フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« 馬入でブラジル・シリーズ完結!Yes, We Can!! | トップページ | 平塚競技場で勝ち点3ゲットだぜ! »

2008年11月 7日 (金)

今日の日はさようなら

http://www.jfa.or.jp/match/topics/c20081107_1.html
まあ、どれだけの人が納得したのか分かりませんが、個人的にはこのJFAの発表は(何の説明にもなっとらん)と感じる文章ですね。今後同じようなことが起こるかもしれない可能性を残してしまいました。

そんなことより…辛いのはトーキン関係者の皆さんだ。
応援していたクラブがなくなる。
たくさんそういったケースも見てきたし、自分自身も経験した。
無力感でいっぱいになり、おもちゃを取り上げられた子供のように途方にくれる。
いい加減大人にならなくちゃ、と思うんだけど、寂しくてしょうがない。
夕暮れの土手にしゃがみこみ、懐かしいチャントを口ずさむ。
一人ぼっちで膝を抱えて声を殺して涙を流す。

Photoもう応援したいチームがない。
もう応援したい選手もいない。
もういっしょに応援する仲間もいない。
みんな、いなくなってしまった。
あんなに愛していたのに。
返せ、あたしのあの日々を。
思い出を、返せ。

サッカーをやっていると若い頃嫌いだった照れくさい言葉を平気で吐く自分を見つける。
「みんな」とか「思い出」とか…

責任の所在がはっきりしない個人抹殺的「みんな」という言葉が嫌いだった。
勝負はいつでも1対1だ。群れやがって…
でも、サッカーは一人では出来ない。チームは「みんな」のものでしかありえないのだ。
世界的不況、リストラ…そんな「大人の理由」でチームがなくなる。それだけじゃない。もっともっと、いろんな大人の理由で小さなチームはあたしの手の中からすり抜けていなくなってしまう。
まるで10歳の昔から、自分はほんの1mmも成長していない、少しも賢くなっていないじゃないか。
おれのお前の、あたしらのかわいいチームだったはずなのに。
ほんの一撃でなにもかもなくなって、取り返す術もない。
それでもやっぱりチームは「みんな」のもの。
あたしひとりじゃチームは作れない。あたしひとりじゃチームを幸せに出来ない。
みんなでチームを愛してみんなで一つの大きな夢を見る。
ひとりぼっちじゃできないこと。

「思い出作り」なんていうものの考え方が嫌いだった。
結果として残るのが思い出だろ?わざわざ作ってどうするよ?
20回以上も引っ越す中で、いろんな町に行っていろんな人に出会って別れてきた。
気が付けばいつも、あたしの思い出を共有してくれる人などない。
しょせん人間は一人だ。
でもこの年になって思うのだ。思い出は、共有してくれる人がいてこそだと。
友達とか、仲間とかって、きっと忘却の彼方に逝ってしまう様な一瞬を心の中で永遠にすることをお互い許しあった存在なのだろうと思う。
きみと過ごしたあの日々を忘れない。きみと見たあの空を忘れない。きみを、忘れない。

「おれはただ姐さんと楽しい思い出を作るために一緒に応援して来たわけじゃないです。」
いい年した大人が泣きながら抱き合う。
大通りを酔っ払って歌いながら肩組んで歩く。
チームの勝利にフェンスに向かって全力疾走。
かわいいチームのためならば、たとえ火の中水の中。
こんなに愛せる対象は「みんなのチーム」でしかありえない。
こんなに悔しい気持ちになるのも、全力で愛したからなんだ。

オバマ上院議員の演説はいつも感動的だ。彼は良く「We」を使う。
これを「米国民」だとか「みんな」に置き換えるのは易しい。
ただ、人民の融和と協力を呼びかける彼の「We」のなかに自分というもうすでに米国から帰国して四半世紀近い己も組み込んでみたくなる。
Weという言葉の中に自分という個人を投入してみて初めて彼の言葉は胸に響く。
「みんな」という言葉に拒否反応を示していた子供のあたしは自分の居場所がなかったからだろう。
もちろんいまだって居場所があるんだかないんだか、あいもかわらぬジプシー暮らしなんだけど…
それでも思う。あたしだって「みんなの一部」になれる時もある。それは必ずしもあたしが忌み嫌い警戒心いっぱいの「自己抹殺」に導くことにはならないのだ。
あたしがその仲間に入りたいと心から望めば、あたしは「みんなのひとり」であり、ただその集団に入って安穏とするのではなく、その「みんなのために行動する」ことで思い出を共有するパスを手に入れることができる。

「だいじょうぶだから…」
泣いてるきみの肩を抱く。あたしはきみの友達。

♪いつまでも絶えることなく友達でいよう
明日の日を夢見て希望の道を♪

« 馬入でブラジル・シリーズ完結!Yes, We Can!! | トップページ | 平塚競技場で勝ち点3ゲットだぜ! »

社会人サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223266/43040108

この記事へのトラックバック一覧です: 今日の日はさようなら:

« 馬入でブラジル・シリーズ完結!Yes, We Can!! | トップページ | 平塚競技場で勝ち点3ゲットだぜ! »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ