フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« あのねぇ! | トップページ | Egoist »

2008年7月20日 (日)

責任感と自己満足 - 使命感と自意識過剰

本日関西リーグ最終節が行われ、すでに優勝と地域リーグ決勝大会出場を決めているバンディオンセ加古川はアイン食品と対戦して2-1の勝利を収めました。

http://www.banditonce-kakogawa.jp/news01/46.html

あたしの「バンディのハニー」がピッチを去りました。
昨日は飲んだくれて、今日は一日胸が苦しかったです。
もう地域から足を洗おうと思っていたあたしがバンディの試合を見に行こうと思ったのは森岡選手が悲願のJ1リーグ初制覇を飾ったばかりのガンバを退団して移籍してきたからです。
(森岡さんが4部に来てくれる!)
嬉しかったです。結局ゴール裏に立つことにしたとき、試合後の森岡さんに挨拶に行きました。
「ガンバから付いて来ました。一生懸命応援させてもらいます!」
「ありがとうございます。よろしくお願いします。」
にっこり素敵な笑顔で答えてくれました。
ゲーフラにサインしてもらったときも「JFLに連れてってくれますよね?」って聞いたら「はい。」って短く答えてくれました。しっかりあたしの目を見て力強く握手してくれました。
熊谷で倒れこんでいた森岡選手を見るのが一番辛かったです。でも、彼は今季もバンディに残ってくれた。だからあたしも、もう引っ越すことは決まっていたけれど、(がんばって応援続けるんだ!)って思いました。

だってシゲルがあたしに、「これからも応援してください。」って言うから。

もちろんそれは、あたし個人だけに向けられたメッセージではなく、広くサポ全員になんだろうけど、ファンってのは選手のどんな言葉も自己中心的に思いっきり拡大解釈して応援の糧にするもんだ。
(アウェーサポになっても、なにがあっても、応援するんだ!あたしがシゲルを石垣で男にするんだ!!)
もちろん彼一人のためじゃない。バンディオンセというチームがそれを支えている人たちが、本当に好きだから応援して来た。

あたしはなにをやってるんだろう。
連勝を続けるチームを久しぶりに応援に行けばふがいない試合で引き分けるところを目撃し、森岡選手現役最後の試合には駆けつけることすら出来ない。
役立たずだ。役立たずの上に、疫病神みたいだ。

こんなクソブログ、森岡さんが読むわけはないのはわかってる。
でも、「気持ちがないならすぐやめてくれ」などと書いたすぐ後で、まさかチームで一番好きな選手がチームどころかサッカーをやめてしまうなんて思わないじゃないか?
ばかなあたしには、辛すぎる偶然だ。

悩んでましたけど、気持ちが固まりました。
ゴール裏、引退します。やる気のない奴は去れ、です。
こんな気持ちじゃこれから大事な時を迎えるチームに迷惑がかかります。
幸い、仲間たちも戻ってきた模様。おばさんは用済みです。

ブログもしばらく休みます。
口は災いの元 - 言霊の恐ろしさを身に染みて実感しました。
もちろんあれは選手たちを、ひいてはへこたれそうな自分自身を叱咤激励するつもりで書いた正直な気持ちです。だからいまさら訂正したり取り消したりする気はありませんが、気持ちを垂れ流したらどういうことになるか、少し頭を冷やして反省しようと思います。
今後バンディについてコメントやメッセージをいただいてもお返事は出来ないと思いますのでご了承ください。

どうも申し訳ありませんでした。

« あのねぇ! | トップページ | Egoist »

社会人サッカー」カテゴリの記事

コメント

バンディのリードを取らせてもらっているものです。
俺もバンディのリード復帰戦が森岡選手の引退試合になるとは夢にも思わなかったです。
個人サポの気持ちは俺にはすべて理解は出来ないけど、正直、森岡選手はもうボロボロだった。
ケガを患い、ずーっと悩んでいたようだったし。

いろいろと思う気持ちはあると思います。

ただ、俺が言いたいことは、森岡選手が残してくれた種を今年は昇格という花を咲かせるために一生懸命にやりたいし、姐さんの引退はそれからでも遅くはないと思います。

返事はいりません。

11月までまだまだ時間はあります。
俺自身が思ったことなんですけど、サッカーのことはスタジアムじゃないと解決しないんだと思います。

予選リーグは無理に来なくてもいい。
必ず決勝リーグ進出できるように俺たちがサポートするから。

石垣島で待ってます。

私もむかし、同じようにサッカーをやめました。いいと思います。今度はいろいろなものごとに目をむけて、自分の生きたいように生きてくださいね。ブログは書いていいのでは?サッカー以外にも楽しいことを見つけましょう!いつも応援しています。

森岡さんが幸せになるようエールを送りましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223266/41918028

この記事へのトラックバック一覧です: 責任感と自己満足 - 使命感と自意識過剰:

« あのねぇ! | トップページ | Egoist »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ