フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« 予選ラウンド結果 | トップページ | 乾坤一擲 »

2008年11月25日 (火)

ロンド

吐いて、飲んで、吐いて、飲む。
同じことの繰り返し。

二日酔いの自分をたたきおこし、寝坊したことを相方に詫び、息子に飯を喰わせ、娘を学校へ送り出す。
洗濯機を回し、掃除機を引きずりまわし、犬を散歩に連れ出す。
同じことを繰り返す美しい日常。
世界は、壊れたはずなのに。

あたしはまた昇格できなかった。
一生このまま昇格できないのかと思う。
毎年毎年、同じことの繰り返し。
同じことを繰り返す惨めな負け犬。

悔しいとか辛いとか、そんな台詞は現場に行って言うものだ。
いまはただ、同じことを繰り返す自分をあきれたように見ているもうひとりの自分がいる。

Take your mark......
もう飛び込み台のふちに指をかけて前のめりで待っていた。
なのに飛び込んだ先は紺碧の南の海ではなく、真っ赤な吐しゃ物の海だ。
ボジョレー・ヌーボーのなれの果て。
情けない飲んだくれ - そんなことやるために横隔膜鍛えてきたのかよ?
便器の中は真っ赤な渦巻き。血を吐いたみたいだ。
あかんまの空を赤く染めるんじゃなかったのか?
無様なまねを40過ぎても繰り返しているあたし。

「…じゃあ、土曜に行くか?」
「え?お母ちゃん、土日は家にいないんじゃなかったの?」
「いるんだよ…」
「バンディ負けたの?」
「そうだよ。」
「…おかあちゃんの応援が必要だったんじゃないの?」
んなわけあるか。こんなぶさいくなおばはんが声出そうが出すまいが、負ける時は負ける。
ただ、あたしには必要だった。
PC画面に向かってなどではなく、フィールドに向かって叫ぶことが必要だった。
こんな中途半端にシーズンを終えるなんて、気持ちの踏ん切りが付かない。
何の役にもたたないじゃないか。
仲間達よ…すまない。

いつからクリスマスがちっとも楽しくなくなったのだろう。
地域リーグに関わるようになって、年末が重苦しくてしょうがない。
ちっとも前に進めない。
仲間と新しい景色を見たいと望むことがそんなに身の程知らずなことなんだろうか?
あたしは昇格できない。
同じことを繰り返す無様なあたしの人生。

白いままのあたしのキャンバス。
あかんまに行けなかった。
約束の地は、あたしたちのものではなかった。

あたしがぶっ倒れていようが飲んだくれていようが世の中は動く。
(明日っからどうやって生きていこう)って思ったはずなのに夜は明けて明日は今日になり昨日になる。
同じことを繰り返しながら、あたしは無様に生きていく。

« 予選ラウンド結果 | トップページ | 乾坤一擲 »

社会人サッカー」カテゴリの記事

コメント

今回はツア組です。ほかは初対面の人ばかり。
みんなバンディオンセを好きになったのじゃないかな。
対パルセイド戦、前半20分で2点のビハインド。
これからが凄まじかった。
過去3年全ゲームの中で最高のファイト。
まさしく山賊魂が点火したような。
選手の顔には鬼気迫るものがあった。
あんな試合を毎回やっていたら
楽にJへ昇格できたのに。
もうすんだことだけどね。
そしてパルセイロ(ここから独白)
昨年の熊谷のバンディをやっちゃった。
2日目までトップ。
3戦目も2点先行してもう99%決まり。
サポーターからも歓喜の声が上がる。
あと1%が果てしなく遠かった。
また来年お互い頑張りましょう。

Kさん、お疲れ様です。

パルセイロは2年前まで長野エルザでした。
3年前まで、あたしが命がけで応援していたチームでした。
もう、同じチームではないけれど、昔の仲間を叩いてまでも昇格は手に入りませんでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223266/43221429

この記事へのトラックバック一覧です: ロンド:

« 予選ラウンド結果 | トップページ | 乾坤一擲 »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ