フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« 佳境! | トップページ | 負けちゃった(追記) »

2008年9月12日 (金)

スズキタカユキ、金メダル!!

朝からクリニック。
先週の血液検査の結果を聞きに。
この年になると引っ越してから色々と自治体から健康診断の案内が来たので6月に一通り受けたところ、「高脂血症だから9月に再検査」と言われてしまった。
でまあ、子供たちとだらだらと夏休みを過ごし五輪見ながらビールとおつまみ三昧をして過ごしていたところ、ふと気付けば再検査まで2週間しかないではないか!!
そこで再び減量作戦である。
まず一週間昼食をプロテインドリンクのみにして体重を2kg減らし、その後一週間はブート・キャンプ毎日大汗ダラダラくたくたになるまでやって身体を絞った。
迎えた血液検査、医師曰く「結果によっては専門医に紹介状書くからそのつもりで」。

結果は…異常なし!病院送り回避、であります。
たった2週間でコレステロール値を40落とし、中性脂肪値を80落とせるおれって凄いぜ!
っつーか、出来るんなら常日頃からちゃんとしろよってなお叱りのコメントが入りそうですが、浮き沈みの激しい人生、血液検査もアップダウンが激しいのがクリス流なのです。

気分が良いのでそのままビーチへサイクリング。
いやあ、気分が良いといえば「スズキタカユキ、金メダル!」ですよ。
ああ、昨日から何度聞いたことでしょう、「スズキタカユキ、金メダル!」
いいなあ、いい名前だなあ~☆
あ、鈴木孝幸選手、もちろんおめでとうございます!応援してますよ!なにしろ競泳ですからね!もちろんです。はい。ただねえ…名前が良すぎるんで。
応援席の皆さんもレース中「タカ、がんばれ!」「タ・カ・ユ・キ!」とかって羨ましすぎるコールやってて、あの中に入りたかったなあ。

Oftheyear_2平泳ぎというと北京五輪での北島康介選手の活躍が記憶に新しいですね。
あの100m優勝後の雄叫びは本当には心を揺さぶられました。クリス的に「ガッツ・ポーズ・オブ・ザ・イヤー」ですね。
鈴木選手の方は予選で出した世界新を決勝で出せなかったせいか金メダル獲得後は落ち着いたものでした。
本人はいたってクールな好青年で、サッカーの方の激しいお方とはずいぶん違いますけど、いいの!とにかく楽しかった。
「好きだから(競泳を)やってるだけで、特に競技を通じて何かを伝えたいなどとは思っていない」とインタビューで応えていました。
障害者スポーツということでどうしてもメッセージ性を求められてしまいますが真摯に競技と向き合って、黙って結果を出しいる鈴木選手はカッコイイし、我々はそんな彼からおのおの勝手になにかメッセージを受け取ればよいと思います。
クリス的にはイスバスにしても身体機能障害競泳にしても、失われてしまった機能を他の筋肉がどのように補うのかという点に興味があります。また、鈴木選手のように手足がほとんどない人の場合、「ただ手足をバタバタさせて泳ぐのではなく、いかに体幹部分をしっかり使って推進力を得るか」という水泳の基本を改めて教えられている気がします。
彼らが健常者と違うのは、スタート地点ですでに彼らは勝者なのです。彼らはすでになにかを「乗り越えて」ここまできています。一度何かに打ち勝っている人たちなのです。
よく、「障害なんて関係ない」という人がいますが、あたしはこの言葉が好きではありません。「乗り越えてきた人たち」に失礼だと思います。
身体のハンディに向き合い、訓練をつんで、今がある。
そうした現実にきちんと目を向け、これからも彼らを応援していきたいと思っています。

などと考えながらビーチ到着。光化学スモッグ注意報発令中。
砂浜では海の家解体作業中でした。なんか寂しいなあ。
外国人グループが海水浴に来ていて大はしゃぎしていました。
う~ん、お兄さんもおねいさんもナイス・バデ~♪
ちょうどお昼なので近くの気になっていたお店に行きました。

駅前のレストランPUENが夏の間だけビーチのそばで営業している屋台カフェ。
タイ東北部出身のシェフ、ソン・カーンさんが提供する手加減抜きの本格タイ料理、なんだけどお手軽価格の気の置けないお店です。
当然ながらカウンター着席。さっそくキッチンのスタッフに話しかけます。
「サワディカー」
「サワディカップ。お客さん、何する?」
「パッタイある?」
「ありますよ~」
辛さだけでなく、めんの太さも選べるとのことで細めんいってみました。具も海老のほかに鶏肉もチョイス可とのことでチキンで。
お店には他にタイシルクのシックなシャツをまとった好青年(店長?)と店先でロティを焼いている髭イケメンの日本人スタッフが2名。
「お客さん、タイ料理好き?」
ソンさんは一度話しかけると日本語とタイ語をごっちゃにしてボンボン話しかけてくる。あたしが知っているタイの人たちは皆笑顔が魅力的だが総じておとなしい印象。だがこのシェフはクリスのタイ人史上押しの強さ最高ランクだ。あたしがタイに詳しいと思ったのか色々聞いてくるがよくわかんない。
「あのね、あたし観光よくわかんない。タイはね、食べ物が好きなの。あと、ムエタイ。」
「ムエタイ。タイのキック・ボクシングね。お客さん、男みたいね。」
「そんな、ソンさん、お客さまに失礼な!」
タイシルクがあせってフォローする。こっちとしては「男そのもの」に間違えられてないんだとホッとしてたんだが…
いやあ、うまかったな。おなかいっぱい。そういえば減量中いつも昼食抜いてたからこの時間帯にこんなに食べるの久しぶりだ。
野菜もたっぷりで、話してる途中で追加の調味料も出してくれて、満足じゃ。
「コップンカ。また来てね。」
「あ~、でも、ここは夏だけの営業でしょう?」
「もうすぐデリバリー・サービスを始めるんでその準備をしているところなんですよ。ご自宅はお近くですか?」
「うん、うん、きっとエリア内よ。楽しみにしてるわ。」
「ありがとうございます。」
髭イケメンにアイスのサービス券もらったあ~♪
自転車をこぐ足取りも軽く家路に付いたクリスでした。

« 佳境! | トップページ | 負けちゃった(追記) »

コンディショニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223266/42453045

この記事へのトラックバック一覧です: スズキタカユキ、金メダル!!:

» 水泳指導 [水泳指導]
水泳指導について [続きを読む]

« 佳境! | トップページ | 負けちゃった(追記) »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ