フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« 恋する加古川 | トップページ | 雛祭り »

2008年2月29日 (金)

閏徒然

来ましたな、花粉の季節が。
今年は2月の寒気のせいで予想より飛散開始が遅くなった分、3月に集中砲火が予想されているそうで、花粉症患者としては戦々恐々でございます。
あたしはどうも一昨日くらいから鼻が辛くなりまして、昨日はとうとう目も...
ここ数年は寒冷地住まいで養生させていただいたので症状はそれほど酷くなく、市販の薬やグッズの対処療法でございます。

閏徒然で、今年からそんなクリスの心強い味方になってくれるであろう品物がこの北海道は北見特産のハッカ油であります!ペパーミント・オイルといった方が分かりやすいかな?これをマスクにスプレーしておくととってもスースーして快適なの~☆
北海道にいたときは北見も何度か行って、あそこはハッカが名産で道の駅とかでハッカ・キャンディー買う程度だったんだけど、先日某関西ナンバーワン視聴率金曜夜放送バラエティー番組で「アイヌの涙」というブランド名のこのハッカ油が紹介されてね、(依頼内容はこれを一瓶お風呂に入れたらメッチャ寒くなってきて死にそうやったというアホなお話やってんけど)急に思い出した。(これは花粉の季節には役に立ちそう)早速購入!

はあ~、関東行ったら「ナイスク」見れるのやろか?
せっかく子どもたちにも毎週土曜は家族そろって吉本見ながらお昼ごはん、っつーのを儀式化しつつあったのに...

今日は4年に一度の閏年2月29日。
お誕生日の方々、おめでとうございます(^o^)/

思えば4つ前の閏年、1992年に花粉症発症したんだよ。
四年に一度だから夏のオリンピックって閏年と共にあるわけだよね。
バルセロナオリンピックかあ...マンション購入して引っ越しで片づいていない段ボールの隙間から有森裕子の激走を応援していたような思い出があります。

で、1996年はアトランタ。マイアミの奇跡でんな。Jリーグ開幕して、ドーハも経験して、すっかり相撲からサッカーに転向した頃だ。
前年暮れに母が病気で倒れ、2月はものすごく暗い毎日だったな。幸い夏には退院して、でまあそれからだね、絵を本格的に再開したのは。

2000年はすでに転勤生活がスタートして旭川在住。ちょうどこのころだなあ末っ子のオムツが取れて、春からの保育園入園を前に凄く嬉しく思ったよ。
シドニー・オリンピックはサッカーを始め日本勢が活躍して楽しかったね。個人的にも地元ミニコミ誌編集部に就職も決まって充実した毎日でした。

そしてこないだの閏年、2004。
北島康介選手のアテネでの活躍も記憶に新しいですが、彼を描いた作品がコンテスト入賞したりしてクリスもおこぼれに与りましたね。サッカーはちょっと、残念だったけどね。
この頃は長野在住で、ローカル紙のイラスト・コラムの仕事にありついていました。前年父が亡くなって個人的にはとっても辛い時期でしたが、地元社会人チームの運営スタッフとしてメチャクチャはりきって活動していた頃です。

そして今年、今は兵庫にいますが、北京五輪のころには(ってか、本当に開催できるのか、中国!?)関東なんだな~。
引っ越す前にバンディの練習見に行きたいと思ってたんだけど、花粉飛び交う緑のグラウンドで何時間も過ごしたら症状悪化でとんでもないことになるかしら?
引っ越したら近所にいいチームあるかなあ?関東2部とか県リーグ1部くらいが渋くていいかしら?

どこか「全体主義」よりは「リズム感重視」で、10名以下で本気で上を目指している応援団ありましたら新規入団希望ですのでセレクション案内よろしくお願いしますm(--)m。
当方地域リーグ応援歴5年、アピールポイントは水泳とブートキャンプで鍛えた肺活量と声のでかさ、ポジションは太鼓以外はコールリードから断幕貼りまで全てこなすユーティリティ・サポーターです。(人員不足の場合はスタンドでのデモンストレーション、ゲートでの呼び込み、グッズ販売やビラ配りといった後方支援活動も可!)
アルト・パートを強化したい、女子サポを増やしたいとお考えのチームを希望。特技はゲーフラ作成と選手の餌付けであります!アウェー、悪天候にも駆けつけます!(ただし見返りとして選手のグラビア撮影を要求すること有り)

« 恋する加古川 | トップページ | 雛祭り »

コンディショニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223266/40309493

この記事へのトラックバック一覧です: 閏徒然:

« 恋する加古川 | トップページ | 雛祭り »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ