フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« おみやげ | トップページ | 高校体育会系ソフトテニス »

2008年7月11日 (金)

馬入で夏のサインまつり☆

いやあ、暑い!
梅雨の晴れ間とはいえ、夏真っ盛りな感じの今日の馬入であります。Onthe_groud
ハーフコート、フルコートと規模を変えながら、ほとんどの時間をゲーム形式でトレーニングしていました。
個人的には昇格を本気で狙うならかなりヤバ目なここしばらくの戦績なので、引き締まった雰囲気の練習には満足でした。

嬉しいニュースはジャーン選手が全体練習に合流していたことです!
やっぱりこの人がいるとチーム全体が落ち着いているような気がします。待ってたよ、キャプテン!!

さて、本日のクリス的馬入ポイントは先日の試合で出番がなかったブラジリアン・トリオを激励する、というもの。
練習が終わると早速西村通訳をとっつかまえてポルトガル語の復習。
続けてトリオが上がってくるのをすかさずショルダー・チャージだあああ~っ!!!
「Ola, Adiel」(まずは一番絡みやすそうなアジエルにご挨拶)
「Ola~♪」
「Come esta?」(調子はどう?)
「Muito bem! E voce?」(元気!きみはどう?)
「Estou bem!  Mida un autograf, Adiel!」(いいわよ。ね、サインちょうだい!、と早速水曜に買ってきたタオマフを取り出す。)
「Sim, como nao?」(もちろんさ!)Adi
「Muito obrigada!  Hey,Abraao!  Linco~ln♪」…とここで盛り上がるあたしたちを放ったらかして他の二人が帰りそうになったので声をかける。ジャーン選手はたまたまお友達に出くわして立ち止まったけどリンコン選手はどんどん行ってしまいます。
「こら、リンコン、待たんかい!Hey, wait, Abraao!  I need your autograph, too!!」この際ダメもと、日本語(関西弁)と英語で叫べどもダメなものはダメ。が、しかあ~し、アジエル選手がどんくさいクリスに代わってなにやら叫んでリンコン選手を呼び止めてくれました。
「Muito prazer.  Obrigada, Adiel.」(嬉しいわ。ありがと、アジエル。)
「De nada!」(どういたしまして)
親切なアジエルにお別れして次はリンコンだ!

「Ola, Lincoln!  Como esta?」(リンコン、調子はどう?)…って、リンコン選手は185cm、79kgのナイス・バデーです。向かい合って立つ160cmのクリスとの身長差は実に25cm!まるでお父さんと子供。(でも年齢差はあたしがお母さんでむこうが息子。)
「Muito bem.  Portugeues, huh?」(ちょっとビックリしつつ「元気だよ!ポルトガル語だね?」)
「Sim.  Abraao, Poderia escreva autograf, por favor?」(そうよ。ねえ、サインもらえる?)
「OK.」Lin 
「Escreva aqui......Obrigada.」(ここに書いてね。ありがとう。)
「○×▽■?」
なんか言ってたけど、わっかんなかったあ~(T^T)
「Tenha um bom dia!  Ate logo~」(良い一日を!まったねえ~)と握手してジャーン選手に逃げる。リンコン選手の手はでかい身体の割には指が細くて柔らかい手でした☆

さてと、ジャーンは日本語わかるもんね~♪
「Ola, como esta? サインもらえますか~?」
「は~い!」
ジャーン選手もリンコン選手とほぼ同じ体格ですが、このときはお友達と並んで腰掛けていました。クリスもお隣に腰掛けてタオマフを差し出します。Jean
「このキング・ベルの隣あたりにお願いします。Escreva qui, OK?」
「わかりました。」
「もう、元気になりましたか?怪我治りましたか?」
「はい。すっかり大丈夫。」
「え、本当?マジで?」
「マジで、マジで(笑)」
「じゃあ試合に出られますか?」
「はい。」
「本当?嬉しい、約束だよ~!」
「ありがとうございます。」
「良かったあ~。Maravilhosa!」
「Obrigado」
並んで身近にお顔を見ながらお話しちゃいました~♪ジャーン選手って本当に紳士的。碧いお眼々がとっても綺麗☆

クリスとっても上機嫌で西村通訳に戦利品を見せびらかしつつご報告。今後ともよろしくご指導のほどお願いいたします、師匠!!

ちなみに、本日のテーマに入っていなかったのですがたまたま師匠にご挨拶に行く途中、引き上げてくる原選手と真ッ正面で出くわしちゃったので「お疲れ様」と声をかけました。
そしたら「あ、こんにちは」って、ニコッって、めっちゃキュートな笑顔で挨拶してくれたのでクリス思わず「サインもらえますかッ!?」って握り締めたマジックを原選手にむかってつきだしてしまいました。
しかし、もうタオマフはブラジリアン・トリオにめいっぱい書き尽くされてしまっているので原選手にだけ隅っこにサインしてもらうのは申し訳ない。そこでスケッチブックを取り出した。
「これに描いてもらえます?」
ちょうど先日何枚か描いたのでそこのページを開く。
Autograph「うおっ、おれだ!」
「はい、あなたです(笑)」
「え?お仕事ですか?」
「はい。サッカーの絵を描いてます。でも、今日は取材じゃないですから緊張しないでください。」
「そうですか。」
「どれでも好きなのに書いてください。」
「ここに書いちゃっていいんですか?」
「いいんです!おもいっきり書いちゃってください!!」
「じゃあ、これ。」
…ということで意外にもプレー中のイラストではなく正面ものでした。
ってなわけで、ここにリュウタとクリスのコラボレーション完成!であります。

いやあ、今日も楽しかったな。選手そしてスタッフの皆さん、ありがとうございました。
これでテンションも上がりまくったところで、元気に兵庫遠征に出発できます。
サッカー・サポたるもの遠征にお金をかけないのが掟!(っつーか、かけられない?)車中泊の弾丸ツアーはいつだって夜間高速バスとおともだち♪今夜、出発します。
息子よ、仲間よ、待っててね☆

「肖像権」についてのおことわり・
いつも本ブログをご覧頂きありがとうございます。
仲間内だけの「誰も読んでないブログ」のはずなんですが、検索機能というのは恐ろしいもので、先日中田英寿さんについて書きましたら一気にアクセス数が上昇しました。
このブログは特別湘南ベルマーレさんから公式ファンサイトとして認められたものではありません。自分はベルマーレの広報担当の方をはじめスタッフの方々とはすでに面識があり、練習場に頻繁に顔を出して絵の資料収集のために選手を撮影したりスケッチしたりしますよ、ということについてきちんと了承を取っていますし、このブログの存在についても先方はご存知ですが、自分が馬入に出入りするのはあくまでも練習見学のためで特に取材許可をとってはいません。ですから今まで少々無頓着に選手が誰だか判明できるくらいまで寄ったスナップもこのブログに載せてしまいましたが、なにしろひどい腕前のショットですし、このブログは基本的に自分のイラストをアップすることの方を優先しているのでかまわないか、と軽く考えていました。
しかしこの度OBとはいえチームの選手ではない中田さんの写真を無断で掲載し、またそのことでアクセス数が増えたことに申し訳ない気持ちになりました。そこで過去の中田さんや選手のアップ写真は削除し、その他の練習風景についてもサイズの縮小をかけました。特にどこかからクレームをいただいたわけではなく自分の判断ですが、もしいままでこのブログに載った写真のせいで何らかのご迷惑をおかけしたことがあればここでお詫びしたいと思います。
自分は基本的にプレー中の選手にしか興味がありません。ですから練習中の写真は撮っても練習後の選手に声をかけて「写真撮らせてもらっていいですか?」とスナップを撮影する趣味はないのです。そうであれば撮影時に「ブログに載せてもいいですか?」と逐一掲載許可を得られるのですが、あいにく取材で顔の特徴を掴むために正面撮影をする以外はそういう機会は得られません。しかし人物を描くことをしている人間として、選手の「肖像権」は大切にしたいと思いますので、今後は練習風景も引いたアングルでのみのショットをアップする、としたいと思います。もし馬入になかなか来れないのでこのブログでベルマーレ選手の練習の様子を楽しまれている方がいらっしゃったら申し訳ないとは思うのですが、とりあえず今後は遠景とイラストのみでご勘弁ください。

« おみやげ | トップページ | 高校体育会系ソフトテニス »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223266/41803674

この記事へのトラックバック一覧です: 馬入で夏のサインまつり☆:

« おみやげ | トップページ | 高校体育会系ソフトテニス »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ