フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« 日常的に熱情的な感情 | トップページ | 雨の日と金曜日は »

2008年4月18日 (金)

祝・100本目!

ココログ始めて今日の日記で100本目だそう。
毎日書いてりゃ3-4ヶ月ってとこだろうけど9月の末にはじめたからもう7ヶ月近く。
クリスの駄文にお付き合いくださっている「常連」のみなさん、どうもありがとうございます。
今後もみなさんの「日常のちょっとしたお楽しみ」になれるような雑談bar目指して書いていこうと思ってます。

で、JAPAN SWIM 2008。
昨日はやっぱり女子100M背泳ぎでしょう!
伊藤華英ちゃん、悲願の五輪初出場おめでとう!!
「気持ちが弱い」と言われ続けて長かったけど、昨日のレース運びは慎重かつ大胆でしかも日本新記録。汚名返上になったんじゃないでしょうか?この結果に満足することなく、本番では力泳をお願いしたいと思います。
なんといってもやっぱり美人だし、筋トレの効果で174cmのナイス・バデーにもさらに磨きがかかったみたいだし、まさに世界に自慢できる「日本代表」だとおもいますよ!
ただ自分はもう一人の美女、寺川綾ちゃんを応援していたので平凡な結果に少々残念です。それにせっかく派遣標準も突破したのに三位という結果で代表に選ばれなかった酒井選手もお気の毒。ただ彼女はまだまだ若く、これからたくさんチャンスもあると思うのでこの経験をバネにしてもらいたいと思うのです。

あとはリレー!
男女ともに4X200M自由形代表派遣決定おめでとう!!
特に男子は24年前のLAオリンピック以来ですよ、楽しみだな~。
他の個人種目と違ってリレーは純粋に見て盛り上がれるからね!
Butterflyサッカー選手の中には「プレーするのは好きだけど、人がやってるサッカー見るのは好きじゃない」って人いるけど、わかるわよ。
サッカーはあたし、見るの専門だけど、水泳はやっぱり見るより泳いだほうがゼッタイ楽しいもん!
でまあ、それでもこうやって毎日キャアキャア言いながらTV観戦してるわけだけど、見終わったらたいてい(泳ぎてえ~)って思うのね。
基本サッカーはあたし「ただのサッカー好きシロート」の自覚充分なんで、「ゴル裏応援」しないでフツーに観戦してる場合はあれこれあんまり言わないんだけど、競泳はどうしても「指示」してるね。
「かきが小さい!」「あわてるな、後半だ!」「こっから行け、こっから!」「(キックを)打っていけ!ブレんな~」「まくれえ~、おらあ~!」「ばてんな!負けんな!」「(タッチパネルを)叩けえええええ~!!!!!」
(でもってこの合間に泳ぎのリズムに合わせて”BOON!""BOON!!"とかって唸ってます。)
ちょっと前説が長くなったけど、つまり個人種目はどっちかってえと同じ「スイマー」或いは「コーチ」目線で観戦してしまうんだけど、リレーはただ見る分にも楽しい、と。
特に自由形は技術や駆け引きというよりはパワーと勢いのガチンコ勝負☆
泳ぐのも鑑賞するのも自由形が一番好きなクリスとしてはこの「世界でもっとも速くて強くてナイス・バデーな男たちによるリレー種目」に日本男児の皆さんが出場してくれるのは本当にうれしいわ。
「炎のフリースタイル・マン」奥村幸大選手の本番での熱い泳ぎに期待!です♪

« 日常的に熱情的な感情 | トップページ | 雨の日と金曜日は »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223266/40912902

この記事へのトラックバック一覧です: 祝・100本目!:

« 日常的に熱情的な感情 | トップページ | 雨の日と金曜日は »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ