フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« Felicidades! | トップページ | 祝・ブラジル移民百周年! »

2008年6月26日 (木)

祝祭に備えよ

やはりトーナメントに入ってから急に本気出してきたドイツがミラクル・トルコに勝ちましたね。
そうとなれば明日はスペインにはミラクル・ヒディングに必ず勝ってもらわなければ!

Jリーグ再開!
ガンバが勝って嬉しいな♪ヤットくんの疲労蓄積が心配だけど、「心配御無用!」なゴールでしたね。夏に強いガンバ。これからガンガン行くぜえ~い☆

一方アジア予選なんぞ関係なく勤勉にリーグを戦い続けているJ2。
ベルマーレはホームで引き分けてしまいました。
http://www.bellmare.co.jp/bellmare/view/s.php?a=4604
監督初め選手のコメントは前向きです。湘南のこともJ2のこともまだまだ勉強中のあたしですが、「昇格」というものにはめちゃくちゃ思い入れのある人間としてはもうちょっと「危機感」前面に出してもいいんじゃないかなあとは思います。
勝ち方を忘れてしまったかのようなここしばらくの内容ですから、このあたりでメンバーいじってもいいんじゃないかな、練習でいい動きしてる選手にチャンスあげてもいいんじゃないかな、とも「馬入班サポ」は思ったりもします。

バンディに関しては地域決勝出場を決め、優勝もほぼ手中ですが、やはり危機感を持って勝ち続けて欲しいと「関東班サポ」は思います。
チーム力とフロントの勤勉さ、そしてサポーター(ファミリー)の愛にはなんの疑問もありませんし、この度加古川にお輿入れしたことでバックアップについても以前よりは安心していていいのかな、とは思います。
ただ、来季からはJFLを闘っていこうというのであれば、現実問題として「やれんのか、JFL?」という心配があります。離れてしまってあたしがもう集客やスポンサーのことを気に病んでも仕方のないことですが、以前から知名度の低さやホームゲームが一箇所に定着しないのは最大の懸念のひとつでした。現状ではJFLの試合運営など苦しいばかり。Jリーグ加盟申請など通るわけがありません。
今季せっかく加古川に移転しても今季の市内実施試合は二つだけ。開幕戦はそこそこの人の入りだったそうですが場所は日岡山でした。ほんの数ヶ月前まで加古川市民だったのに、今ではなんのお手伝いも出来ない自分が歯がゆいです。
でも、来月13日は加古川陸上競技場です。すでに地域決勝進出も優勝も決まっているこの機会を捉えてフロントには集客営業に精を出してもらいたいものです。選手にもこの日はお客を意識したプレーをしてもらい、リーグ優勝祝勝会&地域決勝出場報告会に花を添えてもらいたいです。鳴り物もOKですからサポーターもがんばらなければなりませんね。特に次世代のバンディを背負う子供(選手&サポ予備軍)たちをチームに引っ張りこめるように!サッカーって楽しい、バンディについて行ったらきっと面白いことがある!って思ってもらわなきゃ。

でも、そうやって引っ張り込んでおいて、最後まで責任持てんのか?…とも思います。
ただ自分がサッカー楽しくて、まわりにも楽しんでもらいたくて、チームが大好きで、他の人にも知ってもらいたくて、ジョカトーレたちの美しさをみんなに見てもらいたくて、あたしは各地で大騒ぎを繰り返してきました。
もう地域リーグを応援するようになって6シーズン目になります。
こんなにはまり込んでしまうとは思っていませんでした。
この間に3地域に移り住み、3チームのゴール裏で声を出しました。
プロならいざ知らず、「地域密着」のこのカテゴリーでなにやってんだ自分、とも思います。

「おれたちならともかくさ、サポーターで違うチームと何度も地域決勝来るのクリスくらいだろ?」
ある選手に冗談交じりに言われたことがあります。我ながら情けないと思います。
最初のチームでさっさと昇格を果たして地域を卒業するというあたしのシナリオは破綻しっぱなしです。
だったらもうやめとけばいいのにやめられない。「応援中毒」ってやつです。
たとえ「こうもり」と呼ばれようとも移り住んだ場所で出会った人やチームとは、一度惚れたらとことん付き合う。それがあたしの流儀です。
ほんの短い間でも関わったチームや選手、サポ仲間はファミリーです。
ふるさとを定住する場所を持たないあたしには、彼らが心の家族です。

No9_2それぞれの地域、それぞれのチームにいろんな人がいろんな願いを持って集まっている。
目指す場所は同じで、時にはそこへと通じる階段を賭けて真剣勝負をしなくてはならないときもある。
でも、ひとりひとりと目を合わせて話せば、結局を志を同じくした仲間だということがわかる。
思いは一つ「Jのつく場所へ」。
サッカーだけで生きていきたい。プロになりたい。自分の存在意義を証明したい。
でもあたしはもう知っている。きみももう知っている。
上に上がれば組織は変わり、小さかった夢は肥大化し、もうおれらのかわいいチームではなくなる。
上に上がればチームは解体され、昇格のために粉骨砕身働いたきみは他所のチームにいいかなければならなくなる。
上に上がれば歴史を知らない人が増え、きみやあたしの武勇伝なんぞだれも聞いてはくれなくなる。
チームは誰のものか?きみのものでもあたしのものでもありはしない。

それでもおれたちはサッカーをする。
夢をかなえる?自己実現?なんだっていい。かまうもんか。
人生はお祭りだ。そしてお祭りは、ただ見るよりは御輿を担いだ方が楽しいに決まっている。
昔はね、年に一度の灼熱のその夜をただ自分のものにするために何もかも投げうったってかまわないって、あたしもそう思ってた。
でも今は違う。
人生は祭りで、その夜に向けて仲間と準備をするのが楽しいんだよ。
みんなであーでもない、こーでもないとくだらないことで悩んだりしながら、夜を待つ。

祭り装束のいなせな兄ちゃんにこどもは憧れる。
きみのヘディングに感動してサッカーを始めた男の子は、今でもボールを蹴っているだろうか。
あたしのあとについてゴール裏にやってきて恥ずかしそうに声を上げた少年は、今でも試合に来ているだろうか。
最後まで責任取れんのか?そんなこと、わかんねぇよ。
でもおれたちはいまでもサッカーをやっている。それが答えだ。

アレ・オー、アレ・オー、太鼓を鳴らせ。
アレ・オー、アレ・オー、口笛を吹け。
アレ・オー、アレ・オー、手を打ちならせ。
祭りの夜が来る。御輿をかつげ。ヒーローのお出ましだ。
あの町へ帰ろう。旗を打ちふろう。仲間がやってくる。
ひとりだっていいじゃないか。寂しくたってかまわない。
敵だとか味方だとか、そんなのはおいといて、ねえ、肩組んで歌おうじゃないか!
アレ・オー、アレ・オー、祝祭に備えよ!
サッカーの神様が降りてくるぞ!!

« Felicidades! | トップページ | 祝・ブラジル移民百周年! »

社会人サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223266/41651826

この記事へのトラックバック一覧です: 祝祭に備えよ:

« Felicidades! | トップページ | 祝・ブラジル移民百周年! »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ