フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« 意見表明 | トップページ | アポロン降臨せず »

2008年6月19日 (木)

馬入で再び腹筋について考える

わあーい、わあーい、久しぶりの生サッカーじゃ。
お~、スウィート~☆
やっぱりサッカーとビールは生が一番じゃのお~♪

馬入サッカー場にスケベじじい再び現る。
いやあ、今日はサッカー観戦日和だったね。
やってる方にしてみれば少々風が強かったかもしれないけど、見るだけの方にしてみればちょうど良い扇風機がフル稼働してる感じ。
曇っていながら時々日もさして、すっかりのんびりムード。
とはいえここのところの連敗で、菅野監督を筆頭にOコーチを初め指導陣からは厳しいコーチングの声が飛んでいます。

今日は気候も良かったせいかゲーム形式の練習に長い時間が割かれていた印象です。

はい、こちらはFKに対してゴール前に壁を作っている選手の皆さんです。
決して背の高いお兄ちゃんたちが小さい坊やを仲間はずれにしている図、ではありません<(^▽^;)。
実は小林竜樹選手は体系がほぼクリスと同じです。(足のサイズも0.5cmしか違いません!)ですからいつも(ああ、あたしがあの中に入ったらあんな感じなのね~。やあ~ん!)って思いながら小林選手を見ています。

Pinkgreen_3今日は一夜限りの七夕ユニフォームの撮影が練習前にあったとかで見慣れない黄緑色やピンク(GK)のストッキングを着用したままの選手が見受けられました。
わかりますかあ~?なんかアメリカの女子高生みたいで可愛かったです。

さて本日クリスは5日前に25歳になったばかりのリンコン選手に注目してみました。
だいぶチームに馴染んできたのかアジエル以外の選手ともじゃれあったりしている姿を見かけましたし、試合形式のトレーニングでは積極的になんどもボールを要求する声が聞けました。
がんばれ、リンコン!あたしは福岡戦のゴールを忘れないよ!もっと決めてくれ!
で、もう一方のクリス的注目ポイントはリンコン選手がシャツで顔の汗をぬぐった時に彼がアンダーシャツを着用していないことを発見したのです!しかも腹筋が緩んでる!!
(おお、これは激写しなければ!)
もう、それからクリス、練習見学どころではありません。
カメラを構えて意識は「リンコンの腹」一点に集中です!
が、しかし、あたしのへっぽこカメラ技術ではなかなか上手い具合に撮影できません。(まあできてれば絵なんぞ描かずにとっくに写真にいってますわな。)
かくてスクープがかなわぬまま練習終了。
(くっそ~、リンコン~。居残ってシュート練習しようぜ~。もう一度お前の腹をみせてくれ!)
しかしリンコン選手あっさりグラウンドから引き上げてこっちへむかってきます。
クリスつい地域リーグのノリで声をかけてしまいました。
「Hey, Lincoln! Lincol~~~n!!」(ちなみに彼の名前、アメリカ第16代大統領エイブラハム・リンカーンと同じです。)
するとおれの発音が良かったのかそれとも単に声がでかかったのか、リンコン選手立ち止まってこちらを見るではありませんか!
しまったあ~!ここはバンディとちゃうのにい~!なんも考えへんと声かけてもおたあ~!おまけにポルトガル語わからへんやんか~。ああ、クリスティアーノ、もっとあなたの言語を勉強しとくんだったわ!
「リンコン、お疲れ!」
しゃあないのでバリバリ日本語でそう言って手を振りました。
するとリンコン選手もにっこり笑って手を振ってくれたのです!
すまん、リンコン、腹筋ゆるんでるとか言ってるやさぐれサポ女になんかそんなとびきりの笑顔投げてくれなくていいんだよ。

« 意見表明 | トップページ | アポロン降臨せず »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223266/41579012

この記事へのトラックバック一覧です: 馬入で再び腹筋について考える:

« 意見表明 | トップページ | アポロン降臨せず »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ