フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« 五輪が終われば天皇杯 | トップページ | 嵐のサンダーボルト!! »

2008年8月27日 (水)

馬入で過ぎ行く夏を思い返す

♪みぃ~やぁ~こぉ~のぉ西北、ワセダア~のとぉなりぃ~。バーカダ、バーカダ、バーカダ~♪
あ、どうも、早稲田出身の義兄にいつもこの歌を歌うと嫌な顔をされる第一志望はバカダ大学だったクリスです。

今日は早稲田大学との練習試合が行われるというので久しぶりに馬入に行ってきました。
五輪が終わってからこっち、雨ばっかりでしたが今日は晴れ。連結トンボがグラウンド周りをたくさん飛んでいました。
なかなか試合開始時間が発表されなかったのでまず昼前、練習グラウンドに出先から立ち寄ってみたのですが、おや、見慣れぬブラジル人が…あ、いや、見たことあるかな?
ってなわけで、新外国人移籍加入が発表されました:
http://www.bellmare.co.jp/bellmare/view/s.php?a=5041
トゥット選手は日本でもおなじみですね。
Tuto本日の練習に参加していました。
どうも外国人選手の出入りが激しい湘南ですが、今度こそしっかりチームにフィットして、昇格の原動力となってほしいものです。
しかし…いつまでたっても日伯友好キャンペーンが終了できんな。
もうタオマフのスペースが…でも、トゥットにも絶対サインもらう!

そしてもう一人がナザ選手です:
http://www.bellmare.co.jp/bellmare/view/s.php?a=5042
実は彼はもう少し以前から練習に参加しているのを見かけていました。
ガーナ出身ということで、多民族というか多部族国家ですが公用語は英語。チームのみんなとも英語でコミュニケーションをとっているようです。
年も18歳と若いので練習生かなあと思って絡むのは控えていましたが…
英語ならあたしに任せて!クリス的国際交流@馬入はまだまだ続くのです。

午後は早稲田大学と練習試合。
Waseda湘南の方は「鳥栖戦に出なかった人たち」が前半後半ほぼ全員入れ替え。
(トゥット選手は出場せず。ナザ選手は前半の出場で前目の攻撃的位置でした。)
時間の都合で後半開始まもなくで帰りましたが、見ていた間では結構学生さんたちのほうが攻め込んでいまして、何度もエンジ色のユニフォームが湘南ゴールに迫っていました。
最終的にどっちが勝ったのかわかりませんが、たくさん見学に来られていたお客さんのためにもその後の湘南若手プレーヤーの奮起を願っています。

あたしはこの春からベルマーレを見るようになりましたのでJ2お勉強中です。
そのなかで学んだのは「負けないことの大切さ」です。

あたしはゆる~いガンバサポですが、このチームはJ開幕当初は「お荷物」と呼ばれ、「J1降格」になりそうな状態に陥ったことはあれど、実際に入れ替え戦を戦ったりクラブ存続の危機に直面したことはありません。
近頃では「西の横綱」として常勝を求められています。

一方であたしはコアな地域サポです。常にJFL昇格を目指すチームを応援してきました。
「本来なら地域にいちゃいけないチーム」というスタンスですからリーグ戦は勝って当たり前。負けるということがものすごく心理的に衝撃が走るディビィジョンなんです。あたしたちの頭には常にあの残酷な地域リーグ決勝大会がありますから(こんなところで負けていたら地域決勝で勝てない!)という強迫観念にも似た意識があるのです。
あたしたちは選手に対して常に「90分で勝ち切る」ことを求めています。
選手とサポの距離が近い分、ある意味過酷な関係性かもしれません。
引き分けも内容にもよりますがやはり受け入れがたいものがあります。
(今年昇格しなかったら来年はチームがないかもしれない!)
存続の危機など常に隣り合わせの地域リーグクラブでは「現状維持」ですら許されない雰囲気があります。

ここしばらくベルマーレは「負けていません」。
これは長いJ2のシーズンにおいては大切なことなんだなあと最近わかってきました。
つい、地域のノリで(勝ちきれないんだよなあ…)などと文句を言いたくなりますが、「勝ち点の積み上げ」ということではドローも貴重な勝ち点1なのです。(まあこの「勝ち点」には地域決勝では泣かされますがね。あのPK負けても勝ち点1ってローカル・ルール、なんとかならんのか…)
負けないベルマーレは現在リーグ4位です。
ぜひとも今年の年末は、バンディと湘南の「ダブル昇格」で勝利の美酒を味わいたいと思っています。

« 五輪が終われば天皇杯 | トップページ | 嵐のサンダーボルト!! »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223266/42291898

この記事へのトラックバック一覧です: 馬入で過ぎ行く夏を思い返す:

« 五輪が終われば天皇杯 | トップページ | 嵐のサンダーボルト!! »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ