フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« 2008年3月2日 - 2008年3月8日 | トップページ | 2008年3月16日 - 2008年3月22日 »

2008年3月15日 (土)

練習試合vs.カマタマーレ讃岐

会場・カネカ高砂グラウンド、45min. X 3本、天候・晴れ
結果: 1本目・ 2-2 、2本目・ 1-1 、3本目・ 4-0 (バンディ 7-3 カマタマーレ)

今日はお引っ越し前にバンディが見れる最後の機会でした。
なにから書いたらいいんでしょう?
楽しかったことだけ書いとこうかな。

若きGK心の叫び「おれの青春を返せ!」:

今季うちからカマタマーレに移籍した選手が2人います。28番とウダウダ喋っていた現在32番らしい方にキーパー・チャージだ!
「なんで讃岐やのん?そんなにうどん好きやった?」
「まあクビになっちゃいましたから...」
「ぅ、ぅ、ぅ...でも又会えて嬉しいわ。決勝大会お疲れ様でした。」
「お疲れ様でした。」
「きみのセーブがもう見られへんの寂しいわ。Kくんは?」
「あそこですね。」
「どこ?知らん選手ばっかでわかれへん!」
「ほら、あの黄色いビブスのちっちゃいの。」
「ちっちゃい言うなー!きっと本人気にしてんねんから!」
「あ、じゃあ、えっと、あのゴール右の2番の...」
「ああ、あの、ちっちゃいのね。」
「だからクリスさんもちっちゃい言ってるー!」
ちゃんと去年のお礼が言えて良かった。高松でも頑張るのよ~☆

全国大会デビュー戦の対戦相手:

今季からカマタマーレの監督は羽中田昌さんです。で、クリスが去年「サッカー批評」で挿絵の全国デビューを飾ったとき、小宮良之さんが取材した相手が羽中田さんでした。つまりクリスの全国初戦の相手だったわけです。
Blog4というわけでバンディ・ベンチを見事にスルーして掲載誌抱えてカマタマーレ・ベンチへ。
「失礼します、羽中田さんですか?」
黒い!ふりかえった羽中田さん、シゲル松崎並みに黒い!おそらくカマタマーレのどの選手よりも黒い!
クリス車椅子関係者史上もっとも黒い!!あ、べつにね、車椅子だから色白って言うわけじゃないけどイスバスは屋内スポーツでしょう?みんな色白なのよ。だからなんとなくそういうイメージできてたからちょっとビックリ。それに雑誌とかTVなんかで拝見するとそんなに色黒に映ってらっしゃらなかったんだもん。
なにはともあれ、事情を説明してご挨拶差し上げて、名刺交換して(新しい住所のだったから「バンディのために通ってらっしゃるンですか?」って...へへへ)記念に掲載誌にサインを頂いて、握手もしてもらっちゃいましたあああ~♪
「じゃあ今年からはカマタマーレ応援してください。」
やあああ~ん、その殺し文句はだめよおおお~!!クリスすぐ本気になっちゃうから!「これは運命だわ!」とかってすぐ思っちゃうから!
とっても大きくてがっしりした男らしい手でした、はい☆

はい、PC前に戻って参りました(20:20)。

韓流ブーム:

キックオフの時間なのでミーハー活動終了して応援席に戻る。
途中ストレッチしてるヒデの前を:
「ヒデくん、先週は良かったわ。今日も楽しませてね。」
「は、はい!」
「いい子ね、愛してるわ☆」
などとお水トークしながら通過。
でまあ、結果は冒頭の通りで3本目だけ異様な盛り上がり。
ヒデもまあまあだったけど、今日は26番にハアハアしちゃいました。
言葉が通じないのはもどかしいわね。もう3回くらい「グウァンさま」のプレー見たらクリス、ハングルの勉強始めちゃうかも。

クリスとうとう激写される:

今日は別れ際にサポ仲間の方に写真を戴きました。
Blog1これは去年の日岡山のだね。かなり開幕間もない頃かなあ、だって太鼓のお兄さんが愛器を抱えてるもんね。
今はここ、鳴り物禁止だからね。フン、フン!!

Jパパには決勝大会の模様を写したものを何枚か戴きました。
Blog2_2で、これですよ、これ!楽しかったな、刈谷...遠い目。
日付を見ると11/24だから2日目のノルブリッツ戦だね。
光速の断幕張りを披露してゲロゲロな応援スタートを切った日だ。
同時に先制されたのをひっくり返して90分で勝ちきって相手と町田の予選敗退を決定づけた日だ。
気合い入ってたよ、あたし~。
(あ、ちなみに一番手前の「サングラスのおっさん」がクリスです。)

もう今日も素敵なお天気で、風が結構きつくて寒くはあったけど、観戦日和。
しっかあ~し!それは絶好の花粉飛散日和でもありまして、もう今日は試合中は帽子にサングラスにマスクで観戦でございました。
試合終了時には涙と鼻水でぐしょぐしょ!ソッコーで帰るぞ!
みなさんに「今度こそさよならです!」とご挨拶。
28番の甥っ子がいたのでミサンガをあげた。
「くれるん?ええん?」
「うん。チーム・カラー、変わらへんとええんやけど。」
「ありがとう!」
車を出そうとするとなんとその少年が「母を訪ねて三千里」のマルコ・ロッシ状態で手を振りながら車の後を追ってくるではないか!!
やめてえええええ~っっっ!!!クリス泣いちゃうからあああ~っっっ!!!
「危ないで。もうええよ。ありがとう。またどっかで会おうな!」

うえええええ~んんん(ToT)

2008年3月14日 (金)

ヘアサロン

「見ろ、鼻水が滝のようだ!」
「目が!目があああ~っ!!」
あ、どうも、花粉症のせいで毎日がムスカ状態のクリスです。
気分転換に髪でも切りましょう。

クリスの加古川お気に入りスポットを紹介するシリーズも佳境に入って参りました!
今日は2006年秋のオープン以来クリスが通っていた加古川駅北口前の美容室ヴィオラさんをご紹介しましょう!

「ヘアスペース hanam/viola」
加古川市加古川町篠原町103-5クレストコート加古川101
TEL: 079-454-2955
(予約優先。人気店なので余裕を持って申し込んでね。)ヘアサロン

あたしね、長年ショートカット愛好者のせいもあってヘアサロン大好きなの。2ヶ月にいっぺんは行くかな。クリスのモットーは医者に払うお金があれば肉体修練にまわし、エステやネイルサロンに行く暇があれば美容院に行く!でございます。
それに10年ほど前からは白髪も目立ち始めて比較的明るい色に染めるようになってね、やっぱりサロンでやってもらった方が綺麗だし髪も傷まないし、おまけにあたしの髪短いから市販の毛染めだと余っちゃってもったいないしね!

クリスのスタイリスト、浅野さんです☆ ヘアサロン初めてのカウンセリングの時じっくりお話ししてもらって、以降はいつ行ってもだいたいの希望を言えばいつも「男前に」格好良く仕上げてくれる素敵なスタイリストさんです。
ヘアサロンクリスJr.のスタイリストであたしも時々シャンプーやブロウでお世話になった笹山くんです。シャイな笑顔がらぶりぃなスタイリストさんです。

他にもナイスなスタッフが皆さんを優しくお迎えしてくれますのでイメチェンを目指している方はぜひ行ってみてください。ショートヘアはカットが命!おまけにめんどくさがりで自分ではまともにブロウもできないクリスが通っていたんですから腕は確かですよ!
クリス的「カッコイイ系」からジュニアの「カワイイ系」まで、なんでもござれ★

カットやカラーといった美容院の基本的なサービスからトリートメントやデトックスなどの癒しプログラムまで各種そろっています。
駅前で超便利なんだけどまだ北口は開発中でのんびりした雰囲気のなかヘアケアしてもらえますよ~♪

2008年3月12日 (水)

バンディオンセ加古川!(追記有り)

http://www.kobe-np.co.jp/news/sports/0000871128.shtml
そうなんだ~。いやあ、なんか感慨深いですね。

ガンバがACL初戦奇跡の引き分けって...そんなのぶっ飛んじゃったわよっ!!
まあ、そういう可能性もなきにしもあらずだったんだろうけど、どっちかってえと「バンディオンセ三木」で落ち着くのかと思ってたからねえ。
こんなことなら相方に単身赴任にしてもらえばよかったあああ~!!!
去年の日岡山での最終戦、すっかりJFL行くつもりだったから「もう、このグラウンドには戻ってこねえーぞおー!」なんて言っちゃって、ゴメンナサイ、ゴメンナサイ....

追記(3/13)・
昨日の記事発信の段階ではなにも公式発表がなかったチームのHPで申し訳程度の報告が載り、ブログの方には不安を感じている関係者からのコメントが載っていた。
情報操作というのは難しい。
こういうことが起こるたびにあたしは思う。「チームは誰のものだ?」

みんな愛するチームを「自分のもの」だと思って盛り立てている。人間は「おれさま」だからね、なにごとも「人ごと」だったらそこまで真剣になりゃしない。
チームはフロントのものか?チームは株主組織になれば株主のものか?チームは選手のものか?チームは組織関係者のものか?それとも、チームはサポーターのものか?

だれのものでもいいじゃないか。
そこまで愛せる対象は、一個人では有り得ない。
でもその「そこまで愛される対象」を運営しているクラブには肝に銘じてもらいたい:

ことを起こしているのはあんた達だ。
そしてあんた達があたし達みんなを誘ったんだよ。
あんた達は誰よりも先んじて情報をあたし達に渡す義務がある。
判断は必要かもしれない。
でも、「マスコミ」だの「噂」だのに後れを取ることがあっては断じてならない。
あたし達がチームになんの興味も愛着も持っていない人間に先にチームの重要事項を知られ、決定権をかすめ取られることにどんなに悲しい気持ちを抱くかわかるか?
なにがあっても、最後の最後でチームと共に現場に立つのは誰か?
あたし達はチームを愛している。そしてあんた達を信じている。
信じているからどこまでも、ついて行くけど、あぐらをかくな。

一サポのぼやきです。
でも、これからは「アウェー・サポ」となる身としては、現場に駆けつけたり地元情報を収集したりが出来なくなる分、フロントがきちんと情報提供してくれるかがとても重要になるのでね。頼みますよ、みなさん。

おそらく電話も鳴ってるでしょう。直に意見を申し述べている人もいるかもしれません。
それで良いと思います。バンディのスタッフなら真摯に対応していると信じます。
そういうお叱りにきちんと対応できないのはただの子供です。
往々にして我々日本サッカーを取りまく人間はチームに気を使うところがあります。
言うべきことを言うべき時に小出しに言うのではなく、少々ため込んでしまってから大放出、ということをまま見受けます。
あたしも前応援していたチームに対しては気を使いまくっていました。
反省を込めて思うのです。本当にチームを自分のものにしたいのなら気を使ってはいけません。
愛があるならチームは分かってくれるはずです。

ただ、なんだね、個人的には何も自分が出て行ってから来なくても良いのにと思うね。
もう少し早く分かっていればもっと何か手伝えたのにとも思う。
国体の頃とか「サッカーってこんなに面白いんですね」ってサッカー観戦や応援に目覚めた人が一時的に増えて、自分もスタッフやってて充実感あったからねえ。
それに「ウェルネス都市宣言」ということでスポーツによる街の活性化をうたってるところだからあたしもいろんなイベントに参加してその盛り上がりを見るに付け、サッカーに限らず自分が何かできることがあるかもしれないって思ったもの。

まあ、いいや、しょうがない。
もう親もいない、家もない故郷の街にもガンバがあるから戻れるように、本来ならたまたま転勤でやって来てまた去っていくだけの加古川に、バンディがいるから戻ってこれるんだと考えよう。

リラクゼーション・スポット

いやあ~、ええ天気やねえ。春やねえ。
ってなわけで本日はクリスのお気に入りリラクゼーション・スポットをご紹介しましょう。

リラクゼーション・スポットあたしね、スーパー銭湯って大好きやね~ん!露天風呂に浸かってジェットバスに入って子供とひゃあひゃあ言いながら水湯と白湯行ったり来たり...ああ、楽しい。
せやからね、入場お断りされたら困るからタトゥーすんごく興味あるけど我慢しとるん。

で、クリスがここに住んでる間よく行っていたのがこの「あかねの湯」でございます。
加古川市尾上町池田635-48
TEL: 079-423-1126
入浴料は平日600円です。

西日本最大級の広さを誇るスーパー銭湯というのがウリらしい。岩盤浴施設もあるんだけど、子供がもたへんのでそちらには行ったことがありません。その代わりいつもマッサージは欠かせへんよ!リラクゼーション・スポットボディケアの一番短いので20分\2,100。一番やって欲しいところを重点的にスポット・マッサージ。
ここのスタッフは結構若くて、かわいい女の子やナイスなイケメンに運が良ければ当たることも!ただねえ、電車好きな子が乗車すると大人しくなるのと一緒でもんでもらってる間は顔見えへんからねえ、やっぱ実力重視やろな。
垢すりや散髪のサービスもあります。あとねえ、食堂はオススメよ。美味しいわよ。でも結構お高いので今日はフルーツ牛乳だけで我慢じゃ!

リラクゼーション・スポットさてこちらは別府町の住吉神社です。辛いとき、困ったとき、バンディの勝利を祈願するとき、つどつどお参りしました。なんでかってえと...
そのすぐ隣にクリスのマイ・プールがあるからです!リラクゼーション・スポット
加古川スポーツ交流館
加古川市別府東157-2
TEL: 079-436-7400

家の近所に東はりま青少年会館ってのがあってそっちにもよぉ行ってたけど、この交流館の方が水が綺麗でコース分けもキッチリしていたので好きやってん。プール利用が一回につき\700とちょっと高いかもしれないんやけど、回数券や定期券もありますよ~。
なんといっても別府港のすぐ近くにあるロケーションが気持ちよくてね、海を見がてらよぅ来ました♪ジムやスタジオもあるんやけどブート・キャンプやり始めてからジムは全然利用しなくなったね。

Dscf0346さて最後は加古川市漕艇センターです。
加古川市上荘井ノ口361-3
TEL: 079-428-2277

加古川では毎年8月の最初の土日、加古川まつりの一環として「加古川市民レガッタ」ってボートの大会をやってるんやけどね、クリス、2006年の大会を国体ボランティアの研修という名目でお手伝いしてん。船着き場で参加者のボートを誘導する係やってんけど、暑くて喉乾いて最後の方フラフラやったわ!でも、楽しかった~☆
それ以来なんとなくボーッとしたい時に訪れてナイスなボート・マンが舟漕いでるのを眺めたりしていました。

さあ、今日からACLや!BS朝日で中継してくれるそうやからタイ料理用意してスタンバイや!ああ、コーフンするぅ~!!!
(コーフンすると言えば今日久しぶりにSports DPO行ってびっくりしてんけど最近のマネキンって凄いやんか! もう、骨格とか筋肉とかめっちゃリアルに造形してあって、筋肉通にはたまらんことになっとるっっっ!サッカー・コーナーにおいてあったマネキンの太もも見て思わず(大腿四頭きいいい~ん!!!)とかって小さくガッツ・ポーズ作ってしまいました。)

2008年3月11日 (火)

今季日程!

いつのまにか関西リーグの今季試合日程が発表されてる~!

http://www.kansaisl.jp/2008gameschedule01.pdf

http://www.kansaisl.jp/2008gameschedule02.pdf

ああ!もうこの頃にはいないんだなあ(;-;)
なんとか息子に会いに来るとかなんとか言い訳付けて来ようかな?でも7月中には全てが決まっちゃうんだねえ。頑張れ、山賊達!

ちなみに関東リーグも仲良く今季日程同日発表だったね。
会場とかさっぱり分かんないや。また一から覚えていかないといけないわけだ。ああ、めんどくさ...
こっちは9月までリーグ戦は終わらないらしい。そのころはバンディは天皇杯ね。
そうだ!天皇杯で県代表になって、全国大会で関東に試合来てくれないかなあ~♪

2008年3月10日 (月)

サッカー批評vol.38

サッカー批評vol.38
出ました。
pg.134‐137をチェックだ!

シリーズ最終にして最高のものが描けたかと思います。
これで一年の「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」連載も終了です。編集者、関係者の皆さんお疲れ様でした。どうもありがとうございました。

これから新天地に行っても精進します!!

« 2008年3月2日 - 2008年3月8日 | トップページ | 2008年3月16日 - 2008年3月22日 »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ