フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« ロンド | トップページ | 地域決勝・決勝ラウンド初日 »

2008年11月27日 (木)

乾坤一擲

もう明日から決勝ラウンドが始まる。
この一年、あかんまに行くんだとずっと自分に言い聞かせてきたので明日も明後日もここにいる自分が不思議だ。
だけど、あたしの「主戦場」はここだ。
逃げも隠れもしない、あたしはここで闘っていくしかない。

このブログをご覧の皆様、毎年毎年、情けない負け犬っぷりをお見せして申し訳ありません。
メッセージを寄せていただいたり、ご連絡いただいたり、ご心配おかけして本当にすみませんでした。
でもあたしは落ち込むとこまで落ち込まないとどうやら気がすまない性質のようで…ホント、すんません!!
地域応援して6シーズン過ぎました。
決勝大会にはどなたもそうだと思うんですが毎回これが最後と思って出場するわけです。
それなのに…ええ、そうです、6シーズンです。
そしてその6シーズンの間に自分自身3箇所転居し、さまざまなチームや選手、関係者やサポーターと出会ってきました。
地域というこのカテゴリーのサポとしてはありえない移動っぷりで、そういう点ではあたしのスタンスは一年一年が勝負の選手のほうに近いのかもしれません。
今では自分のチームが出場していなくても、友人のチームや知り合いの選手が毎年何がしかの形で決勝大会に出場しています。(実際今回も他のチームにいろいろ知り合いがいましたし、決勝ラウンドに残っている友人もいます。)
なのに、そのどのチーム、選手、一人としていまだJFL昇格していません。
あたしが疫病神なのかもしれませんが、とにかく、決勝大会はそれだけ過酷な大会であり昇格を果たすというのがどれだけ厳しいのかは十分わかってはいるつもりなのです。

けれど、望まずにはいられない。
上に上がりたい。
仲間と新しい景色を見てみたい。
みんなで一緒にサッカーで幸せになりたい、と。

いろんな方面から加古川でのバンディに対する盛り上がりの機運を感じるお話を聞いています。
喜ばしいことです。
3月に自分自身がバタバタしている中でふってわいたような本拠地移転話に大騒ぎしているうちに引っ越さねばならず、どうなることかと心配でたまりませんでしたが、これで安心して地元の皆さんにチームを任せることが出来ます。
あたしは来季からは上品アウェー・サポとしてバンディオンセ加古川を応援していこうと思います。変わらずファンでいます。昇格するまで浮気しないで見守ります。

Image0003あたしはバンディオンセと出会えて本当に幸せでした。
2005年の決勝大会でもう地域は卒業しようと思いました。
でも全社兵庫大会でバンディの存在を知り、気になって仕方ありませんでした。岡山の決勝ラウンドまで行ったのに、その年彼らは昇格を逃しました。
2006年はネット・サポでした。彼らはその年も昇格できませんでした。
とうとう2007年試合を見に行き、たちまち恋に落ちてしまいました。
チームを周りで支えるみなさんにも色々と親切にしていただきました。
あたしがゴール裏で声を出そうが出すまいが、バンディは昇格できませんでしたが、あたしはバンディのおかげでサッカーを嫌いにならずに済みましたし、仲間を持つことの幸せを感じることが出来ました。
バンディを応援するようになってからは視野も広がったと思います。常に全国の地域リーグ全体を見渡すようになりました。天皇杯や全社。チームは全国大会にもいっぱい連れて行ってくれました。
選手たちはもちろん、スタッフ関係者の皆さん、サポーター仲間のみんな、本当にありがとうございました。
Alone again, naturally♪
もうあたしはそばに居て選手を励ましたり、毎試合声援を送ったり、試合運営や営業活動を手伝うことは出来ませんが、離れたところからできることは続けていくつもりです。

一方で、決勝大会は終わってはいません。
明日からのたった3試合。あたし達より先に昇格するチームが決まるのです。
敗退したものとして、しっかり最後まで見届けなければなりません。
悲しいかな、去年の我々のように必ず決勝ラウンドまで行きながら敗退するチームも出ます。
負けるチームからも学ばなければなりません。同じ間違いを繰り返さないように。

乾坤一擲。
ここで走らずいつ走る。

決勝大会とはまさに、そういう大会です。
選手の皆さん、楽しめなどとはとても言えないシビアな大会です。
ご自身の来年からの生活だってかかってます。
けれど思い出してください。
あなたがそのあかんまの地に立つ前にどれほどたくさんの敗者がいたことか。
どんなに望んでも、その地へたどり着けなかった多くの人たちがいたのです。
ただなんとなく試合をして負けてしまってはなんの意味もありません。

Image0004あなたのその一蹴、一走に一喜一憂、泣いたり笑ったりしている人がいます。
そんなこと、普通に生きていたらやれることではありません。
普段は善良な小市民があなたのために太鼓を打ち鳴らし、大旗を振り回し、喉が裂けんばかりの大声を張り上げているのですよ。
我々は嬉しくてたまらない。
公衆の面前で、そんな大騒ぎを胸張ってやれる機会を与えてくれたあなたたちが大好きでたまらない。
「叫ばしてくれ、怒鳴らせてくれ、愛させてくれ。おまえら最高だ!!」
あなた達に出会ってあたしたちは表現する術を手に入れた。あとはハッピーエンドを待つだけだ。さあ、行って物語を完結しておいで。
夢が見つからなかったり、感情をどう表していいのかわからなかったり。
そんなもどかしさからきみらはあたしたちを解き放ってくれたのだ!

だから胸を張り、雄雄しく闘ってください。
たとえ敗れても、下を見ることのないように。一生の悔いを残さぬように。
勝っても負けても一蓮托生。どのみち惚れてるんだから。
ジョカトーレはサッカーの神様からの贈り物。最初から何もかも許されている。

行け、選手たちよ。
一生一度の勝負に勝て!人間が夢を現実にするところをあたしに見せろ!
こんなに人を感動させられるチャンスなんてそうないんだ。お前らが大好きでたまらない人たちを、みんなまとめて幸せにしてみやがれ!

« ロンド | トップページ | 地域決勝・決勝ラウンド初日 »

社会人サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223266/43248480

この記事へのトラックバック一覧です: 乾坤一擲:

« ロンド | トップページ | 地域決勝・決勝ラウンド初日 »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ