フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« 不勝神話 | トップページ | 練習試合@馬入vs厚木マーカス »

2008年7月15日 (火)

あかんまを赤く染めて

ふぅ、進路相談三者面談にも駅前駐輪場抽選会にも間に合うように帰って来れたぜ…
あ、どうも、久しぶりに関西のエスカレーターに乗って左側にボーっと立ってて何度か突き飛ばされそうになったすっかり関東かぶれな迷惑者のクリスです。

http://www.banditonce-kakogawa.jp/news01/44.html

はあ~…なんだかねえ…
試合の後はJパパのおうちにバスの時間までお邪魔させていただきました。
28番が出場しなくてつまんなかったけど、そのかわりにパパに色々と珠玉の言葉をいただき、サッカーについて人生について、いろいろ考えながら帰ってきました。
声出し引退についてはまだ結論は出ていませんが、山賊たちがあたしを引っ張り出すようなプレーを今後してくれれば根が単純ですから気が付いたらまたゴール裏に立っているのかもしれません。

あたしは今季アウェー・サポで、いつも身近にサポートしてないからあまりごちゃごちゃ言いたかないけど、日曜の試合は本当にいただけなかった。
この際勝ち負けよりも、せっかく見に来てくれた人たちのハートをがっちり鷲掴みにするような一生懸命さが欲しかった。
少しは個々に営業面についても考えて欲しい。今年は勢いをつけなければいけない加古川一年目。観客動員を増やし、グッズの販売を伸ばし、たくさんのスポンサーについてもらわなければ到底JFLの運営やJ加盟申請など立ち行かないのだ。
加古川は熱心な少年サッカー指導者がたくさんおり、サッカーが好きな人も多く、きっかけさえあれば大いに盛り上がるはずだ。
そのきっかけを、日曜日、自らつぶしてしまった。
一般のファンの熱が冷め、スポンサーが撤退し、自治体の援助が得られなくなればどうなるか?あたしはそうやって短い間に空中分解して解散して行った地域のチームをいくつも見てきた。バンディには決してそうなって欲しくない。
課題が見つかれば修正していけば良い。日曜が地域決勝でなくてよかった。
技術や体力は今からいくらでも上乗せできる。

ただ、あたしは「熊谷」を経験した選手には言いたい。
気持ちが足りない?今この時点で気持ちが足りないのなら、すぐ辞めてくれ。
きみたちも見ただろう?あたしたちと一緒に見たはずだ。
あの真っ白な熊谷の空を。
残酷なほど暴力的に白くなにもないあの空を。
もう忘れたのか?あたしは決して忘れない。
悲しいとか辛いとか、そんなもんじゃなかった。
絶望だ。絶望だ。
もう二度とあんな空は見たくないだろう?
何年地域でやってきたんだ?いつまで地域でやるつもりだ?地域止まりで、本当にいいのか?
いいわけないだろう?天下獲って、あたしを全国区の女にしてくれ。
Photo_3あの日から、あたしのキャンバスは白いままだ。
あたしに真っ青な石垣の空を描かせてくれ。
紺碧の海に、希望の船を浮かばせて、おれたちはさらに大きな夢を見るんだ。
ああ確かに、もう何度も失敗してきた。あたしらは負けることに慣れていないか?
一度も昇格したことがないから、成功が恐ろしいんじゃないのか?
でももうきみたちは、走り出してる。いろんな人を巻き込んで、もう走り出してるんだ。
石垣まで来れなかったたくさんの選手たちに、サポーターたちに、そしてきみたちに敗れ去って行ったチームに、胸を張って昇格を報告する責任がきみたちにはあるんだよ。
いいか、きみたちはひとりじゃない。どんなにおれたちがきみたちを愛していたか思い出せ。
なんども女の純情ふみにじられてきたからね、あたしも少々のことではへこたれないよ。
だけど忘れるな、あたしはきみたちに本気だ。
あたしを、裏切るな。

其は猛き赤い花。赤き山賊、比類なき勇者。
アカバナをつんでおくれ。あかんまの空を赤く染めよう。

« 不勝神話 | トップページ | 練習試合@馬入vs厚木マーカス »

社会人サッカー」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした。
クリスさんに申し訳なくてね。
史上最悪の試合をやってしまった。
それも天覧試合ですよ。
あの大勢の観客の前で。
ボランチとDFでチンタラと
ボールを回しているだけ。
途中で応援止めました。
馬鹿馬鹿しくて。
昨年、全国大会の前に
サンガサテライトとのTM
8-0で惨敗 手も足も出ず
それでも必死で応援したよ
今回はあかんわ
リーグ戦では5-1ぐらいがほとんど
ゲルシーの怨念かな
明日がカマタマーレとのTM
20日がアイン食品とのリーグ最終戦
いいお知らせができますように

Kさん、お疲れ様でしたね。

J両親とも帰りに言っていたんですが、「ああ、もう、あんたたちがボール回し上手いのは良くわかったから、もう、十分見せてもらったから、早よぉ決めんかい!」って感じでしたね(^-^;)

今後は出来るだけ強い相手と練習試合組んで、全社でBBBの底上げもきっちりやって、中だるみすることなく秋を迎えたいものです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223266/41840798

この記事へのトラックバック一覧です: あかんまを赤く染めて:

« 不勝神話 | トップページ | 練習試合@馬入vs厚木マーカス »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ