フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« 書けなかったことをつらつらと | トップページ | 馬入で再び腹筋について考える »

2008年6月17日 (火)

意見表明

きゃあああ~、たいへん、たいへん、クリスティアーノ、次の相手はドイツよおおお~!
Mb_2W杯三位決定戦のリベンジを果たすときがやってきたのよ!がんばってえええ~っ!

でもう、あたしバラックさまが好きだったりするの。
クリスの中では「ベッカムさま」ではなく「バラックさま」。
だって4年前代表のハニーに初めて会いに横国行ったのに後半で交代させられてがっかりしていたクリスのハートにまるでワルツを踊るかのように優雅にゴールを決めて見せたのがバラックさまだったのお~♪
旧東ドイツの小さなクラブで育った苦労人。
とっても実直そうで、いつもチームのために汗かいて、なのになんだか品のあるその風情。いつ見ても素敵だわ☆

さて、さて、ハニーの中のハニーも頑張っています。
Hug_2全国一千万人のタカユキ・ラヴァーズのみなさん!
ご覧になって?このクリスティアーノに勝るとも劣らぬ無邪気な笑顔!
こんなに楽しそうにサッカーやってるハニーは何年ぶりかしら?
受け止めてもらえてるんだなあ、アメリカに。

さて、日曜の「クリスの地域リーグ・レヴュー」にリストアップされていなかったリーグがありました。
北信越リーグです:
http://output.simseed.net/hfl/disp/team_ranking.jsp?leagueid=1
7節終了でAC長野パルセイロが首位。それをそれぞれ勝ち点差1ずつでJSCとツェーゲンが二位、三位と続いています。

あたしが描く対象としてのサッカーに出会ったとき、鈴木選手は24歳であたしは北海道に住んでいました。
その後クリス家は長野県に引っ越し、その年に地元の社会人チームが北信越リーグを優勝して決勝大会に出場したことをニュースで知り、そのとき初めてJFLの下にもリーグがあって昇格を目指して真剣勝負が繰り広げられていることを知ったのです。
どうしても生でサッカーが見たかったあたしはさっそくそのチームに連絡を取り、練習見学をさせてもらうことにしました。
それが長野エルザSC、いまのパルセイロでした。

何故アントラーズではなくエルザだったのか、何故カシスタではなく長野市陸上競技場だったのか、いまでもわかりません。
でも、とにかくその日からスケッチブック抱えてサッカー場に通う人生がスタートしたのです。
そしてその日の練習試合で、あたしはもうひとつの新しい体験をしました。
TV画面や雑誌の写真を通してではなく、自分のこの目で「才能に出会う喜び」を実感したのです。

サッカーシロウトのあたしがどうしてその選手一人だけに目を奪われたのかわかりません。
彼は明らかに他の人と違い、動きが格段に美しかった。
あたしは夢中になりました。神様に感謝しました。
結局エルザを丸3年間、サポートしました。
最初は当時まだ小学生だった長男の友達を引き連れて試合観戦するだけでしたが、そのうちゴール裏デビューし、アウェーにも参戦しました。
事務局のHP製作やビラ配り、DM発送や広報作業も手伝いましたし、試合時の設営・撤収、売店運営やボランティアの募集・管理、天皇杯に出場したときは応援バスの添乗員もやりました。
クリスは日本の高校生活を知りませんが、「ブカツ」ってこういう感じかなあって思いました。いろんなことを経験させてもらいました。楽しかったです。
情熱に任せて突っ走るあたしに戸惑ったり、最終的には迷惑をかけたりしたかもしれませんが、基本あたしの好きなようにさせてくれたチームには感謝しています。

でもやはりあたしがいちばん感謝したいのは選手たちです。
3年間あのチームに所属していた選手は全員描かせて貰いました。
特に上記の選手は一番たくさん描きました。
写真や画面を通してしか見れなかったはずの選手が目の前にいてどんなポーズも思いのままです!こんな夢のようなことがあるでしょうか?
あたしは幸せでした。
バレエ・スタジオに通うドガのように、娼館に通うロートレックのように、あたしは夢中でピッチを駆ける駿馬を描きまくりました。
そしてその美しい対象は生きていました。生きて、動いて、息ずいていました。
仕事もし、将来にも悩み、恋もしていました。
そんな彼らと行動をともにし、語り合い、時には一緒に笑ったり泣いたり。
それは思う存分好きな人に好きだと、あたしがやりたいのはこういうことなのだと、なんのためらいもなく意見表明できる毎日でした。
あたしのオーバーヒート気味の愛情表現を、戸惑いながらもみんなにはしっかり受け止めてもらったと思っています。

彼らがどんなにあたしの絵を豊かにしてくれたかわかりません。
彼らにはどんなに感謝してもし足りない。
「いつまでも僕らを応援してください」
そのつもりだったのに…

チーム名も変わり、組織も変わり、あたしが愛した坊やたちもほとんどチームに残っていません。
あたしが長野を出て兵庫に引っ越したのは3年前。一年のブランクを経て、あたしはバンディと恋に落ちてしまいました。
地域リーグを応援し続けること、彼らと果たすことができなかったJFL昇格をバンディといっしょに果たすことがせめてもの恩返しだと思っています。

あした、あたしの「長野のハニー」は30歳のお誕生日を迎えます。
初めて会った時がドンピシャの24歳!あなたの一番かっこいい季節を描き止めることができてクリスは光栄でした。

« 書けなかったことをつらつらと | トップページ | 馬入で再び腹筋について考える »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

いいね、いいね!隆行!
吼えています!!!!

ポルトガルに優勝を!!!

ポルトガルに優勝を!動くグレコの聖人たちに栄光を!!クリスティアーノにキスを!!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223266/41564768

この記事へのトラックバック一覧です: 意見表明:

» 関連するブログを集めています [健康食品〜口コミ情報満載]
健康食品〜口コミ情報満載 [続きを読む]

« 書けなかったことをつらつらと | トップページ | 馬入で再び腹筋について考える »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ