フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« 全日本水泳選手権開幕! | トップページ | 祝・100本目! »

2008年4月17日 (木)

日常的に熱情的な感情

いやあ、昨日の全日本水泳決勝戦は良かったね。

ご覧になりまして、女子100Mバタフライ!?
中西選手を応援していたからあのデットヒートの末の優勝、しかも日本記録には感動したね。
ゴールの瞬間はてっきり二位だった加藤選手が勝ったのかと思ったけど解説によると「壁をタッチしたときの最後の一押しの力が中西選手のほうが強かった」とのこと。
気持ちだね、気持ち!最後まで流しちゃいけないんだ。どうしても五輪に行くんだ、勝つんだって気持ちが最後にはものを言う。
派遣標準記録を超えていながら代表に手が届かなかった三位の土肥選手は本当に残念だったけど、レース後のコメントも立派だったし、これからも頑張ってほしいと思います。

それから大好きな森田智己くんが優勝した男子100M背泳ぎ。
三位に入った入江選手が後半もうちょっと来るかな、と思ったからその分2位の宮下選手の頑張りが際立ちました。石川アナウンサーも驚く脅威のハイペースで入った前半、よく最後までへばらないで智己くんについていったなあとこれまた感動。
おばかコメント一切なしだった智己くんもあのナタで水面を叩き割るような力強い泳ぎで貫禄を見せてくれました。

さあ今日はいよいよ200M自由形の決勝ですよ!
ああ、泳ぎたくなってきたな~。
でもプールが見つからない…あと水着も引越し荷物から出てきてないよ…

辰巳に行けないから…ってわけじゃないけど、ようやく家も片付いてきたし、「生サッカー欠乏症」だし、天気も良かったから湘南ベルマーレの練習見学に行ってきました。
Photoベルマーレはいつも相模川が相模湾に流れ出る河口付近の馬入ふれあい公園サッカー場で練習しています。
とはいえ敷地内のほうは人工芝で、彼らが練習に使用しているのは河川敷にある天然芝のコート2面。
ご覧ください、この美しい緑!写真じゃちょっとわかり辛いかもしれないけど、手前の雑草の色と比べてもらえばいかに芝生が良く手入れされているかわかると思います。
グリーン・キーパーさん、いい仕事してます!

なんとたまたま斉藤選手の取材かな?三浦(泰)SFC総監督のお姿が!
目が合ったのでペコリと頭を下げる。ヤスさんも会釈して下さったけど、あたしのことなんかわかんない。
本当は「決勝大会はお疲れ様でした!どうっすか今季のSFCは!?」って熱く語り合いたかったけど、お仕事中だからおとなしくスルー。

ベル・サポの皆さんには申し訳ないんだけど、クリス「本職・地域リーグ」だからJリーグは基本ガンバ以外あんまり選手覚えてないのね。
だから選手もFC東京にいたジャーン選手と名古屋にいた原選手くらいしかわかりません。ごめんなさい!
あたしが行ったときは別メニューの2選手を除いて二手に別れ、ジャーン選手はフィジコの人とパス練習のグループ、原選手はサイドからのクロスをゴール正面に走りこんで受けるシュート練習のグループでした。ジャーン選手はときおり小技を利かせたリフティングを織り交ぜながらなごやかにボールをまわし、原選手は対照的に大声出してボールを呼ぶなど絶えず元気いっぱいでトレーニングに励んでいました。
個人的にはアジエル選手が絶えず何か面白いことを言っているのか(ポルトガル語わかんないもん;-;)周囲に笑いを巻き起こしているのが印象的でしたかね。

まあ、あたしの場合、サッカー見れたらそれでいいんで。
こういう育ちでこういう人生。ひとつのところにとどまれない。
まず地域あり、まずチームあり。ってわけにもいかないのよ。
まず選手あり、ってのもね、楽しいのは楽しいんだけど、それだけじゃ寂しいんだ。
「サッカー好きだからサッカー見に行く」ってのはかっこよすぎかな?
まあ暇つぶしにプロの練習見に行くなんて贅沢すぎるかも知れんけどさ。
でも、こういう流れ者人生で家庭もあるとね、「無理しない」ってのが一番周囲に迷惑をあまりかけないで好きなことを長く続けられる秘訣のような気がしてる。
家から気軽に見に行けるところで試合や練習してるチームを応援する。
べつに「だれでもいい」わけじゃないけど、いったん気に入ったら大真面目で応援する。
それだけのことだ。
こう言ったら命がけでプレーしているプロの人に失礼かもしれないけど、あたしの中ではJだろーが地域だろーが外人だろーがおっちゃんだろーが、なにか心にひっかかるプレーを見せてくれれば何の違いもないから。

コートの向こうの相模川では爆音立てて水上バイクが行ったり来たり。
海からほんのり潮の匂いも来たり来なかったり。
こんがり日焼けした素敵なJリーガーたちが球を追う。
後ろを振り返れば人工芝コートでおっちゃんたちがフラフラ球を追う。
Jリーガーたちは5-6名の見学者にも見向きもしないでトレーニング。
おっちゃんらはちょっとあたしが注視しているとそりゃあもう意識しまくりでドリブル大会。

ああ、サッカーって楽しいんだよな。

« 全日本水泳選手権開幕! | トップページ | 祝・100本目! »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223266/40904156

この記事へのトラックバック一覧です: 日常的に熱情的な感情:

« 全日本水泳選手権開幕! | トップページ | 祝・100本目! »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ