フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« 暑い日 | トップページ | 五月雨 »

2008年5月24日 (土)

数字の話

本日関西リーグ第7節が行われ、我がバンディオンセ加古川は2位で追走するアイン食品と直接対決の上3-1で勝利し、無傷で前半を首位ターンしました。
先制されて前半折り返し、後半怒涛の攻めで逆転勝利と雨の中駆けつけたサポの皆さんには心臓に悪い展開だったかもしれませんけど、なにはともあれ、良かったです。

http://www.banditonce-kakogawa.jp/news01/27.html

さて、これで勝ち点21で前半総得点は28(失点は4)。アインは13のままでそれぞれ17と5ですか。
たとえばこれを先週前半終了した関東リーグと比べてみましょう。
首位の町田はそれぞれ21で26と8、これを2位のホンダルミノッソとYSCCが12で追います。(得失点はそれぞれ13と13,12と13です。)
町田が頻繁に失点しながら(しかも決勝大会枠が1しかないにもかかわらず)このひとり勝ち状態を見るにつけ、バンディはまずまずの数字かとは思いますし、決勝大会枠が二つあるにしても、がんばってくれているアインに感謝しなければなりません。

なぜならわれわれの目的はただひとつ、12月決勝大会表彰式を罰ゲームにしないということです。
そこで毎年JFL昇格チームを輩出して決勝大会出場枠2を常に確保し、それぞれのチームでは有料にもかかわらず多数のサポーターが来場するという「Kyuリーグ」こと九州リーグをチェックしてみましょう。
http://www.kyu-league.jp/
ここは沖縄を含め登録チームが10あって普段から長距離のアウェー戦があり、節によっては一箇所で集中開催の連戦を行い、完全決着方式でPK戦の末勝者には勝ち点2敗者には勝ち点1というローカル・ルールを採用しているという、まさに決勝大会に出場するためにリーグ戦を戦っているかのような恐ろしい地域です。
まだ6節しか試合結果が出ていませんが、すでに首位のホンダロックが勝ち点18で得点29に対して失点2、2位のV.ファーレン長崎にしても16で21と1です。
注目すべきは得点力の高さと失点の少なさです。
彼らは日ごろから90分で勝ちきらないとえらい目にあうということを常に緊張感のある環境の中で実感していると見受けられます。

バンディものんびりしてはいられません。
目線は常に、決勝大会決勝ラウンド。
最終日、みんなで笑顔で勝利の歌を謳えるように。楽しいクリスマスを迎えられるように。

おお、最終日といえば皆さん、宇都宮徹壱さんの「股旅フットボール(東邦出版)」はお読みになりまして?
">
自分が見た試合、行った大会、知ってる選手や関係者のプレーや写真が満載で個人的にかなり入り込んで読める本ですが、気になったのが最終章の第31回地域決勝についてのくだり。
当然ながらバンディの、我々の戦いの模様も描写されているのですが、崩れ落ちる選手に向かって神戸サポから声が飛ぶ、ということで一言台詞があるんですが、こんなこと叫んでた人いたっけ?
まあ、あたしはあんとき頭んなか真っ白で自分でも何叫んでんだかわかんないところもあるから記憶が定かでないし、標準語で書いてあるから共感できないだけなのかもしれないけど…
「おれやで、それ叫んだの!」
と名乗りを上げてくださる方がいれば、クリスのほうまでご一報ください。

« 暑い日 | トップページ | 五月雨 »

社会人サッカー」カテゴリの記事

コメント

お陰さまで7戦全勝で前期を終えることができました。
得失点は昨年と似た数字ですが今年の方が得点力は上回っているような気がします。違うのは固定メンバーではないのでまだ勝ち方のバンディ流方程式が確立していません。それだけ層が厚くなったとも言えるし、後期には更にレベルアップするものと期待しています。

>Kさん
昨年の秋以降の失速を考えると層が厚い、というのはとても心強いですね。ただ仰る通り方程式が確立していない状況の中、じゃあいつ確立するんだよ、ということでリーグ戦終了後の練習試合の充実や全社、KSLカップの有効活用でBBBの底上げを狙うなど、去年以上にタイトなビルドアップが必要と思われますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223266/41303619

この記事へのトラックバック一覧です: 数字の話:

« 暑い日 | トップページ | 五月雨 »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ