フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« 2008年3月9日 - 2008年3月15日 | トップページ | 2008年3月23日 - 2008年3月29日 »

2008年3月19日 (水)

幸せになろう

雨だ。
雨が降ると花粉症もひといきつける。
濡れて帰るといつもは厳しい母が大げさなぐらい心配してくれるのが嬉しかった。
母は広島の黒い雨を知る年代だ。
そんなことはお構いなしに、娘は雨が好きになった。
雨が降るとふしぎと優しい気持ちになれる。

末っ子が昨日学校で「お別れ会」なるものをしていただき、たくさんのプレゼントや手紙と一緒に帰ってきた。
いつまでもいつまでも、嬉しそうに眺めている。
不憫でならない。
ただあたし自身も小学校には4校在籍したが、このようにお別れ会をしてもらったり見送ってもらったりした覚えがない。
どちらかというといつも転校生ということでいじめられていたので、(ああ、やっとこの学校からおさらばできる)とせいせいしていたような気さえする。
そういう点では息子は幸せ者だと思っている。

こどもたちが眠った後で、息子への級友の手紙を読ませてもらった。
不覚にも泣いてしまった。
10歳なりの精一杯の優しさが溢れていた。
なかにはつい先日自分自身がある選手に向けて贈ったのと殆ど同じ言葉を書いている女の子もいて、自分の表現能力は10歳並みかと恥じ入る反面ここまで気持ちをきちんと表せる子もいるのだなあと感心しきり。
文面からこの学校に越してきた当初の息子の苦労ぶりもうかがえ、なぜ自分と同じ辛さを子供にもあじあわせているのだと自分をなじった。(もう二度と転校などさせるものか!次で最後だ!絶対最後だ!)
それでもなお、こどもたちの可愛らしい書体を眺めながら非常に慰められた。
それはまるで友達に恵まれなかった35年前の自分をようやく今になって励ましてもらっているような感じだった。

人生はやり直せる。
友達は大事にせなあかん。

2005年に16年ぶりに関西に戻ってきた。
そして35年ぶりに明石の海岸に立ったとき(戦争から引き上げてくるってこんな感じやろか)と思ったのを覚えている。
そう、なんだかんだと言いながらあたしは常に緊張して闘ってきたのだろう。
いつも慣れない場所で慣れない人達にかこまれている。
所詮自分には「出身地」などないレンタル移籍な人生だ。ならば日本全国「ホーム」にしてやるぜ!
でもうそうなんだ。関西はやっぱり、あたしにとって他のどの場所よりホッと出来る場所だったんだ。
親も家もない関西に神様が転勤という形で帰らせてくれたんだと思う。

長い間頑張りましたね、ちょっと休んでいきなさい。

兵庫の皆さん、ありがとうございました。
お陰様でリフレッシュできました。
これでまた自分を奮い立たせて長い旅に出ることが出来ます。


特にバンディオンセ神戸関係者の皆さんには感謝しています。
仲良くしていただいて本当にありがとうございました。
結果として1シーズンしか現場では応援できませんでしたが、2005年の発足時より注目していましたし、バンディオンセ神戸としての最後に立ち会うことになったのも縁を感じます。

Blog3「みんな」という言葉が嫌いです。
責任の所在を怪しくし、個人のささやかな願いを踏みつけにする全体主義が嫌いです。
ただ自分に「チームは誰のものか?」と問いかけたとき、それはやはり「みんなのもの」でしかないと思うのです。
誰かひとりの、特定グループの、ものであってはならないのです。

試合で輝きを放ち全身全霊でゴールを守ったあの選手でさえ、柔らかな前髪の向こうの今ではすっかり穏やかになった瞳でカネカのグラウンドを眺めたとき、チームは自分のものではなかったと思ったでしょう。

自分の時間とお金と労力を削るだけ削り、日本全国またにかけて声を枯らして声援を送ったサポでさえ、3/17の13:20、あの平野くんのアナウンスでチームは自分のものではなかったと知ったでしょう。

いつもサッカーを愛し、チームを愛し、勝利以外何も求めない人に囲まれてきたスタッフでさえ、これからはサッカーを知らず、チームを知らず、地域リーグを知らない人に囲まれて結果を求められていくのです。

チームは「みんな」に愛され「みんなの夢」を食べて大きくなっていく。
こんなに沢山の仲間で、ひとつの大きな夢を見る。
いままで聞いたこともないような媚薬をご紹介しましょう。
どうか加古川の皆さん、バンディを愛してやってください。
バンディといっしょに勝利のエクスタシーに落ちていってください。
あたしの愛したチームです。幸せにしてやってください。

みんなで愛したチームだから、もうすでにみんなの夢がチームの身体の一部になっている。
何もなかった、なんて思わない。
何もかも終わった、なんて思わない。

だってみんながいた。
あの日ホイッスルが鳴って、残酷なほどまっ白な熊谷の空をみんなで見たじゃないか。
涙を必死にこらえながら、あんなに悔しかったじゃないか。
あの時確かに、みんなで同じ空を見ていた。
選手もスタッフもあたしたちサポも、みんなでおなじ景色を眺めていた。
あのときあたしたちはみんな、バンディオンセ神戸だった。
永遠ってそういうもんだろ?
それで充分だ。それ以上でもそれ以下でもありゃしない。

今後クリスはしばらく引っ越し作業に専念しますので、ブログは今日からしばらくお休みすることにします。
いつ再開するかは分かりませんし、コメントやメッセージを戴いてもしばらくお返事は確約できません。どうかご了承ください。

それでは、またどこかのスタジアムでお会いしましょう!
Hasta la vista, cicos!  Adios amigos♪

2008年3月18日 (火)

ありがと加古川

まあ、その、なんだ。
くさくさするときは酒飲んで寝て忘れるんだね。
でもやけ酒は不味いし二日酔いなんかした日には最悪。

二日酔いにはご飯をちゃんと食べて汗をかく。
一石二鳥は辛いものを食べるのが一番。
こないだ紹介したBasilを再度ご紹介。http://hotlegs.cocolog-nifty.com/blog/2008/02/my_funny_valent.html ありがと加古川こちらシェフです。写真ブレブレでスンマソン。ゲラゲラ喋りながら撮ったからです。実物はもっとハンサムです。いつも美味しい食べ物を手早く出してくれます。笑うと三倍返しで笑顔を振り向けてくれます。声をかけると丁寧に挨拶してくれます。
下はスタッフの皆さん。中央が大将です。いつもあったかいサービスでもてなしてくれます。クリスはいつもおひとりさまだけど、この店なら寂しくなりません。ありがと加古川カウンター席はガラス越しにキッチンも覗けて楽しいですよ。バンディの坊や達は加古川に越してきたらここを食堂替わりにすべし!ムエタイの国だけに、ここの料理を食べていればキックの破壊力が増すこと請け合いだ...と思う。
ありがと加古川今日は一品サービス・キャンペーンなので前から気になっていた「バナナの揚げ物バニラアイス添え」をお願いした。食事はもちろん「手加減抜きの辛さ」にしてもらい、さらに自分で唐辛子もふっかけて食べたのでおれの身体は燃えているぜ!...ってなところにとけ込んでいくあつあつのバナナの天ぷらとつめたあ~いアイス!ううう~ん、しびれるううう~☆

タイ料理では汗かき足りないという方は基礎代謝を上げて燃焼系ボデーを手に入れるために筋トレを致しましょう。
毎週金曜夕方にクリスんちの末っ子は加古川市立総合体育館でフットサルを習っていました。この体育館はバンディ・ファンの皆さまにはお馴染みの加古陸の真向かいにある国体に向けて2005年にオープンしたばかりの新しい施設です。

加古川市立総合体育館
加古川市西神吉鼎1010
TEL: 079-432-3000

で、この体育館には筋トレ器具が一通りそろっているトレーニングルームがありまして、30分ほどの初回講習を終えれば誰でも一回300円で好きなだけ利用できます。
クリスは毎週金曜の夕方、息子がスクールにいる間の一時間、みっちりやってました。綺麗だし空いてるし、お値段も手ごろだと思いますよ。

フットサルスクールはこちらに引っ越してきてすぐ息子が入会したのでもう2年半お世話になりました。こういうスクールや地元サッカー少年団が加古川には沢山あり、皆さん熱心に指導なさっています。どうかバンディも仲良く仲間に入れていただいて、この街が素敵なサッカー・タウンになっていくことを願っています。
ちなみに、今年クリスにホワイト・デーのお返しをしてくださったのはこのフットサルスクールのコーチだけでした!しかもガンバ・グッズ!!やあああ~ん、コーチったらよくわかってらっしゃる♪サッカーやってる人は自分勝手だなんて言ってゴメンナサイ、ゴメンナサイ!

クリスの加古川お気に入りスポットを紹介するシリーズも今日で最後です。
2005年7月に引っ越してきて以来、短かったけど楽しい思い出がいっぱい出来ました。
どうもありがとうございました。

2008年3月17日 (月)

50 ways to leave your lover

今日は加古川市民会館でバンディの記者会見があったから、ついでに市役所に寄って退出届けを提出してきた。

住所不定だ。
自由と言えば聞こえが良いが、要は所在ないのだ。寄る辺ないのだ。
もう何度もやってきたことだ。慣れた作業だ。
ただの偶然なのに今日は随分と寂しい。

あたしは所属を失った。

所属とは何か、ホームとは何か、あたしはなぜ地域リーグを応援しているのか。
あたしはどこにも所属しない。故郷もない。「おらが町のチーム」といわれても困るだけだ。
風来坊のあたしには、その時、その場所が勝負だ。後も先もない。
自分がいなくなった後も、仲間が仲良くやっていってくれればよいと願う。
でもそんなのは旅人の感傷に過ぎない。
現実は大人には厳しい。

仲間とは何か。「お友達」とは違うのだ。
ひとつの目的に向かって同じ志を持ったものが集まって出来るのが「仲間」だと思っている。
仲間さえいれば、あたしは自分の所属を確認できる。離れても、帰っていく場所がある。

地域リーグを応援するのは売れないアイドルを応援するみたいだ。
ファンの力でこの子を本格アーティストに育てるぜ!って盛り上がってたのに、その子にいきなりパトロンがついて、「別にコンサートに来たりして今後も応援してくれるのはかまわんが、これからは大手プロダクションに入れてきちんと育成していくからもうきみたちには遠くから見守ってもらいたい。悪いが楽屋に来たり直接接触を持つのは辞めてもらえるか?」って言い渡されたことがある。
頭に来て、「わかったよ!あの子との約束だからインディーズ・ラストのコンサートには行くけど、今後一切応援しない!」って啖呵きって、ラストライブはぶっ倒れるまで盛り上がって、あの子には何も言わずに立ち去った。
その後一切コンタクトをとっていない。配信サービスだってダウンロードするものか。

選手でもないのに戦力外通告かよ...
で、今日だ。
「元カレの披露宴に呼ばれるってこんなかんじかなあ?」
ってのが感想かな。

遠距離恋愛を宣告したあたしが悪かったのか?
「行く前に会いたいんだけど」って言ったら「こっちもちょうど用がある。今度見合いすることになって。」っていきなり言われた感じ。
あっけにとられてる間に「今日の良き日に」なってしまった。
「あたしたちもう、おしまいね。」
「いや...そもそも何も始まってないだろ?結婚式には来てくれるよな?」
おい、おい...そうなのか?

サッカーやってる人はボール蹴ってても蹴ってなくても、みんな自分勝手なんだ。
わかっててあたしもサポートやってるんだよ。だから、いいんだ。
前回のケースとは違う。何も始まってなかったんなら。
式にも参列して、2人の初めての共同作業に心から拍手を送るよ。
せめて最後にキス(試合)ぐらいしてくれても良いのに。ま、そうもいかないか。
なにしろ相手はお世話になった大家さんのお嬢さんだ。似合いの夫婦だよ。
やっぱり機会があれば会いにも来るし、これからも「生暖かく」見守るよ。

ただもう仲間がいない。

加古川べりを犬と歩く。
河口に大きな夕陽が沈んでいく。
こんなに美しい町にあんなに美しいチームがやってくるというのに、
寂しくてやりきれない。

2008年3月16日 (日)

かっこつけとったらあかん!

昨日は日中、サッカー観戦。
今日は日中、テニスの練習見学。
どっちもええかっこしてコンタクト入れていったりして、目が、目があああ~っっっ!!!
くしゃみも止まらずえらい目に遭っております。

お兄ちゃんの部活の練習見学にお弁当を作って行った。
メールでは心細そうなことを書いても、面と向き合えば強がりばかり。
せっかく持っていったお弁当も、焼きたてを持って行った白桃のフランジパンクリームも、全部チームメイトに分けてしまう始末。
まあ、いいや。せいぜい強がってろ。
母のありがたみを思い知るが良い。
そのかわりテニス部の坊や達とすっかり仲良くなって帰ってきました。
個人的に未成年には全く興味がないクリスですが、そこはそれ、今日は「お母さん」ですから。
トレーニング後の疲労物質除去の重要性について一席ぶってきました。
(どこがお母さんやねん...)

で、みなさん、ご覧になりまして、今夜の「NHKスペシャル」!?
マイケル・フェルプスですよ。んもう、ワンダホー!!
気の効いたセリフをつるつる喋るイアン・ソープに比べると真面目そーで、なーんも面白いことも喋れないミシガン大学の4年生であります。
フォームがとにかく綺麗で教科書通り!しかも関節が驚異的に柔らかくて、持久力バツグンとなればレース・スタイルもちょっと面白味に欠ける。加えてお顔もなあ~んか垢抜けない感じで、私服の趣味も地味なんだけど、でも、かなりハニーになってきたわ。
基本、男の筋肉は24歳から、ってのが持論だけど、スイマーに限っては22歳にしとこ。
だってトップ・スイマー24歳まで待ってたら、もう記録が望めない年だもんね。
ちょっと大学時代の彼氏に似てたりして...やあ~ん、何言わせるの~☆
おまけにゲスト出演(?)でクリスの水泳界のシュガー、佐藤久佳君まで登場!全然予想してなかったから嬉しいサプライズ!!ナイスな泳ぎとインタビューまで飛び出して豪華特典付きプログラム、って感じでした。録画しとけばよかったわ。

あ~、泳ぎてえ~。
早く引っ越ししてマイ・プール見つけなきゃ。
でもって絶対シュガーに会いに日本選手権見に行かなきゃ!

« 2008年3月9日 - 2008年3月15日 | トップページ | 2008年3月23日 - 2008年3月29日 »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ