フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« 大野くぅ~ん!!! | トップページ | 大和魂!!!!! »

2008年8月13日 (水)

自分は自分で引き受ける

サッカー男子は全敗でオリンピックを終えました。
お疲れ様でした。
次に切り替えるとかぬるいことを言ってないで、まずは現実としっかり向き合って欲しいと思います。
(協会、今後はもう少し女子に予算回してください!)

マラソン、野口みずき選手の棄権はショックですし残念ですね。
まずはしっかり怪我を治して欲しいともいますし、残された二人の代表にはなかなか難しいでしょうけれど平常心で頑張って欲しいです。
ソフトボールもはじまりましたね。
これが最後のなっちゃうかもしれない五輪ですが、ぜひとも金メダルを取れるようクリスもお祈りしようと思います。
体操女子も頑張りましたね。
意外と笑顔いっぱいで緊張感の中にも楽しそうに演技していてすがすがしかったです。
あ、あとねえ、オリンピックと全然関係ないけど今日はベルマーレのアジエルの28歳の誕生日なの~♪アジエルお誕生日おめでとう☆怪我早く直して帰ってきてね~!

で、競泳。
800Mフリーリレー、よくがんばりました。日本人が決勝にいてくれて楽しかったよ!
女子200M個人メドレーにスイム・オフを制して決勝進出した北川選手、お疲れ様でした。ほかの選手より一回多く泳いでいたのに良いレースでした。
にしても、最近は個人メドレーにはかわい子ちゃんが多いね?北川さんも笑顔が素敵だったけど、優勝したステファニー・ライスといいアメリカのナタリー・コグリンといい、美人ぞろいでオヤジには狙い目の種目だな。

ところで!もう、毎日毎日フェルプスが世界新記録で金メダルを獲るの慣れてきてませんか、奥さん!?
でもね、これ、ものすごいことなのよ!!!
何しろ水泳というのはサッカーに負けないくらい消耗の激しいスポーツです。
それを毎日、ただ泳ぐのではなくものすごく重圧のかかる中レースをして、複数の種目をこなして、なおかつ記録更新して勝ってるんです。
全然当たり前じゃないんですよ、これは!!
(ちなみに「先生」の競技に臨むときの考え方は(毎日きちんと食べて、寝て、泳ぐ)だそう。シンプルだなあ~。いいなあ~。)
北京で生で目撃したかったなあ~。
たしかに体格にも恵まれているし、水泳大国アメリカで恵まれた環境で競技生活を送っていることとは思いますが、とにかくこの人はものすごく練習すると聞いています。
まあアテネのあと色々あったみたいですが、それでもここまでがんばってきてこの結果です。
アメリカ人のど根性を甘く見てはいけません。ハンパないです。
努力の積み重ねなくして栄光はありません。

開幕前に水着問題に決着をつける自由化会見のとき、日本水連の幹部の方が「選手に言い訳はさせない」と言われました。
もとより、言い訳をするスイマーはいないと思います。
ジャパン・オープンで一番最初にレーザーレーサーを着用して記録を伸ばして見せたのが今日200Mバタフライで銅メダルを獲得した松田丈志選手です。
環境が恵まれている選手を甘えているだとか言うつもりはありません。
でも、松田選手のスタートはビニールハウスで覆われた学校のプールでした。
彼はその「勝ちたい」と強く思う気持ちを見せることでわずか4歳で久世コーチのハートを射止め、また久世さんもある意味全てをなげうってこの少年に人生を賭けてしまったわけです。

「情熱と誇り」ですか…
たった3戦で全てが決まってしまう。やってきたことが水泡に帰してしまう。
地域決勝、出場してみてはいかがですか?
「北京経由南アフリカ行き」ですか…
20年かけてビニールハウスから水立方ってのもやってみますか?

何が何でもやり遂げる。
情熱とはそういうものなんだと思う。

« 大野くぅ~ん!!! | トップページ | 大和魂!!!!! »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223266/42157800

この記事へのトラックバック一覧です: 自分は自分で引き受ける:

« 大野くぅ~ん!!! | トップページ | 大和魂!!!!! »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ