フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« Tuesday at the cafe | トップページ | 馬入で腹筋について考える »

2008年6月 5日 (木)

才能に出会う喜び

ハニー、お誕生日おめでとう~♪
ということで、本日はクリスのオール・タイム・ハニー、現在アメリカのポートランド・ティンバースで活躍中の鈴木隆行選手32回目のバースデーでございます☆ Yeah, al'right!   Happy Birthday  2 U, baby!!

Eyes以前から大好きだったアメリカでの生活をエンジョイなさっている模様です。
トゥルシェをノックダウンした「目力」も健在!(しかしなんで野球観戦するだけでここまでの目力が必要なのか?松坂の嫁だってここまで必死に戦況見つめないでしょう?)そういえば野球も好きなんだよね?「サッカーやるけど、見るのは好きじゃない。TVでも中継やっていたら野球の方見る」と言ってたような…

まあなんにしろ楽しくサッカーやれているようでなによりです。
今までずっと頑張ってきたんだから、自分のやりたいことだけに集中してアメリカでのサッカー・ライフを満喫してください。(まあ、プレーが直接見れないのが残念だけどね。)Run
アメリカのサポーターは絶対タカユキみたいな選手好きだと思うから、皆さんに愛されて、いつもどおりのプレーで、思う存分全米各地で暴れまわってほしいです。
なにしろ去年の今頃はマリノスで試合にすら出られなくて、クリスも心配になってマリノスタウンまで練習見学に行ったんだけどもなんだか足が細くなっていて悲しかったのを覚えています。
画像で見る限り、今はむくつけき米国男児たちに囲まれてなんとなくスレンダーに見えなくもないけれど、試合に出ているんだからきっとあのナイスな大腿四頭筋も復活しているに違いない!

ハニーに出会ってもう7年を越しました。
その間に、ただのお茶の間観戦者だったあたしがこんなになっちゃったんです。
全部あなたのせいよ、ハニー★
どうしてだかわかりません、とにかくゴールを決めて吼えている金髪の若者を見ていて突然「この人を描きたい」と思ったのです。
その後の自分の人生の変転を見るにつけ、つくずく(あれはなんだったんだろう)と思います。

その後あたしはどうしてもサッカーを生で見たくなりました。
絵描きですから、画像を通してではなく、この目で見たかったのです。
地方を転々としていましたから、必然的に地域リーグに目を向けることになりました。
シロウトのあたしにはレベルの違いだとかは関係なかったのです。
絵描きですから、美しいものが見たい。美しいものが描きたいと思ったのです。
では「美しい」とはいったいなんなんでしょうか?

ファンの方はよくご存知のように、鈴木選手は一部サッカー・ファンからはいつも厳しい批判を受け、技術的なことに対する注文も多く、代表でも色々言われていました。
だからあたしが彼を美しいと評すると「顔か?」「ルックスか?」とも聞かれました。
確かにお顔は端麗だと思いますし、日本人にしては恵まれた体格なのでクリス的にかなり「お好みど真ん中」です。
でもアスリートの場合はそれだけではないのです。動きが美しいのです。
一言で言えば「機能美」なのでしょうか、彼らの動きには無駄がありません。無駄がなく、闘いに勝利を収めるための機能が備わっている実践的な美しさなのです。
でも「ハニー」の場合はそれだけではないのです。それだけではここまで惹かれません。

「才能」なのです。
鈴木選手はよく自分のことを「才能がない」と言っています。多くのサッカー・ファンも「だから鈴木は努力だけの選手なんだ」と過小評価します。
あたしも「才能」という言葉が的を得ているかわかりませんが、とにかく自分としては才能がある人は周りがほうっておかない人のことだと思っているのです。
シロウトのあたしには彼が持つ才能が「サッカーの才能」なのか「人としての才能」なのかわかりませんが、あの7年前のあの日、少なくともあたしの心の中に鈴木選手はものすごい勢いでシュートを決めたのです「おれを描け!」と叫びながら。

地域リーグの選手を見ながら同じことを考えていたと言ったら鈴木選手に失礼でしょうか?
あたしは誰にも注目されず、将来の保証もなく、それでも大好きなサッカーの真剣勝負がしたいばかりに人生すべてをボールにこめる若者たちを見るのが好きです。
世の中が彼らの「レベル」を「才能」をどう評価するか、あたしにはどうでもよいことです。
彼らは美しい。
こんなに美しい人たちがそばにいるのに、描かないでいるなんてもったいない!
こんなに一生懸命な人たちがいるのに、応援しないなんて女がすたる!ってなもんです。
自分の目で見て、自分の心で感じる、それがあたしには一番大切。
自分が応援したいと思う人を、周りがなんと言おうと支え続ける、それがサポーター。
彼らを放ってはおけない。彼らには才能があるから。

なにかのおりにふと発見してしまう。
他人の中に、自分の中に、美しい花を、赤い炎を。
こんな出会いを逃していては、人生何のために生きているのかわかりません。
鈴木選手は人生そういうもんだろ?ということをあたしに思い出させてくれました。
誰も知らない、誰も行かない大会で、一人の選手が球を蹴る。
どこまでもまっすぐな弾道に、内臓を引きずり出されるような衝撃を受けながらボールの行方を見守る。
彼が描いた放物線の先に、美しい虹を見た。
あたしはそれを一緒に眺められたことにたまらない幸せを感じた。
時間と場所の共有。
一人の人をいつまでもどこまでも、ずっと眺めている楽しみ。
だからサポーターは現場で現実を共有する。
こんな喜び、他のやつに横取りされてたまるもんか。こんな悲しみ、他のやつにわかるもんか。
そしてあたしは彼を描く。
彼が蹴るだけの数の線を引いて、いつの日か彼を手に入れる。
そしてあたしもスタジアムへ行く。
TVや写真じゃ見えなかったものをこの目で確かめるために。
きみが蹴ったボールの先に見える、あの青い青い空を描けるように。

« Tuesday at the cafe | トップページ | 馬入で腹筋について考える »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

たかゆきさんの絵 めちゃくちゃよいですね。感動しました!

ありがとう!
そんな素直なコメントを寄せてくださるにがつさんにもあたしは感動しました!!

はじめまして。
隆行選手のファンでこちらに辿り着きました。
わたしも、隆行選手の魅力にとりつかれたものですが
それが「才能」だったとは… なるほどです。
これだけは、努力で身につくものではないですしね。
「才能」を生かす手段が「努力」ですものね。
無駄にしているひとも多いかもしれません。

アスリートの体って本当に美しいですよね。
私も試合そっちのけで、目の前でアップする選手に見惚れたことがあります。
表現する術をお持ちでいらっしゃる事を羨ましく思います。


 

はじめましてkaworuさん、いらっしゃいませ。
コメントありがとうございます。

まあ「才能」という言葉が正しいかはわかりませんし、自分自身言葉で表しきれないもどかしさを絵にしているところはあります。
鈴木選手の中に見た美しい花をもう一度、何度でも、見たいと願ってここまで来ています。まあ一度でもあたしに美しいものを見る喜びを与えてくれた人の栄光は永遠ですしあたしも死ぬまで感謝し続けるとは思いますが。

鈴木選手がプレーし続ける限り、あたしも彼を描き続けます。よろしかったらまた遊びにいらしてください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223266/41431522

この記事へのトラックバック一覧です: 才能に出会う喜び:

« Tuesday at the cafe | トップページ | 馬入で腹筋について考える »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ