フォト

rock show

  • ちなみに「五岳」店内風景は…
    単独の展示会を2回やらせていただいたことがあります。 2005年3月、長野市在住の頃お世話になっていた画材店「五岳」さんの吉田店の店舗内外ガラス壁面を2週間お借りしました。「ウィンドウ・ジャック」と題して作品だけでなくサポートしていたチームの応援グッズやスポーツへの入れ込みをパネルなどにして展示しました。 2009年3月、平塚市のスポーツ・バル「モト・ロッソ」さん店内のギャラリー・スペースを一ヶ月お借りしました。湘南ベルマーレの選手やサッカーの絵を中心に開幕ダッシュを後押しすべく「暑苦しく」展示しました。

as you like it!

  • モノトーン
    クリスの画風を気に入ってくださったアスリートの皆さん!あなたの輝きを永遠にしませんか?お気に入りの写真をお送りいただけば、それを写真とはひと味違う、情熱の一枚にしてお届けします。 料金例: A4サイズでフルカラーなら¥60,000、モノトーンなら¥30,000から注文をお受けします! (ご連絡は「プロフィール」の「メール」まで!) 作品例をこのアルバムにアップしておきます。発注なさるときの参考にしてください。

hot legs

  • 世界で一番お前が好きだーっ!
    2007年4月1日、クリスの初めての画集が出版されました。 嬉しかったな。書店を1日ウロウロしてました。 (ご購入ご希望の方は直接クリスまでメールで!)

aquatics

  • splash!
    愛すべき水生生物 - スイマーたち。 特に男子選手は「ミケランジェロの息子たち」と命名しております。

Gambino & other favorites

  • ドイツ大会のアポロン
    ガンバの選手を中心に「鈴木隆行以外」のお気に入りの選手をピックアップ!

turn yo wheels

  • Turn
    あたしが車椅子バスケットボール(イスバス)にハマったのは一重に仙台市の宮城MAXのエースにして日本代表のガード、藤井新悟選手の存在です。

not enough

  • Ish
    2003年から社会人サッカーを応援しています。特に地域リーグ。 さあ、素晴らしき4部の世界へようこそ。 (ここに掲載されているのはプロ球団に所属している選手ではありません。個別に掲載許可も取っていませんので、各々のページへのコメントは控えます。分かる人には分かる、ってことで。)

agony and passion

  • Before全国区
    あたしがサッカーを描くようになったのは鈴木隆行選手のプレーを見て「この人を描きたい」と思ったのがきっかけです。 描きたいものを見失っていたそれまでのクリスの絵描魂に火を付けてくれた鈴木選手には「感謝、永遠に!」です。

soccer critiques

  • 風景
    2007年6月-2008年3月に発売された「サッカー批評」のvol.35-38に連載された小宮良之さんの「カンプ・ノウで刻まれた想いを胸に」の挿絵を担当させていただきました。 地域リーグを応援してきていつも選手に「全国目指すぜ!」ってえらそうに言ってきましたが、ようやくクリスも全国デビューを果たしたのです。

approved and accepted

  • Splash!
    ここではコンテストで入賞、入選した作品を中心にアップしています。 現在はもう参加していませんが、講談社フェーマススクールズさんにはお世話になりました。全然絵が描けなくなった自分を何とかしたいとKFSの通信講座に入会して基礎を一から勉強し直し、卒業後はアートコンテストで特別賞をはじめいろんな賞をいただいて自信をもらいました。入会当初の目的だった作家名鑑「イラストック」にも卒業翌年から連続して6年間掲載していただきました。感謝しています。

« My Funny Valentine | トップページ | なんなんだよ~ »

2008年2月15日 (金)

刈谷に帰りたかった

熊谷にはパパがお仕事で来れなかったJファミリーに先日の加古陸で2ヶ月ぶりに会うことが出来た。
熊谷で負けた直後、めいっぱい明るい声を作って一番に報告の電話をしたんだけど、いつもは厳しいノリのパパがとっても優しく慰めてくれて、泣きそうになったから慌てて電話切っちゃった。お引っ越しのことを言いそびれた。なので家に帰ってからお手紙を出して伝えたのだった。

「まだ、おったんかい!?」
再会時の開口一番、これである。ママは又優しくねぎらってくれ、28番の甥っ子姪っ子達は元気に飛びついてきてくれた。良いファミリーだなあ~。
「もう会われへんかと思っとった。刈谷で撮ったのがあるんや。クリスさんにも渡そうと思ってな。」
パパが写真をくださるという。写真なんか撮ったっけ?刈谷はずっとテンション高かったから、そういえばバカなポーズとって構図におさまってたかもしれない。
「本当にいつもありがとうございました。親切にしていただいたこと、忘れません。」
「なにを水くさいこと言うとんねん。当たり前のことやろ?こっちこそ倅を応援してもろうて感謝しとるんや。」
「そうですよ~。クリスさんのおかげで試合見るのが楽しかったんやからねえ。孫達も可愛がってもろうて、喜んでましたからね。本当にありがとうございました。」
泣いたらあかん、泣いたらあかんで、クリス(T^T)!!

楽しかったなあ、刈谷。
♪FCぃ~、か・り・や!FC~ぃ~、か・り・や♪
連勝しての二日目、同じ会場で夜FC刈谷がアルテ高崎と対戦するというので観戦した。
試合後連れが「出待ち」している間、あたしはゲート前で応援歌を鼻歌で復唱しながらホットココアを飲んでいたんだ。
「あの...神戸の方ですよね?」
「はい?」
あたしはバンディのマフラーを巻いていた。
「やっぱり!試合見に来てくださったんですね。」
刈谷のマフラーをしている青年がニッコリ。
「お邪魔してます。地域決勝、来られてましたね?」
「ぼくらも地域決勝は気になる大会ですから。それにこのホーム戦に来場してもらえれば、って思って声かけしにいこうって思ったんで。」
「ご苦労様です。」
「まあ内容はあまり良くなかったですけどね。すみませんでした。」
「そんな、とんでもない...応援歌、すっかり気に入っちゃいましたよ。♪さ~あ、一緒に歌おう♪」
「ありがとうございます!バンディさんも少数精鋭でいいサポートなさってましたね。」
「まあ人数少ないってことでね...」
「いや、本当に!リズム感とか服装とか、なんかユニークでカッコイイって僕たち言ってたんですよ。こりゃあ神戸が勝つな!って。」
「ありがとうございます。でも、まだ明日がありますから。」
「バンディさんなら大丈夫ですよ。それより来週ですよね。決勝勝ち抜いて、来年はJFLチームとして刈谷に戻ってきてください。」
「ありがとうございます!刈谷さんも来季は優勝めざして頑張ってください!」
期待に添えませんでした。すみません。今度こそ、今度こそ......う、う、う。

JFLが3/16開幕だそうで、スケジュールが出ている:
http://www.jfl-info.net/
うわあ、開幕2戦ともびわこ滋賀でやるんだ~。もしバンディが昇格してたらあたし、引っ越しする前にJFL戦、2回とも見れてたかもしれんやんか!
ああ...言いますまい、言いますまい。
もう新しい目標を立てて、前に進むしかないんだ。
どのチームもどの選手もどのサポも、そうやって毎年死んで毎年生き返る。

なのにいまだにはっきりしない人もいて...日曜早朝に試合があるかもしれないって?
五輪組と対戦って、単なる話題作りに終わらせないでよ。人寄せパンダ的扱いはもうたくさんだ。どうしていつも、そういう方向にはまり込んじゃうんだろう?
あたしが引っ越すまでには、どこかに落ち着いてよね。
今年こそ、元気にプレーしている姿を、見せてよね。

♪さ~あ、一緒に歌おう♪

« My Funny Valentine | トップページ | なんなんだよ~ »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223266/40133911

この記事へのトラックバック一覧です: 刈谷に帰りたかった:

« My Funny Valentine | トップページ | なんなんだよ~ »

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ