フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« おれは最強だ! | トップページ | 出て行ってくれぇ~!ァ、アア~♪ »

2008年9月16日 (火)

空も飛べるはず

イスバス男子の順位決定戦はイランが棄権したため終わってしまったんだけど、今日のハイライト番組欄には「車椅子バスケット男子」の文字が…なにか特集されるのかしらん?見逃せないぞ!

毎年楽しみにしている読売TVの「鳥人間コンテスト」。昨日の放送ご覧になりまして?
やりましたね、東北大学Windnautsのみなさん!とうとうプラットホームに還ってくるチームが出た!おめでとうございます☆
「みんなが手を振ってるのが見える!帰るぞ、みんなのところに帰るぞ!」
泣かせるねえ、西脇くん。

もう30年以上も続いているこの番組。子どもの頃から大好きで見ています。
2年前にはせっかく関西に住んでいるのだからと現地へ観戦に行こうとしたのですがものすごい早朝開催だということを知らず、琵琶湖に到着した頃には撤収作業中でした。
このプロジェクトに青春や人生をかけている人やチームも多いことでしょう。
継続して発展させているTV局にも敬意を表したいと思います。

ここ数年はいつもこの番組を見て自分も地域決勝に向けて気合を入れています。
バンディにとっての天皇杯が終わり、いよいよ決戦が近付いてきました。http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/emp_cup/88th/text/200809140003-spnavi.html
来月の全社でエンジンも本格始動です。三ヵ月後には全てに決着が付いているのです。
あたしはいまアウェー・サポとなり、家庭の事情もあってなかなか直接サポートが出来ません。
でも、みんなが頑張っているのを見て自分も頑張ろうと思えるのです。
正直今のバンディは去年ほど「あたしのチーム」ではないかもしれません。
ほとんどの選手はあたしというサポーターの存在すら知らないことでしょう。
そんな自分にえらそうに声出しする資格があるのかとゴール裏引退も考えました。
でも、仲間が引きとめてくれました「決勝大会の後でも遅くないだろ」と。
あたしは決勝大会に行きたい。行くからには声も出したい。
仲間のために、選手のために、そしてなによりあたし自身が昇格したいから。
もう地方どまりはたくさんだ。夢を見ているだけなのも飽き飽きした。
仲間と一緒に願いを実現してみたい。新しい景色を、仲間と一緒に見てみたい。

6年前の年末に自分が住む街の社会人チームが「地域リーグ決勝大会」というものに出場したという小さな記事を読んだとき4部以下の世界とそれがJにつながっていることを初めて知った。
それからいろんなチーム、いろんな選手、そして彼らを支えるさまざまな人たちに出会ってきた。
あたしみたいな人間は、一つのチーム一人の選手にこだわっていては地域サポを続けられない。
それでもあたしは地域を応援してきた。いまだに卒業しないでいる。
なぜならあたしもいまだに全国区ではないから。プロになり切れていないから。
昇格したら、あたしもなにかつかめるだろうか?
そんな甘えた根性で、てめえのふがいなさを誤魔化すつもりはない。
でも、なにか一度は成し遂げてみたいじゃないか。天下を獲ってみたいじゃないか。

あんなに応援したのに、もう辞めてしまった選手、なくなってしまったチーム、もう会うこともないファンの人たち、優しくしてくれた家族の人たち、連絡が取れなくなった仲間。
彼らの全てを背負ってあたしは沖縄に行きたい。
あたしはなんにもできないし、なんにもお返しできないし、自分の過ちが帳消しになるとも思っていないけど、投げ出してしまうことだけはしたくない。
どうせ辞めたくても辞められないんだ - 情熱、だからね。

だからその前に貯蓄だよ。バイトだよ。
格安航空券が必要だ。オフシーズンだからツアーとかに上手くもぐりこめばいいのか?
カチャーシー踊るんだから三線練習しないと。
服は?暑いのか11月の石垣?
第一試合は午後でお願いしたいよなあ。午前早い時間で直行便あんの?
うわあ~、ブツブツブツ…

« おれは最強だ! | トップページ | 出て行ってくれぇ~!ァ、アア~♪ »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223266/42492313

この記事へのトラックバック一覧です: 空も飛べるはず:

« おれは最強だ! | トップページ | 出て行ってくれぇ~!ァ、アア~♪ »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ