フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« 言葉にならない | トップページ | 「ぼくをアルゼンチンに行かせて!」 »

2008年8月22日 (金)

負けるときは美しく

なでしこが負けてしまいました。
特に前半は素晴らしいタイトな試合をやっていましたので本当に残念です。
やはりドイツは強かった、力は出し切った、ということなのでしょうがその後のソフトボールの選手たちの金メダル獲得の様子を見るにつけ、なでしこたちにメダルをかけてあげたかったと悲しく思いました。

勝つためにはどんなことをしても負ける時は美しく、と言います。
彼女たちは美しいサッカーをしていたと思います。負けたあとも美しかった。
柔道のある選手は芸術家じゃないんだから勝つために試合をすればいいというようなことを言っていました。スポーツなんですから誰だって勝つために試合をしていると思います。
美しい体操にこだわって散っていった選手もいます。けれども彼は試合後「幸せな大会だった」と言っていました。
あれほどのレベルのアスリートになれば最後は技術だの戦術を超えたところで勝負をしているんじゃないでしょうか。
負けて良いわけはない。勝者が全てをさらっていく。
でも負けてしまったとき、現実に向き合うには「自分がどんな競技をしたいのか」ということをしっかりと心の中に持っていないと(自分は今まで何をしていたのか)となってしまい、次に踏み出せないと思うのです。
ただただ「勝つ」ことだけが目標では、負けてしまった自分を受け入れられないでしょう。

あたしは前の首相が掲げていたスローガンが嫌でしょうがありませんでした。
「美しい国作り」
自分はあまり政治的な人間ではないのですが、このフレーズは気に食わなかった。
自分は絵描きですから常に美しいものを求めています。
ただただ「美しい」ものを描きたいと願って自分の絵と向き合っています。
けれどあたしは「美しい」ものは「作る」ことができないと思っています。
もちろん、アスリートの素晴らしいプレーを見て「美しい」と感じ、その全てを自分の中に取り込んで、その一瞬をあたしの絵の中に閉じ込めてしまいたいと思っています。
けれどそれは一種の憑依というか、あたしというフィルターを通して選手の美しさを何とか永遠にできないかと願うクリスという一絵描きのあがきです。
あたしという人間が何か「美しいもの」を作り上げられるなど、そんな大それた考えは持っていません。

アスリートの皆さんもそうではないかと感じているのです。
誰も美しいプレーをしようとかきれいに試合をまとめようとか思ってないと思うのです。
みんな勝利を目指して死に物狂いだと思うのです。
その行為が、その過程が、その気持ちがあたしはとても美しいと思うのです。
彼らの不可能を可能に、困難を克服し、栄光を勝ち取ろうという、狂おしいほどの闘争心とそれによって引き起こされる一連の闘いがたまらないほど美しいと思うのです。
美しさとはあくまでも結果であって狙えるものではないと考えています。

唯一狙えるとすればそれは負けたときです。
無様な真似を見せないということです。
まあ何をもってして「無様」とするかは何をもってして「美しい」とするか以上に定義は難しいとは思いますけれどもね…
個人的には人間ですから色んな感情があってしかるべきだし、勝負事ですから勝つものがいれば負けるものもいるのは分かっています。
ですから勝った後の行いはその人が競技者としてどうありたいかが出ると思いますが、負けた後の行いというのはその人の人となりが出ると思います。
あたしは基本アスリートが大好きですから、どんな様子も注意深く見ていたいと思います。
どんな状態であっても「この世は美しい」と言い切ったブッダの心境になりたいものです。

なでしこJAPANと関係者の皆さん、あなたたちはとても強くて美しかった。
お疲れ様でした。胸を張って帰ってきてください。
女子を見るようになってまだ3年目のあたしですが、これからもあたしはあなたたちを応援します。

« 言葉にならない | トップページ | 「ぼくをアルゼンチンに行かせて!」 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223266/42240613

この記事へのトラックバック一覧です: 負けるときは美しく:

« 言葉にならない | トップページ | 「ぼくをアルゼンチンに行かせて!」 »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ