フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« 50 ways to leave your lover | トップページ | 幸せになろう »

2008年3月18日 (火)

ありがと加古川

まあ、その、なんだ。
くさくさするときは酒飲んで寝て忘れるんだね。
でもやけ酒は不味いし二日酔いなんかした日には最悪。

二日酔いにはご飯をちゃんと食べて汗をかく。
一石二鳥は辛いものを食べるのが一番。
こないだ紹介したBasilを再度ご紹介。http://hotlegs.cocolog-nifty.com/blog/2008/02/my_funny_valent.html ありがと加古川こちらシェフです。写真ブレブレでスンマソン。ゲラゲラ喋りながら撮ったからです。実物はもっとハンサムです。いつも美味しい食べ物を手早く出してくれます。笑うと三倍返しで笑顔を振り向けてくれます。声をかけると丁寧に挨拶してくれます。
下はスタッフの皆さん。中央が大将です。いつもあったかいサービスでもてなしてくれます。クリスはいつもおひとりさまだけど、この店なら寂しくなりません。ありがと加古川カウンター席はガラス越しにキッチンも覗けて楽しいですよ。バンディの坊や達は加古川に越してきたらここを食堂替わりにすべし!ムエタイの国だけに、ここの料理を食べていればキックの破壊力が増すこと請け合いだ...と思う。
ありがと加古川今日は一品サービス・キャンペーンなので前から気になっていた「バナナの揚げ物バニラアイス添え」をお願いした。食事はもちろん「手加減抜きの辛さ」にしてもらい、さらに自分で唐辛子もふっかけて食べたのでおれの身体は燃えているぜ!...ってなところにとけ込んでいくあつあつのバナナの天ぷらとつめたあ~いアイス!ううう~ん、しびれるううう~☆

タイ料理では汗かき足りないという方は基礎代謝を上げて燃焼系ボデーを手に入れるために筋トレを致しましょう。
毎週金曜夕方にクリスんちの末っ子は加古川市立総合体育館でフットサルを習っていました。この体育館はバンディ・ファンの皆さまにはお馴染みの加古陸の真向かいにある国体に向けて2005年にオープンしたばかりの新しい施設です。

加古川市立総合体育館
加古川市西神吉鼎1010
TEL: 079-432-3000

で、この体育館には筋トレ器具が一通りそろっているトレーニングルームがありまして、30分ほどの初回講習を終えれば誰でも一回300円で好きなだけ利用できます。
クリスは毎週金曜の夕方、息子がスクールにいる間の一時間、みっちりやってました。綺麗だし空いてるし、お値段も手ごろだと思いますよ。

フットサルスクールはこちらに引っ越してきてすぐ息子が入会したのでもう2年半お世話になりました。こういうスクールや地元サッカー少年団が加古川には沢山あり、皆さん熱心に指導なさっています。どうかバンディも仲良く仲間に入れていただいて、この街が素敵なサッカー・タウンになっていくことを願っています。
ちなみに、今年クリスにホワイト・デーのお返しをしてくださったのはこのフットサルスクールのコーチだけでした!しかもガンバ・グッズ!!やあああ~ん、コーチったらよくわかってらっしゃる♪サッカーやってる人は自分勝手だなんて言ってゴメンナサイ、ゴメンナサイ!

クリスの加古川お気に入りスポットを紹介するシリーズも今日で最後です。
2005年7月に引っ越してきて以来、短かったけど楽しい思い出がいっぱい出来ました。
どうもありがとうございました。

« 50 ways to leave your lover | トップページ | 幸せになろう »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223266/40546218

この記事へのトラックバック一覧です: ありがと加古川:

» フットサル シューズ が激安 [フットサル シューズ が激安]
フットサル シューズ が激安,フットサル シューズ が激安,フットサル シューズ が激安 [続きを読む]

« 50 ways to leave your lover | トップページ | 幸せになろう »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ