばちゃんら昨日引っ越してきたばっかりやねん。キックオフの時間に引越し屋さんが来る約束だから帰らへんと…」
「○○子も行く~」
「あかん、あかん。○○子ちゃん、そんな知らん人に付いて行ったらあかんよ。」
「知らなくないよ。もう名前知ってるよ。それにそのお兄ちゃんもこの学校に転校してくるんでしょう?」
「そうだけど。○○子ちゃんいなくなったらお母さんたち心配するよ。」
「しないよ。お父さんはスコアつけてるしお母さん豚汁作ってるもん。こないだも○○子暇だから途中でおうち帰って寝て、また戻ってきたけどだれも気が付かなかったもん。」
「とにかくここにいないとだめだよ。おばちゃんサッカー好きやからまた来るし。」
「ほんとう?また○○子と遊ぶ?」
「うん。うん。」

世の中のサッカー小僧たちよ。少しは周りを見回しなさいね。
世の中のサッカー保護者たちよ。サッカーやってない子のことも忘れないでね。
さて、早速「次いつ一緒に遊ぶ?」って約束する友だちができたよ。

« 2008年3月23日 - 2008年3月29日 | トップページ | 2008年4月6日 - 2008年4月12日 »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ