フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« 練習試合@馬入vs厚木マーカス | トップページ | あのねぇ! »

2008年7月18日 (金)

あたしが「日本代表」だったころ

野茂英雄、引退。

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/baseball/mlb/text/200807170009-spnavi.html
あまり野球に興味はないのでクリス的には星野JAPANメンバー発表よりこっちの方がビッグ・ニュースでした。
野茂さんはNOMOクラブを創設して野球をやりたくても道が開けない人たちにチャンスを与えているところが四国独立リーグを創設した元西武の石毛さんとともにとても尊敬に値するなあと地域リーグ・ファンとして思っていました。
1995年。
野茂さんが渡米してドジャーズで活躍した年は阪神淡路大震災があって、地下鉄サリン事件があって、個人的にも母が脳出血で倒れたり、交通事故にあったり、仕事が減ったりしてとても辛い年でした。
その頃はまだサッカーにものめりこんではいませんでしたが、一般スポーツ・ファンとして野茂さんの活躍に勇気付けられたりしました。また、LAの地でアジア人として暮らしたことのある人間としても、野茂さんに励まされ狂喜している日系人の皆さんのことを思うとあたしまで元気が出てきていたようです。

野茂さん、ありがとう。お疲れ様でした。

「悔いが残る」
野茂さんはとても正直で、素朴な方なんだと思います。
お名前の通りの「英雄」になどなろうとも思ってらっしゃらないでしょう。
それでも野茂さんはヒーローだし、パイオニア。
彼の後にイチロー選手を初めとした多くの選手が大リーグに渡る道を開いたし、ある意味、サッカー選手の海外渡航だって「サッカーもいけるかもしれんな。」と注目をしてもらえる引き金になったかもしれない。

最近になっていつもはめている指輪についてたて続けにいろんな人に聞かれた。
右の薬指に高校の卒業記念リングをはめている。
ある意味、結婚指輪より大事なリング。鉛筆や筆を持つ指にはめている。

アメリカ東海岸の、NJ州郊外にある公立高校を卒業した。
親の都合で15歳のときに渡米し、当時「日本はどこのあるのか?」程度の知名度しかない出身国の説明と表現を求められる日々。
誰に頼まれたわけでもなく、志願したわけでもないのに、あたしはどこへ行っても「日本代表」だった。
あたしがその人の初めて会った日本人だったり、初めて触れる日本文化だったり…。
(日本なんかどうでもいいよ!こっちは早く英語覚えてここに馴染みたいんだ!)
あたしの気持ちなんかお構いなしに、どんどんのしかかる日の丸の重み。
日本にいる頃は日本なんか意識したことはなく、転校と引越しの連続で土地に対する愛着もなく、外国に行くことで正直そういうものから自由になったと思っていたのに。
でも一方でいままでどこに行っても自分が何者か、所属がはっきりしなかった。
だけどアメリカに来たことで逆に自分の所属は日本なのだと認識した。
先祖や先輩に対する敬意に欠けるこどもだったあたしだが、アメリカに住んでいる間は日系人の先輩たちやそこでまじめに働く日本人の今までの積み重ねがあったから、ポッと出の自分にも信用がもらえるのだ。ありがたいことだ、と、素直に「民族の力」に感謝し、「先達の苦労」に思いを馳せることも出来た。

Tornade野茂さんは言う:「自分の中ではまだまだやりたいが、中途半端にしていてもまわりに迷惑をかけるだけ」
男らしいわぁ。
「お客さんに見せるパフォーマンスは出せない。」「けじめをつけないといけない。ファンに報告しないといけない。」
プロやわぁ。
見得も虚飾もはったりもない。「ええかっこ」しないのが一番カッコイイ - 関西男児の一番良い典型やね。

終止符を打ったとたん、彼は伝説に祭り上げられる。
ちょっと前まで「野茂も、もうおしまいでしょ」などと言っていた人まで平気で持ち上げる。
おそらく本人は、今日も明日も明後日も、昨日までと同じように好きな野球を大切に生きていくだけなのだろうに。
若くして華々しく活躍し、鳴り物入りで欧州挑戦するサッカー選手をちやほやし、大騒ぎして追いかけるマスコミやファンがいる一方で、さして注目もされていない、あるいは実績のない選手が海外に挑戦すると「世界レベルではない」「身の程知らず」「日本での出場機械を棒に振った」などと批判する人がいる。
あたしはそういう人にいつも言ってやりたくなる。

てめえの天下獲ってもいない奴が、世界語ってるんじゃないよ。

まったく違う環境で自分の力を発揮して成功するなんてことは生易しくはない。
言葉や環境や生活 - 当たり前のものがすべてないところから、積み上げなおさないといけない。
やってみたことあんのか?自分はやれるのか?
プロなんだから本人は批判も覚悟だろう。
ただあたしは一ファンとして、一シロウトとして、新しいことに挑戦する人はただ黙って見守ろうと思う。暖かく応援したいと思う。

ただ一方で、しがらみのない場所でやりたいことに集中できるという利点もある。
そういう環境の方が日本で縮こまっているよりも向いている人もいる。
またもし成功することなく帰ってくることになったとしても、そうやってひとりでがんばった経験というのは決して無駄ではないと思う。
それを今後に生かすも殺すも本人次第だ。

さて、さて、その「代表経験」ってやつを、あたしは少しは生かしてるんでしょうかね?
これからこどもらは夏休みだ。
ひっこしてようやく三ヶ月たったこの町を、こどもらに紹介してやらなければね。
I can show you some of the people in my life♪

« 練習試合@馬入vs厚木マーカス | トップページ | あのねぇ! »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

ふたつリクエスト。クリスさんの15歳での日本代表経験、もっと知りたいのでお願いします。それと編入したアメリカの中学校での英語習得プログラムがどうかも知りたい。ごめん、ブログの趣旨と違いすぎか…。すみません、ブログのテーマに全然ついていけないんです。

>青パパイヤさん、お久しぶりです。

えっとまず一つ、あたしは中学を卒業してから渡米したので現地中学校の経験はないです。もうひとつの「代表経験」、については良い思い出のほうが多いのですが、不思議とあまり振り返ったりはしていないのです。なんか色々と「落ち着いたら」じっくり書いてみますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223266/41892191

この記事へのトラックバック一覧です: あたしが「日本代表」だったころ:

« 練習試合@馬入vs厚木マーカス | トップページ | あのねぇ! »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ