フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« リラクゼーション・スポット | トップページ | ヘアサロン »

2008年3月12日 (水)

バンディオンセ加古川!(追記有り)

http://www.kobe-np.co.jp/news/sports/0000871128.shtml
そうなんだ~。いやあ、なんか感慨深いですね。

ガンバがACL初戦奇跡の引き分けって...そんなのぶっ飛んじゃったわよっ!!
まあ、そういう可能性もなきにしもあらずだったんだろうけど、どっちかってえと「バンディオンセ三木」で落ち着くのかと思ってたからねえ。
こんなことなら相方に単身赴任にしてもらえばよかったあああ~!!!
去年の日岡山での最終戦、すっかりJFL行くつもりだったから「もう、このグラウンドには戻ってこねえーぞおー!」なんて言っちゃって、ゴメンナサイ、ゴメンナサイ....

追記(3/13)・
昨日の記事発信の段階ではなにも公式発表がなかったチームのHPで申し訳程度の報告が載り、ブログの方には不安を感じている関係者からのコメントが載っていた。
情報操作というのは難しい。
こういうことが起こるたびにあたしは思う。「チームは誰のものだ?」

みんな愛するチームを「自分のもの」だと思って盛り立てている。人間は「おれさま」だからね、なにごとも「人ごと」だったらそこまで真剣になりゃしない。
チームはフロントのものか?チームは株主組織になれば株主のものか?チームは選手のものか?チームは組織関係者のものか?それとも、チームはサポーターのものか?

だれのものでもいいじゃないか。
そこまで愛せる対象は、一個人では有り得ない。
でもその「そこまで愛される対象」を運営しているクラブには肝に銘じてもらいたい:

ことを起こしているのはあんた達だ。
そしてあんた達があたし達みんなを誘ったんだよ。
あんた達は誰よりも先んじて情報をあたし達に渡す義務がある。
判断は必要かもしれない。
でも、「マスコミ」だの「噂」だのに後れを取ることがあっては断じてならない。
あたし達がチームになんの興味も愛着も持っていない人間に先にチームの重要事項を知られ、決定権をかすめ取られることにどんなに悲しい気持ちを抱くかわかるか?
なにがあっても、最後の最後でチームと共に現場に立つのは誰か?
あたし達はチームを愛している。そしてあんた達を信じている。
信じているからどこまでも、ついて行くけど、あぐらをかくな。

一サポのぼやきです。
でも、これからは「アウェー・サポ」となる身としては、現場に駆けつけたり地元情報を収集したりが出来なくなる分、フロントがきちんと情報提供してくれるかがとても重要になるのでね。頼みますよ、みなさん。

おそらく電話も鳴ってるでしょう。直に意見を申し述べている人もいるかもしれません。
それで良いと思います。バンディのスタッフなら真摯に対応していると信じます。
そういうお叱りにきちんと対応できないのはただの子供です。
往々にして我々日本サッカーを取りまく人間はチームに気を使うところがあります。
言うべきことを言うべき時に小出しに言うのではなく、少々ため込んでしまってから大放出、ということをまま見受けます。
あたしも前応援していたチームに対しては気を使いまくっていました。
反省を込めて思うのです。本当にチームを自分のものにしたいのなら気を使ってはいけません。
愛があるならチームは分かってくれるはずです。

ただ、なんだね、個人的には何も自分が出て行ってから来なくても良いのにと思うね。
もう少し早く分かっていればもっと何か手伝えたのにとも思う。
国体の頃とか「サッカーってこんなに面白いんですね」ってサッカー観戦や応援に目覚めた人が一時的に増えて、自分もスタッフやってて充実感あったからねえ。
それに「ウェルネス都市宣言」ということでスポーツによる街の活性化をうたってるところだからあたしもいろんなイベントに参加してその盛り上がりを見るに付け、サッカーに限らず自分が何かできることがあるかもしれないって思ったもの。

まあ、いいや、しょうがない。
もう親もいない、家もない故郷の街にもガンバがあるから戻れるように、本来ならたまたま転勤でやって来てまた去っていくだけの加古川に、バンディがいるから戻ってこれるんだと考えよう。

« リラクゼーション・スポット | トップページ | ヘアサロン »

社会人サッカー」カテゴリの記事

コメント

バンディの移転話はチーム運営の困難さが見えますね。
選手・スタッフの編成部門こそ強化してきましたが
経営基盤を担う支援企業や下部組織&マスコミ・後援会・サポーター対策の広報担当のフロント部門が未熟。
最近、元バンディ選手の転出先のツェーゲンやカマタマーレのHPをのぞいていますが実情は分かりませんがHPを見る限りはその点は先行していますね。加古川移転はもちろん大歓迎です。

>Kさん
おっしゃるとおりです。
今回も話の出方が悪かっただけで、私も加古川移転は賛成です。自治体のサポートは大きいのでその点でも良い町を選んだと思っています。
ただし関わる人が増えるということはその分「口を出す人」も増えるわけで、ますます組織としての広報能力が問われることになると思います。いまの「アットホーム」な状態のうちに、少なくともコアサポとフロントのコミュニケーション関係は風通しの良いものにしておくべきかと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223266/40477432

この記事へのトラックバック一覧です: バンディオンセ加古川!(追記有り):

« リラクゼーション・スポット | トップページ | ヘアサロン »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ