フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« 不敗記録がぁ~ | トップページ | 馬入で秋の大腿志闘筋まつり »

2008年9月24日 (水)

命に値段をつけるな

昨日湘南が順位を落としている間に広島は昇格を決めましたね。
寿人の男気が実を結んだ感じです。
まずは素直におめでとうと申し上げたい。
ベルマーレも望みが絶たれたわけではありません。まだ8試合あり、二位山形との勝ち点差は3なのですから前を向いていきましょう!
J2は勝ち点差10以内に7チームという混戦ですからまだまだわかりませんが、あたしが16年ぶりに関西に帰った年にガンバが初優勝を飾ったように、10年ぶりに湘南に戻った今年はベルマーレにJ1復帰を飾ってもらいたい!!

さて、お話変わってただいま動物愛護週間でございます。
先日杉本彩さんが毛皮反対キャンペーンの一環で見事なヌードを披露されていました。
あっぱれでございます。ますます彼女が好きになりました。
自分は彼女ほど声高に反対を唱えるわけではないのですが毛皮は買いません。
頂き物を何点か、ありがたく使わせていただいていますが、自分でお金を出して購入しようとまでは思いませんし親しい方には自分の考えをお伝えするようにしています。
理由は簡単で、北部先住民の方々のように生活や文化として必需品であるならばともかく、代用品がいくらでもある社会に住んでいる自分には必要ではないからです。

湘南に越してきて、犬を飼ってらっしゃる方が多いのに驚きました。
皆さん高そうな犬を連れて海岸を散歩なさっており、犬同伴可の店も多く、先日我が家の近くにもおしゃれなペット用品ショップがオープンしました。
実は今週は我が家の愛犬の一応誕生日があったので、早速新しい首輪を買いにいきました。雑種の我が家のアイドルには少々セレブチック過ぎるデザインでしたが末っ子が選んだものを購入しました。
なぜ「一応誕生日」かというと彼女は我が家が長野に住んでいたときに県の動物愛護センターの譲渡会で譲っていただいた犬だからです。
生後まもなくセンターに預けられたので正確な誕生日が分からず、センターの獣医によるお見立てなのです。

毛皮や皮革製作、ペット業界で生計を立ててらっしゃる方々の存在を否定するつもりはありませんし、それぞれの文化的価値もあるとは思います。
ですからこれはあくまでも自分の個人的見解でありライフスタイルなのですが、自分はどうも命に値段をつけて売り買いをし、それが食や生活に直結するのではなく単に豊かさの判断基準になることに抵抗を感じます。
ペットが欲しいとお考えの方がいらっしゃれば、出会いの場としてぜひ愛護センターや保健所、動物シェルターなどの譲渡会も選択肢の一つとして考えていただきたい。
病気や気性に問題のある動物がいるんじゃないかと不安に思われる方、そんなことはありません。
愛護センターならば去勢・避妊手術を済ませ、健康・しつけのケアをきちんとされたかわい子ちゃんたちが譲渡会に出てきます。
センターやシェルターの方々は過酷な運命を背負った動物たちが何とか今度こそ本当に可愛がってくれる相性のよい飼い主に出会えるようにと祈ってらっしゃいますから、もしなにか問題や気になることがあればちゃんと事前に話してくださいますし、譲渡された後も相談にのってくださいます。
我が家も譲渡後1年くらいは何度もセンターに足を運んで質問に答えてもらったりしました。

新しい首輪をつけてちょっとセレブな感じになった我が家のお嬢ちゃんももう6歳です。
ぐうたらなダメ飼い主の、子供には厳しいくせに犬には甘いあたしですが、少しでもこの子が(生まれてきてよかった。この家にきてよかった。)と感じてくれるようにかわいがっていきたいと思っています。

辛いときも悲しいときも、いつも澄んだ瞳でそばにいてくれる「どんぐり」に感謝しています。

« 不敗記録がぁ~ | トップページ | 馬入で秋の大腿志闘筋まつり »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223266/42577201

この記事へのトラックバック一覧です: 命に値段をつけるな:

» ギャランフォルティス 中古車 [ギャランフォルティス 中古車]
●ギャランフォルティス 中古車☆ [続きを読む]

» ハイラックスサーフ 中古車 [ハイラックスサーフ 中古車]
人気のハイラックスサーフ 中古車紹介! [続きを読む]

» 犬の病気 [犬の病気]
犬の病気についての情報です。 [続きを読む]

« 不敗記録がぁ~ | トップページ | 馬入で秋の大腿志闘筋まつり »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ