フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« う~ん、悔しい! | トップページ | Vamos, Argentina~♪ »

2008年8月19日 (火)

敵は強い方が良い

あ、どうも、競泳とサッカー女子準決勝が終わって急速に五輪観戦モードがしぼみつつあるクリスです。

まあね、アメリカは強かったですよ。
でも技術的なことを話せるのはいいじゃありませんか。それ以前で闘えてないより。
体格的なことや戦略的なことはね、彼女たちだけでなく協会がもっと考えることですよ。
とにかくなでしこたちは頑張ったし、あたしたちは感動した。
だから木曜日は気を取り直してメダルを取りに行きましょう。

引越しをしてすぐの夏休みはいつも困る。
こどもたちやあたしには友達がいないし、行く所も良く分からない。
仕方がないので子供がいくつになっても夏休みの勉強とレジャーのプランをあたしが面倒みなければならない。
いつからこんな風になったんだろう?
こどもたちがちいちゃいころは信頼できる保育園があってあたしには定期的な仕事があって、夏休みなんてあまり関係なく過ごしてたのに。

で、今回の転居はおにいちゃんはもういないし、娘は受験なので志望校の説明会などがあるんだけど、習い事も何もない末っ子は…暇と暑さで毎日溶けそうになっている。
今度の学校は宿題が驚くほど少ないのでもう終わってしまったのだ。
いままでこどもといっしょに全国4つの小学校を渡り歩いてきたけどこんなこと初めて!
だもんでプールや映画に連れて行きながら、いままで後回しにしてきたアレルギーや歯科の通院をしている。

公共交通機関大好きなクリスたちは通院もバス利用。
末っ子は10歳なんだけどこのくらいの男の子のバス乗車時の最大の関心ごとは降車ボタンを押すこと!
通院開始時はまだ「ウブ」だったので車内アナウンスが全部終わるまで待ってから押そうとしていたので必ず誰かに先に押されてしまっていた。
研究を重ね、あるポイントを過ぎ、車内アナウンスのどこら辺で押せば「負けない」かを編み出した。
ところが、夏休みともなれば同じ小学生と乗り合わせる確率は高くなる。
ここからがバトルだ。
実は末っ子は運転手さんのすぐ後ろ、一番前の席に座るのが好きだ。
ところが以前、後ろに座っていた少年に先を越された。彼は早々と前の停留所からボタンに手をかけてタイミングを探る我が息子を注意深く観察しながら末っ子が今まさに押そうとしたそのとき誇らしげにボタンにタッチしたのだ。
帰宅後あたしから戦況レポートを受けた末っ子はまた研究した。
「一番後ろに座ればお客さんが全員見れる!」
ということで彼は自分の嗜好を封印し、以降は最後尾に座るようになる。
これくらいの研究熱心さと我慢強さを勉強にも発揮してくれれば親としても安心なのだが。
そしてあるとき、彼の三つ前に座ったお兄さんがぼんやりとボタンを押そうとした直前に高らかに降車ブザーを打ち鳴らしたのだ!
「やったやん!」
「うん。でも、あのお兄さん、あまり強くなかった。」
強いとか弱いとかあんのか、この「競技」…
今週の通院時、車内はこのあたりの事情が良く分かっていない海水浴客でごった返していた。案の定、末っ子はバトルすることなく楽勝で降車ボタンを押した。
「今日は良かったな、ハラハラせぇへんですんで。」
「ドキドキするのがいいんだよ。」
「へ?」
「バスに乗るとき小学生がいると燃えるんだ!ドキドキして嬉しくなるんだ。敵は多い方がいいんだよ。」
ああ、そうですか…
末っ子も「男の子」になってきたなぁと思える今日この頃でございます。

ベルマーレではこんなことが起こってしまいました!
http://www.bellmare.co.jp/bellmare/view/s.php?a=4981
ガンバのバレーに続いてお前もか…カレカ…
せめて餞別代りに違約金、クラブにたくさん置いてってくれよ。
敵は強くて多い方がいいかもしれんが、お金持ちとは同じ土俵で闘えませんぜ、旦那。

« う~ん、悔しい! | トップページ | Vamos, Argentina~♪ »

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223266/42214163

この記事へのトラックバック一覧です: 敵は強い方が良い:

« う~ん、悔しい! | トップページ | Vamos, Argentina~♪ »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ